独身女性はバーに行け!確実に出会える一人バーのコツを紹介

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
「独身なのは大前提で、仕事もできてコミュ力の高い男性と出会いたい」「でも周りのいい男は既婚者ばかり! ダメ男の愚痴を肴に女子飲みのお酒がはかどる~」
 カシオレ片手にアボカドサーモンサワークリームみたいな女子会は卒業し、赤提灯をはしごしがちなアラサー女子のみなさん。レモンサワーや白子ポン酢は置いて、行くべきところをお教えします。実は「一人バー」って出会いの宝庫だったんです。独身・仕事できる・コミュ力高い貴重な男性とわんさか出会える方法を紹介しちゃいます。

まずは場所選びから! 独身男性が多いバーの特徴

求める出会いはバーにある(写真:iStock)
求める出会いはバーにある (写真:iStock)

 バーといっても、都内・六本木や渋谷など繁華街のバーに行くのはおすすめしません。

 狙うべきは、
・ファミリー率少なそうな
・オフィス街の裏通りにある
・席数10名くらいのバーに
・土日の24時近くに
・一人で行くこと

 まず、ファミリー率が少なそうなオフィス街。こんなところに土日の終電後にいる既婚者はほぼいません。繁華街なら遠方から遊びに来て朝まで飲んでいる可能性もありますが、オフィス街に土日にいる場合、大体がそのバーの近所に住んでいる一人暮らしの男性です。例えば八丁堀、日本橋、茅場町あたりは丸の内勤務のハイスペ男性に出会える可能性大ですよ。

 大体この条件を満たした状態でバーにいくと、お客はほぼ男性です。たまに「9人男性、1人私」みたいなハーレム状態になります。

可愛いカクテルは必要なし! お酒好きアピールを

まず頼むべきお酒は?(写真:iStock)
まず頼むべきお酒は? (写真:iStock)

 男性だらけの狭い大人な空間、あとは話しかけられるのを待つだけ! 話しかけられるために大事なこと、まずはお酒のチョイスです。オーセンティックなバーでウイスキー以外のお酒を頼むのはマナー違反。可愛いカクテルを頼むと「出会い目的」感が出てしまいます。

 ここは10名しかいない村社会。そんな中で出会い目的感プンプンな女性に話しかけるのは、男性の沽券にも関わり逆に話しかけづらくなってしまいます。「お酒が好きでゆっくりしたくて来ているの」をアピールするため、ウイスキーを頼みましょう。ストレートやロックが苦手な人は何かしらのウイスキーの「ソーダ割り」、つまりハイボールを頼めば問題ありません。

 筆者のおすすめはラフロイグです。かなりスモーキーで正○丸のような風味ですが、ソーダで割れば問題ありません。行きつけのバーのマスターに聞きましたが、以前は男性が頼むウイスキーだったそうですが、最近は女性にも人気だそうです。

出会いはマスターが鍵! なんでもいいから話しかけよう

仲良くなっておいて損はない(写真:iStock)
仲良くなっておいて損はない (写真:iStock)

 さて、お酒がきたところで、大体は隣にいる男性が話しかけてくれたりしますが、そうもいかない場合ももちろんあります。そんなときはマスターを使いましょう。なんでもいいから話しかけてみるのです。

 ただしここでも焦りは禁物。最初の1杯は本でも読みながらゆっくり飲み干し、2杯目くらいで簡単な話題を振ってみます。

「結構前からやってるんですか~?」「いつもこんなに混んでるのですか?」など。そこから住んでいる場所の話をするのがおすすめです。なぜなら男性側から話を振りやすいから。

 家が近所なら「え? この近所なの? 俺の家も○○のところだよ!」となりますし、近所じゃなくても「あ、そこに住んでるんだ! 前よく行ってたよ~」となりやすいです。

 男性だらけの中で紅一点はかなり目立ちますし、男性も実はクールにお酒を飲みながら、話しかける機会を狙っていたりするものです。自分から話しかけるのが苦手な人は、マスターと話して、話題を振ってもらうのを待ってみるのは手ですよ。

サークルクラッシャーは出禁に? 男遊びはほどほどに

女子の一人飲みは何かと目立つけど…(写真:iStock)
女子の一人飲みは何かと目立つけど… (写真:iStock)

 さて、上記の振る舞いをすれば、大抵は男性に話しかけてもらえますし、そのまま朝まで飲み直そう、という話にもなりやすいですが、味をしめてワンナイトを繰り返すのは厳禁です!

 バーはマスターがこだわりやポリシーを持って営業されているところがほとんどで、そこにワンナイト目的でさまざまな男性と関係を持つようになってしまうと、出禁になってしまう可能性も……。

 遊びはほどほどに、素敵な男性と素敵な出会いとお酒を楽しむ、大人の使い方ができるといいですね。

まとめ

お気に入りのお店を見つけよう(写真:iStock)
お気に入りのお店を見つけよう (写真:iStock)

 出会いはマッチングアプリや合コン、婚活パーティーと様々ですが、たまには偶然の出会いを求めて一人バーに挑戦してみるのもおすすめです。結婚相手にはならなくても、素敵なお酒と心地よい空間で出会える相手はいいご縁になること、まちがいないです。

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ