独身女性はバーに行け!確実に出会える一人バーのコツを紹介

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
「独身なのは大前提で、仕事もできてコミュ力の高い男性と出会いたい」「でも周りのいい男は既婚者ばかり! ダメ男の愚痴を肴に女子飲みのお酒がはかどる~」
 カシオレ片手にアボカドサーモンサワークリームみたいな女子会は卒業し、赤提灯をはしごしがちなアラサー女子のみなさん。レモンサワーや白子ポン酢は置いて、行くべきところをお教えします。実は「一人バー」って出会いの宝庫だったんです。独身・仕事できる・コミュ力高い貴重な男性とわんさか出会える方法を紹介しちゃいます。

まずは場所選びから! 独身男性が多いバーの特徴

求める出会いはバーにある(写真:iStock)
求める出会いはバーにある (写真:iStock)

 バーといっても、都内・六本木や渋谷など繁華街のバーに行くのはおすすめしません。

 狙うべきは、
・ファミリー率少なそうな
・オフィス街の裏通りにある
・席数10名くらいのバーに
・土日の24時近くに
・一人で行くこと

 まず、ファミリー率が少なそうなオフィス街。こんなところに土日の終電後にいる既婚者はほぼいません。繁華街なら遠方から遊びに来て朝まで飲んでいる可能性もありますが、オフィス街に土日にいる場合、大体がそのバーの近所に住んでいる一人暮らしの男性です。例えば八丁堀、日本橋、茅場町あたりは丸の内勤務のハイスペ男性に出会える可能性大ですよ。

 大体この条件を満たした状態でバーにいくと、お客はほぼ男性です。たまに「9人男性、1人私」みたいなハーレム状態になります。

可愛いカクテルは必要なし! お酒好きアピールを

まず頼むべきお酒は?(写真:iStock)
まず頼むべきお酒は? (写真:iStock)

 男性だらけの狭い大人な空間、あとは話しかけられるのを待つだけ! 話しかけられるために大事なこと、まずはお酒のチョイスです。オーセンティックなバーでウイスキー以外のお酒を頼むのはマナー違反。可愛いカクテルを頼むと「出会い目的」感が出てしまいます。

 ここは10名しかいない村社会。そんな中で出会い目的感プンプンな女性に話しかけるのは、男性の沽券にも関わり逆に話しかけづらくなってしまいます。「お酒が好きでゆっくりしたくて来ているの」をアピールするため、ウイスキーを頼みましょう。ストレートやロックが苦手な人は何かしらのウイスキーの「ソーダ割り」、つまりハイボールを頼めば問題ありません。

 筆者のおすすめはラフロイグです。かなりスモーキーで正○丸のような風味ですが、ソーダで割れば問題ありません。行きつけのバーのマスターに聞きましたが、以前は男性が頼むウイスキーだったそうですが、最近は女性にも人気だそうです。

出会いはマスターが鍵! なんでもいいから話しかけよう

仲良くなっておいて損はない(写真:iStock)
仲良くなっておいて損はない (写真:iStock)

 さて、お酒がきたところで、大体は隣にいる男性が話しかけてくれたりしますが、そうもいかない場合ももちろんあります。そんなときはマスターを使いましょう。なんでもいいから話しかけてみるのです。

 ただしここでも焦りは禁物。最初の1杯は本でも読みながらゆっくり飲み干し、2杯目くらいで簡単な話題を振ってみます。

「結構前からやってるんですか~?」「いつもこんなに混んでるのですか?」など。そこから住んでいる場所の話をするのがおすすめです。なぜなら男性側から話を振りやすいから。

 家が近所なら「え? この近所なの? 俺の家も○○のところだよ!」となりますし、近所じゃなくても「あ、そこに住んでるんだ! 前よく行ってたよ~」となりやすいです。

 男性だらけの中で紅一点はかなり目立ちますし、男性も実はクールにお酒を飲みながら、話しかける機会を狙っていたりするものです。自分から話しかけるのが苦手な人は、マスターと話して、話題を振ってもらうのを待ってみるのは手ですよ。

サークルクラッシャーは出禁に? 男遊びはほどほどに

女子の一人飲みは何かと目立つけど…(写真:iStock)
女子の一人飲みは何かと目立つけど… (写真:iStock)

 さて、上記の振る舞いをすれば、大抵は男性に話しかけてもらえますし、そのまま朝まで飲み直そう、という話にもなりやすいですが、味をしめてワンナイトを繰り返すのは厳禁です!

 バーはマスターがこだわりやポリシーを持って営業されているところがほとんどで、そこにワンナイト目的でさまざまな男性と関係を持つようになってしまうと、出禁になってしまう可能性も……。

 遊びはほどほどに、素敵な男性と素敵な出会いとお酒を楽しむ、大人の使い方ができるといいですね。

まとめ

お気に入りのお店を見つけよう(写真:iStock)
お気に入りのお店を見つけよう (写真:iStock)

 出会いはマッチングアプリや合コン、婚活パーティーと様々ですが、たまには偶然の出会いを求めて一人バーに挑戦してみるのもおすすめです。結婚相手にはならなくても、素敵なお酒と心地よい空間で出会える相手はいいご縁になること、まちがいないです。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
「チャラい男には、引っかかるまい」と気をつけていても、好みの外見である異性と出会えば、判断力が鈍りやすいのも、女性の“あ...
並木まき 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
 女性の前でいい格好をしたがる「ええかっこしい」な男ほど、背伸びした発言で、自分に酔いしれたLINEを送りつけてきます。...
並木まき 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 イケメン男性と付き合う友達を見て、「私もあんな彼氏がほしい!」と思ったことがある人は多いはず。しかし、イケメンとの恋愛...
恋バナ調査隊 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 頻繁にLINEで連絡を取るようになった彼。でも、遊びか本命かって気になりませんか? 実は、連絡を取っているLINEその...
恋バナ調査隊 2020-09-12 06:00 ラブ