挿入の快感を疑似体験…新人アシスタントに衝撃の「洗礼」

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-12-07 06:02
投稿日:2019-12-07 06:00
 短大卒業後、縫製会社から成人向けスカパー!アダルトバラエティ専門チャンネル『パラダイステレビ』に転職した吉永あずきさん。念願の映像業界への転職とはいえ、男性の欲望や妄想を満足させる番組を作る現場だ。女ばかりの会社で地道な仕事をしてきた27歳の女性には、想像すらしたことのない事態にも行き当たる。それは入社後1ヶ月のある日のことだった。

収録中に泣きながら知ったドキュメンタリーの感動

女性の体の神秘を体験(写真:iStock)
女性の体の神秘を体験 (写真:iStock)

―エロの現場は想像とは違いましたか?

吉永「はい。入社1ヶ月、アシスタントのときに『女性器にどこまで大きいものが入るのか?』に、ある女優さんがチャレンジするという企画がありました。最終的にフィストファック(女性の膣に手首まで入れて子宮頸部を手指で刺激する行為)をする、という番組を担当することになって、風俗店に連絡を取り、フィストのできる女性を探してもらったんです。ところが当日になって、手首を入れる側の女優さんが体調不良でリタイアしてしまい、ディレクターから『じゃ、吉永がやれ』と。お前の手がいちばん小さいからって言うんですよ。膣に手を入れるなんて、普通ないでしょう?さすがにシャレにならないなと、こんなことさせられるなら辞めようかと、その場で悩んでしまって…」

―産婦人科医でもなければ触れることのない部位ですよね。

吉永「自分の手を女性のアソコに入れるなんて、一生ないし、入るとも思わない。でも、入ったんですよ…驚きしかありませんでした。骨の部分が締まってくるのと、入れた手に女性器の肉の厚みというか、まとわりついてくる感触が衝撃で。泣いてしまいました、ワーッて。そのときの映像が今でも残っているんですが、泣きながらフィストファックしている。すごい体験でした。

 それで気がついたんですけど、男子は自分のいちばん敏感な部位を、女性の、ふわーっとなっている肉の中に入れるわけじゃないですか。男性のSEXってどんなに気持ちいいんだろうって、自分の手を入れながら思いました。世界観が変わったし、これはドキュメンタリーなんだ!と、この瞬間にハッキリ意識しました」

―女性の体の神秘を体験したんですね。

吉永「はい、そのとき女性の先輩社員(現取締役)に言われたんです。私の面接官だった人です。『この経験はいつか吉永がP(プロデューサー)になったときの糧になるし、自分はこういう体験したんだよっていうのを話せる日が来るから』って。今だに電話するにも緊張して背筋がピーン!とします。尊敬する上司です。

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク