独身女性はバーに行け!確実に出会える一人バーのコツを紹介

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
「独身なのは大前提で、仕事もできてコミュ力の高い男性と出会いたい」「でも周りのいい男は既婚者ばかり! ダメ男の愚痴を肴に女子飲みのお酒がはかどる~」
 カシオレ片手にアボカドサーモンサワークリームみたいな女子会は卒業し、赤提灯をはしごしがちなアラサー女子のみなさん。レモンサワーや白子ポン酢は置いて、行くべきところをお教えします。実は「一人バー」って出会いの宝庫だったんです。独身・仕事できる・コミュ力高い貴重な男性とわんさか出会える方法を紹介しちゃいます。

まずは場所選びから! 独身男性が多いバーの特徴

求める出会いはバーにある(写真:iStock)
求める出会いはバーにある (写真:iStock)

 バーといっても、都内・六本木や渋谷など繁華街のバーに行くのはおすすめしません。

 狙うべきは、
・ファミリー率少なそうな
・オフィス街の裏通りにある
・席数10名くらいのバーに
・土日の24時近くに
・一人で行くこと

 まず、ファミリー率が少なそうなオフィス街。こんなところに土日の終電後にいる既婚者はほぼいません。繁華街なら遠方から遊びに来て朝まで飲んでいる可能性もありますが、オフィス街に土日にいる場合、大体がそのバーの近所に住んでいる一人暮らしの男性です。例えば八丁堀、日本橋、茅場町あたりは丸の内勤務のハイスペ男性に出会える可能性大ですよ。

 大体この条件を満たした状態でバーにいくと、お客はほぼ男性です。たまに「9人男性、1人私」みたいなハーレム状態になります。

可愛いカクテルは必要なし! お酒好きアピールを

まず頼むべきお酒は?(写真:iStock)
まず頼むべきお酒は? (写真:iStock)

 男性だらけの狭い大人な空間、あとは話しかけられるのを待つだけ! 話しかけられるために大事なこと、まずはお酒のチョイスです。オーセンティックなバーでウイスキー以外のお酒を頼むのはマナー違反。可愛いカクテルを頼むと「出会い目的」感が出てしまいます。

 ここは10名しかいない村社会。そんな中で出会い目的感プンプンな女性に話しかけるのは、男性の沽券にも関わり逆に話しかけづらくなってしまいます。「お酒が好きでゆっくりしたくて来ているの」をアピールするため、ウイスキーを頼みましょう。ストレートやロックが苦手な人は何かしらのウイスキーの「ソーダ割り」、つまりハイボールを頼めば問題ありません。

 筆者のおすすめはラフロイグです。かなりスモーキーで正○丸のような風味ですが、ソーダで割れば問題ありません。行きつけのバーのマスターに聞きましたが、以前は男性が頼むウイスキーだったそうですが、最近は女性にも人気だそうです。

出会いはマスターが鍵! なんでもいいから話しかけよう

仲良くなっておいて損はない(写真:iStock)
仲良くなっておいて損はない (写真:iStock)

 さて、お酒がきたところで、大体は隣にいる男性が話しかけてくれたりしますが、そうもいかない場合ももちろんあります。そんなときはマスターを使いましょう。なんでもいいから話しかけてみるのです。

 ただしここでも焦りは禁物。最初の1杯は本でも読みながらゆっくり飲み干し、2杯目くらいで簡単な話題を振ってみます。

「結構前からやってるんですか~?」「いつもこんなに混んでるのですか?」など。そこから住んでいる場所の話をするのがおすすめです。なぜなら男性側から話を振りやすいから。

 家が近所なら「え? この近所なの? 俺の家も○○のところだよ!」となりますし、近所じゃなくても「あ、そこに住んでるんだ! 前よく行ってたよ~」となりやすいです。

 男性だらけの中で紅一点はかなり目立ちますし、男性も実はクールにお酒を飲みながら、話しかける機会を狙っていたりするものです。自分から話しかけるのが苦手な人は、マスターと話して、話題を振ってもらうのを待ってみるのは手ですよ。

サークルクラッシャーは出禁に? 男遊びはほどほどに

女子の一人飲みは何かと目立つけど…(写真:iStock)
女子の一人飲みは何かと目立つけど… (写真:iStock)

 さて、上記の振る舞いをすれば、大抵は男性に話しかけてもらえますし、そのまま朝まで飲み直そう、という話にもなりやすいですが、味をしめてワンナイトを繰り返すのは厳禁です!

 バーはマスターがこだわりやポリシーを持って営業されているところがほとんどで、そこにワンナイト目的でさまざまな男性と関係を持つようになってしまうと、出禁になってしまう可能性も……。

 遊びはほどほどに、素敵な男性と素敵な出会いとお酒を楽しむ、大人の使い方ができるといいですね。

まとめ

お気に入りのお店を見つけよう(写真:iStock)
お気に入りのお店を見つけよう (写真:iStock)

 出会いはマッチングアプリや合コン、婚活パーティーと様々ですが、たまには偶然の出会いを求めて一人バーに挑戦してみるのもおすすめです。結婚相手にはならなくても、素敵なお酒と心地よい空間で出会える相手はいいご縁になること、まちがいないです。

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ