女性がサブスクで「アダルト動画見放題」を楽しむコツとは?

内藤みか 作家
更新日:2019-11-25 06:08
投稿日:2019-11-25 06:00
 様々なサブスク(月額課金制)の動画配信サイトがありますが、アダルト動画にももちろんサブスクがあります。こちら、女性でも楽しめるコツはいくつもありますが、今回は「アダルト動画のチョイスで自分の趣向が見える」という利点をご案内します。

かなり多様化している見放題AV

女性でもハマれるコンテンツが盛りだくさん!(写真:iStock)
女性でもハマれるコンテンツが盛りだくさん! (写真:iStock)

 以前に「男心の大事なポイントは「アダルトビデオ」が教えてくれます」という記事も書いたことがある通り、アダルト動画は男性とお付き合いする女性は鑑賞すると気づきや学びを多く見られると思います。

 私自身、月額550円で2000本のアダルト動画が見放題となるサイトに登録しています。アクセスするたびに新作が追加されているので、飽きることもありません。サイトは細かくジャンル分けされているのですがその多彩なこと。「花嫁」や「女医」がカテゴリになっているのだから驚きです。花嫁の動画はきっと略奪ものなんでしょうね……。

チョイスで自分の隠れた欲望が見える!?

意外な趣味趣向に気づいたりして…(写真:iStock)
意外な趣味趣向に気づいたりして… (写真:iStock)

 100以上ものカテゴリ分けされているアダルト動画見放題。かつてこれほどエロスが多様化したことはないのではというくらいの多彩なジャンルで目移りしてしまいます。でもこのおかげで自分の趣味趣向に気づくことができるのです。

 例えば私の場合、チョイスしやすいのが「温泉」だったり「熟女」だったりするので、傾向がわかりやすいです。ちなみに男性向けサイトですが「イケメン」で検索すると14作もヒットします。

 忙しい日常。熟女な私もできることならイケメンと温泉に行ってまったり過ごしたい。そんな心の奥の欲望が、この3つの選択で透けて見えてきて、気恥ずかしくなりますね。心理テストみたいな感覚で、自分はこういうのが好きなんだな、と知るためにも、このたくさんのジャンルだけでもチェックしてみると気づきがあるかもしれません。

ステキな男優さんを見つける

好みのタイプを見つけるのも楽しい(写真:iStock)
好みのタイプを見つけるのも楽しい (写真:iStock)

 また、男性向けのアダルト動画はアクションがかなりえぐいので、ハードな絡みを味わえます。その中には女性向けのアダルト動画ではあまり見かけない男優さんもいるので、思わず検索して誰なのか名前を調べるという楽しみも。

 私の場合『交わる体液、濃密セックス 宇都宮しをん』(これは大変な名作です!)に出演されていた玉木玲さんの野性味溢れる動きにすっかり魅了され、彼が出ている作品を探すようになりました。男性向けのサイトだと男優名は検索では出てこないので、自力でサーチするしかないのですが、それもまたドキドキして楽しい時間です。

人気作品で流行をチェック!

流行りを知っておいても損はない(写真:iStock)
流行りを知っておいても損はない (写真:iStock)

 また、人気作品をチェックしてみると、最近の流れが見えるので、オススメです。私のように官能的なコンテンツを書く人間でなくても、エロスの流行というものはチェックして損はないと思います。時々、時代の半歩先を行っていることがあるからです。

 その証拠に、VR動画販売では最近はかなりランキング上位に入ってきており、ベスト10の半分以上がVR作品であることも多いです。飛び出す女体はきっとかなり興奮するのでしょう。普通の映画はまだそこまでVR対応していないので、これだけ見ても時代の先端を行っている部分があること、おわかりいただけるかと思います。

毎週新作も登場し、エンドレスで楽しめる

新作の配信が待ちきれない…!(写真:iStock)
新作の配信が待ちきれない…! (写真:iStock)

 見放題コンテンツではVR動画はありませんが、その代わり、意外にも熟女ものがランク上位に食い込んでいるのがわかります。日本が高齢化しつつあるせいか、案外熟女に需要があるのかもしれません。さらに毎週3回、新作も配信されるのも楽しみで、今日まで多分1年以上視聴し続けています。

 女性向け動画を見慣れている人には、ハードなシーンもあるかもしれませんが、男性はこういうのが好きなのねという勉強になる利点もあります。それに、こうしたアダルトコンテンツをワンコイン程度で楽しんでいることで、多少は女子力をキープできるかもしれません。二重三重に楽しめるので、まだまだ私は解約するつもりはありません。

エロコク 新着一覧


FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
FILM
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
FILM
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
FILM
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ステイホーム期間、ラブグッズ業界は店舗を閉めざるをえなかった一方で、通販での売れ行きはよかったといいます。  な...
桃子 2020-07-29 06:00 エロコク