独身女性はバーに行け!確実に出会える一人バーのコツを紹介

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
「独身なのは大前提で、仕事もできてコミュ力の高い男性と出会いたい」「でも周りのいい男は既婚者ばかり! ダメ男の愚痴を肴に女子飲みのお酒がはかどる~」
 カシオレ片手にアボカドサーモンサワークリームみたいな女子会は卒業し、赤提灯をはしごしがちなアラサー女子のみなさん。レモンサワーや白子ポン酢は置いて、行くべきところをお教えします。実は「一人バー」って出会いの宝庫だったんです。独身・仕事できる・コミュ力高い貴重な男性とわんさか出会える方法を紹介しちゃいます。

まずは場所選びから! 独身男性が多いバーの特徴

 バーといっても、都内・六本木や渋谷など繁華街のバーに行くのはおすすめしません。

 狙うべきは、
・ファミリー率少なそうな
・オフィス街の裏通りにある
・席数10名くらいのバーに
・土日の24時近くに
・一人で行くこと

 まず、ファミリー率が少なそうなオフィス街。こんなところに土日の終電後にいる既婚者はほぼいません。繁華街なら遠方から遊びに来て朝まで飲んでいる可能性もありますが、オフィス街に土日にいる場合、大体がそのバーの近所に住んでいる一人暮らしの男性です。例えば八丁堀、日本橋、茅場町あたりは丸の内勤務のハイスペ男性に出会える可能性大ですよ。

 大体この条件を満たした状態でバーにいくと、お客はほぼ男性です。たまに「9人男性、1人私」みたいなハーレム状態になります。

可愛いカクテルは必要なし! お酒好きアピールを

 男性だらけの狭い大人な空間、あとは話しかけられるのを待つだけ! 話しかけられるために大事なこと、まずはお酒のチョイスです。オーセンティックなバーでウイスキー以外のお酒を頼むのはマナー違反。可愛いカクテルを頼むと「出会い目的」感が出てしまいます。

 ここは10名しかいない村社会。そんな中で出会い目的感プンプンな女性に話しかけるのは、男性の沽券にも関わり逆に話しかけづらくなってしまいます。「お酒が好きでゆっくりしたくて来ているの」をアピールするため、ウイスキーを頼みましょう。ストレートやロックが苦手な人は何かしらのウイスキーの「ソーダ割り」、つまりハイボールを頼めば問題ありません。

 筆者のおすすめはラフロイグです。かなりスモーキーで正○丸のような風味ですが、ソーダで割れば問題ありません。行きつけのバーのマスターに聞きましたが、以前は男性が頼むウイスキーだったそうですが、最近は女性にも人気だそうです。

出会いはマスターが鍵! なんでもいいから話しかけよう

 さて、お酒がきたところで、大体は隣にいる男性が話しかけてくれたりしますが、そうもいかない場合ももちろんあります。そんなときはマスターを使いましょう。なんでもいいから話しかけてみるのです。

 ただしここでも焦りは禁物。最初の1杯は本でも読みながらゆっくり飲み干し、2杯目くらいで簡単な話題を振ってみます。

「結構前からやってるんですか~?」「いつもこんなに混んでるのですか?」など。そこから住んでいる場所の話をするのがおすすめです。なぜなら男性側から話を振りやすいから。

 家が近所なら「え? この近所なの? 俺の家も○○のところだよ!」となりますし、近所じゃなくても「あ、そこに住んでるんだ! 前よく行ってたよ~」となりやすいです。

 男性だらけの中で紅一点はかなり目立ちますし、男性も実はクールにお酒を飲みながら、話しかける機会を狙っていたりするものです。自分から話しかけるのが苦手な人は、マスターと話して、話題を振ってもらうのを待ってみるのは手ですよ。

サークルクラッシャーは出禁に? 男遊びはほどほどに

 さて、上記の振る舞いをすれば、大抵は男性に話しかけてもらえますし、そのまま朝まで飲み直そう、という話にもなりやすいですが、味をしめてワンナイトを繰り返すのは厳禁です!

 バーはマスターがこだわりやポリシーを持って営業されているところがほとんどで、そこにワンナイト目的でさまざまな男性と関係を持つようになってしまうと、出禁になってしまう可能性も……。

 遊びはほどほどに、素敵な男性と素敵な出会いとお酒を楽しむ、大人の使い方ができるといいですね。

まとめ

 出会いはマッチングアプリや合コン、婚活パーティーと様々ですが、たまには偶然の出会いを求めて一人バーに挑戦してみるのもおすすめです。結婚相手にはならなくても、素敵なお酒と心地よい空間で出会える相手はいいご縁になること、まちがいないです。

伊藤早紀
記事一覧
恋愛メディア編集長
マッチングアプリ総合メディア「マッチアップ」の編集長・恋愛婚活ラボの所長。結婚相談所の仲人をしながらマッチングアプリ経験者800人以上に取材。恋活や婚活の実態をTwitterYouTubeで配信中。マッチングアプリのご意見番として多数テレビ出演。著書に「出会い2.0」がある。

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ