片思いがつらい…男性の脈なしサイン5つ!大逆転は狙える?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-02 06:27
投稿日:2019-12-02 06:00
「いつか付き合えたら……!」そんな一心で片思いをしている方は多いでしょう。でも、どんなに頑張ってアプローチを続けても、どうにもこうにも脈が感じられない。そんな不安な思いを抱えていませんか?そこで今回は、男性の脈なしサインについてお届けします。そして、万が一脈なしだった時、大逆転を狙うか否かについても考えてみましょう。

片思いが実らない…男性の5つの脈なしサイン

諦めた方がいいのかな(写真:iStock)
諦めた方がいいのかな (写真:iStock)

 努力をしたからといってうまくいくとは限らないのが、“恋愛”。片思い中に「この人、私のこと好きかも?」そんな風に思えることもありますが、押しても引いても全くの脈なしということもありますよね。

 まずは、そんな男性の“脈なしサイン”について、チェックしていきましょう。

2人きりになろうとしない

 せっかく2人きりになれそうなシーンなのに、相手が別の人を誘ったり、忙しそうな雰囲気を醸し出されたり……と、そんなことはありませんか?

 女性が言葉で伝えるのに対して、男性は態度で示すことが多いです。そのため、あえて彼はあなたと2人きりになるのを避けているのかもしれません。

 ただ単に「2人きりが嫌」と思われている場合もありますが、あなたの微妙な恋心を読み取って、思わせぶりな態度をしたくないと思う優しさから相手がこのような行動に出ている場合もあるでしょう。

LINEのやり取りがうまくいかない

 現代の恋愛を繋げてくれる「LINE」からも、男性の気持ちを読み取ることができますチェックしたいのは以下の3つ!

・返信はすぐに来るか
・疑問形の文章があるか
・相手からLINEが来ることはあるか

 男性に限ったことではありませんが、気になる人からのLINEはやはり嬉しいものです。返信をすぐにしたくなったり、興味があったら質問したくなったりするのが、むしろ普通でしょう。

 逆に、既読から返信までが遅い場合や、スタンプだけでLINEのやり取りが続かない場合には、残念ながら脈なしである可能性が高いと思われます。

目が合わない

 男性は、好きな人がいるとついつい目で追ってしまう特性があります。そのため、あなたが彼を見つめた時に目があまり合わないようであれば、残念ながら脈なしなのかも。

 ただ、もしかしたらあなたのことが気になりすぎて、目を見ることを恥ずかしがっている可能性もありますね。

 判断基準は、自分が話している時に目を合わせてくれるかどうか。基本的に人は、相手が話している時に注目するものだからです。

 熱心に見つめて聞いてくれているようであれば脈あり、目をそらしながら話を聞くようであれば脈なしだと判断しても良いかもしれないですね。

会話の内容を覚えていない

「ついこの間話したことなのに、全く覚えてくれていない」そんなシーンが多いのであれば、相手はあなたに対して関心をあまり持っていないかも。

 たとえば、一度会っただけで名前を覚えられるか、覚えられないかが人によって違うように、興味のある人の情報をキャッチしたいかしたくないかは個人的興味があるかないかによって分かれるでしょう。

 つまりは、あなたから発された言葉や情報を好きな人が覚えていないということであれば、あなたはまだ興味を持たれる女性ではないということの表れだと思って良いと思われます。

女性として扱ってくれない

 あなたのことをまるで男友達と接するかのごとく、女性として扱ってくれない場合にも、脈なしサインであることが多いでしょう。

 照れてそうしている可能性も否定できませんが、「誰か紹介して」なんて言ったり、あなたとは真逆の女性のタイプを理想として挙げたりするなど、自分に対しての配慮が足りないと感じたら、あまり期待はできないでしょう。

脈なしサインに気付いたら?大逆転を狙う方法

一回恋心をしまってみる(写真:iStock)
一回恋心をしまってみる (写真:iStock)

 上記で挙げたような、男性の脈なしサインに気づいたらどうしますか?そこで、脈なし→脈ありに大逆転させる方法をお伝えします。

ギャップを見せる

 恋愛において、「思っていた人と違った!」というギャップはとても重要。実はこれ、心理学では「ゲインロス効果」と言われていて、第一印象が悪ければ悪いほど、良いところが見えた時に好意を抱きやすいというもの。

 つまり、今見せているあなたとは違うあなたを彼に見せることが重要だということ。おっとりしているところばかり見られているようであれば、テキパキと仕事をしているところを見せたり、ボーイッシュな服装が多いのであれば、女性らしいファッションに挑戦してみたり。

 現状であなたのことをなんとも思っていなくても、急に意識してしまうことは十分にあり得ると思います。

関係を再構築する

 すでに気持ちを知られていたり、交際を断られている場合など、このまま片思いをがんばってもどうにもならない時には一旦あっさりと引きましょう。

 相手は、あなたからのアプローチに対してある程度警戒心を持って接していたことでしょう。でも、それを一旦フラットな状態に戻すのです。

 そして、この間に本当に相手のことが好きなのかを見つめ直したり、自分磨きをしたり、新しい出会いを求めてみたりと片思い一色だった日々をリフレッシュしてみましょう。

 それでも相手を好きだという結論が出たのであれば、新鮮な気持ちで関係を再構築してみるのです。相手もあなたからの連絡が急に途絶えたことを、物足りなく感じてくれているかもしれませんから。

脈なしサインに気付いても当たって砕けてみるのもあり

片思いでも自分の気持ちを大事にして(写真:iStock)
片思いでも自分の気持ちを大事にして (写真:iStock)

 “片思い”って好きな人の一挙手一投足に勝手にドキドキしたり、落ち込んだりして、楽しくも苦しいものですよね。

 でも、正直言ってどんなにアプローチを続けても、どうにもならないことはあります。自分に置き換えてみると分かるはず。絶対に恋愛に発展しない異性って、周りにいるでしょう?

 相手にそう思われていると思うのは悲しいことですが、でも、脈なしサインに気づいたとしても、あえて当たって砕けてみるのもありだと思います。

 誰かを本気で好きになることは、とても大きな経験。優しくなれたり、強くなれたり、綺麗になれたり、と、女性はどんどん変われますから。脈あり?脈なし?なんて考えずに自分の気持ちを優先して、ぜひ貴重な片思い期間を満喫してくださいね。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ
「たかが衛生観念の不一致で?」離婚する気のない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.134〜女性編〜」では、結婚生活7年目にして衛生観念の違いを理由に離婚を決意した奈々子さん(...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
お風呂を引き金に鬱憤爆発!離婚届をスルーする夫に苛立つ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
不倫、セフレ…なぜ報われない恋にハマる? 女性心理を解説
 不倫やセフレなど、報われない恋にハマる女性は多いですよね。幸せになれないかもしれないとわかっているのに、微かな希望を信...
恋バナ調査隊 2023-03-18 06:00 ラブ
40代で一目惚れしたら?グイグイより“さりげなく”攻めるが吉
「40代で一目惚れしたら、その彼と恋愛や結婚はできるのかな……」。  40代で一目惚れした女性が、その後、順調に恋愛→...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
クヨクヨ時々ぷんぷん「落ち込みやすい彼氏」はどう接する?
 落ち込みやすい彼氏を見ていると、少し頼りなく感じてしまう反面、どうにかしてあげたい気持ちになりますよね。今回は、落ち込...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
「DVの兆候」を見抜く 日常生活におけるチェックポイント3つ
 DVによる事件は、コロナ禍の閉塞感もあって、警察に寄せられた昨年1年間の相談件数は過去最多となっています(警察庁発表)...
内藤みか 2023-03-16 06:00 ラブ
子育てとセックスは両立できる?レス防止策、無音プレーと発想の転換も
 新婚の頃は夜の生活を自由に楽しめていても、出産をした途端にセックスレスに陥る話はよく聞きますね。実際に子供が成長してい...
恋バナ調査隊 2023-03-16 09:48 ラブ
後悔しない結婚相手の選び方 知らないとやばい落とし穴とは
「今付き合っている人と、結婚してもいいのだろうか」 「次選ぶ人と結婚したいと思うけれど、どんな人がいいのだろうか」 ...
若林杏樹 2023-03-15 06:00 ラブ
夫の怒りいくばく? 2回目の不倫がバレた時の効果的な謝り方
「また、不倫をしてしまった……」。初めての不倫とは違い、2回目の不倫がバレたとなると、ただの謝り方では許されません。「次...
恋バナ調査隊 2023-03-15 06:00 ラブ
リカなのに「リンちゃん」を連呼!女性が経験したがっかりピロートーク
 身体を重ね、愛を確かめ合った後に交わすピロートーク。彼からの甘い一言を期待していたのに、がっかりするような発言をされた...
恋バナ調査隊 2023-03-15 06:00 ラブ
レスられる側にも問題アリ?なぜ断られるのか、考えてみよう
 普段からセックスレスの不満をSNSで発信している筆者ですが、自分にも原因があると認識しています。何でもそうですが、相手...
まめ 2023-03-14 06:00 ラブ
授かり婚のメリット4つ&“最大の難関”親を説得させるには?
「授かり婚」や「おめでた婚」といわれるようになったのは少し前の話。それまでは「できちゃった婚」と呼ばれるケースが多く、マ...
恋バナ調査隊 2023-03-14 06:00 ラブ
女への幻想ゼロ&免疫アリ「女兄弟がいる男性」モテるの納得
 昔から言われるのが、「女兄弟(女性のきょうだい)がいる男性はモテる説」です。実際に、特別優れた容姿でなくても、多くの女...
恋バナ調査隊 2023-03-13 06:00 ラブ
薄毛やおデブはどうにでもなる!男性が結婚したくなるタイミングあるある
 40代で婚活中の女性は、できるだけ効率的に出会いから結婚までを進めたいですよね。実は、男性にも(!)「結婚したくなるタ...
恋バナ調査隊 2023-03-13 06:00 ラブ