分かる〜!と言いたくなる「大人の片思い」あるある8選♡

コクハク編集部
更新日:2019-12-08 20:22
投稿日:2019-12-06 06:00
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまうようなことも。でも、大丈夫!大人になっても片思い中には、みんな同じような体験をしているものなんですから。そこで、今回は「大人の片思いあるある」をお伝えしていきます。

共感できる「大人の片思いあるある」8選!

メイクもいつもより入念に(写真:iStock)
メイクもいつもより入念に (写真:iStock)

 さっそく、大人になってからの片思い中に、ついしてしまう行動を見ていきましょう。

1. 会える日は身だしなみに異様に時間がかかる

 好きな人に会える日、身だしなみに気をつけるのはどの世代も一緒でしょう。でも、大人になってからの身だしなみは、「何があっても万全」な状態にフォーカスするのが特徴。

 勝負下着、ニオイケア、ムダ毛ケアなど、ありとあらゆるシーンを想定して身だしなみをしてしまう。そんな日に限って、何もなく帰宅……というオチになるのもよくある話だったり。

 でも、備えあれば憂いなしと言いますし、何もなくても準備万端で挑んでいきましょう。

2. LINEの既読、返信をちょっとだけ遅らせる

 相手からのLINEが届いても、「すぐに既読をつけたり返信をしたりして、がっついていると思われたくない」なんて、ウズウズと駆け引きをしながらちょっとだけ見るのを遅らせる、これもよくあることではないですか?

 気のあるそぶりを素直にできなくなる、これも大人の片思いあるあるですね。

3. 共通点があると運命を感じてしまう

 大人になって社会に出て人生経験を積むと、個性やこだわりはより強くなっていくものでしょう。そんな中、好きな人との共通点があると嬉しくなって運命を感じてしまう、これもよくある話。

 好きな食べ物、映画、などはもちろん、1つの物事に対する考え方や価値観が近いと、「お付き合いしたら長続きしそう!」なんて妄想が膨らんでしまったりもしますね。

4. 好きな人の好みに合わせてしまう

 メイク、髪型、ファッション、ブランド、など、好きな人の好みに合わせてしまうのも大人の片思いあるあるでしょう。

 学生の頃にも同じようなことをした経験がある方は多いと思いますが、なんにせよ相手は大人の男性!外見だけではなく、中身もチェックされることを案じて、気づけば普段の自分とはかけ離れたキャラを演じてしまうことも。

 でも、時間が経ってボロが出てしまう可能性もあるので、やりすぎにはご注意を。

片思い女子がついついやってしまうのは…

相性占いの結果にこっそりと一喜一憂(写真:iStock)
相性占いの結果にこっそりと一喜一憂 (写真:iStock)

5. 誰にも言えないけど相性占いをしてしまう

 雑誌やネットの星占いや血液型占いが、いかにあてにならないかを知っているのにも関わらず、ついついやってしまうのが片思い中の女性。好きな人がいない期間には占いなんて見ることもないのに、なぜか不思議と気になってしまうんですよね。 

 相手の生年月日を手に入れたら、相性占いをしてみたり、中には相手の名字に自分の名前をくっつけて姓名判断をしてしまう方も。誰にも言えないけれど、きっと誰もがやっている……はず。(笑)

6. ついつい「The イイ女」ぶってしまう

 飲み会中に串から焼き鳥を外してみたり、おおらかな女性を演じてみたり、そんな「The イイ女」ぶってしまうのも片思い中の女性あるある。

 でも、好きな人によく思われたいのは当たり前。ただ、周りの人から「あざとい」と思われない程度にしておきましょう。普段の行動がものを言いますから、いつも“イイ女”を目指しておくと万全ですね。

7. 夜中に思いつめた文章を送って後悔してしまう

 夜中のラブレターではないですが、思いつめたLINEやメールを送ってしまって後悔してしまった経験がある方は多いはず。

 既読になった瞬間、叫びたくなるような衝動が沸き起こったり。相手に見られていないようであれば、送信取り消しを押して言い訳を考えてみたり。

 でも、これは片思い中であれば、誰にでも起こり得ること。LINEやメッセンジャーの「送信取り消し機能」に感謝している人、結構多いと思います。

8. 危険な片思いにも走ってしまう

「イイ男ほど結婚している」と嘆く女性は多いですが、たまたま好きになった人が既婚者だった、など、危険な片思いにも走ってしまうのが大人の恋愛。

 好きになる気持ちは止めることができません。そして、「誰かのもの」である相手を振り向かせたいという一心でがんばり続けて身も心もボロボロになってしまう、これもよくある話。

「大人だから自制できる」なんて、恋愛においてはナンセンスなのかも。でも、突っ走るならどこまでも、自己責任を持ち続けることが肝心ですよ。

大人の片思いあるある→両思いあるあるへ♡

思春期の頃に戻ったみたい(写真:iStock)
思春期の頃に戻ったみたい (写真:iStock)

 それなりに経験を積んできたとしても、片思いが始まったら全てがリセットされてしまうのが「恋愛」。

「どうやって連絡を取ればいいんだっけ?」「どうやって嫉妬と向き合うんだっけ?」「どんなタイミングで告白をするんだっけ?」と、まるで思春期の頃のように一人で考えすぎてしまうのも大人の片思いあるあるですね。

 でも、ひとたび動き出すと展開が早いのも、大人の恋愛の特徴。長い片思いをしている人は、ぜひこの機会に一歩踏み出して“両思いあるある”に共感できるようになれると良いですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 11:03 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ