付き合う前の割り勘デートで得られるメリット&上手な払い方

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-05 06:00
投稿日:2019-12-05 06:00
「なんとなくお互いに惹かれ合っている」、そんなお付き合い前のデートの際、あなたは割り勘を申し出たことはありますか? もちろん、女性によっては「絶対、奢ってもらいたい!」という人もいるでしょう。でも、割り勘にすることが女性にメリットとなる場合があるんです。

割り勘デートを世の中の男性はどう思っている?

割り勘デートのメリットとは?(写真:iStock)
割り勘デートのメリットとは? (写真:iStock)

 まずは、割り勘デートについて世の中の男性はどう思っているか、リサーチしてみました。

7割以上の男性が割り勘の申し出を好意的に受け取る!?

 なんと、7割以上の男性が女性からの割り勘の申し出について好意的に受け取っている、というデータがありました。実際のところは、割り勘にするにせよ、しないにせよ、女性に「払う意志」があるかどうかを見ている男性が多いよう。いつも奢られっぱなしでいると、男性に不満が溜まってしまうリスクもありますね。

割り勘で大切なのは男性を立てること

 今後どうなるか分からないお付き合い前の関係だったら、「割り勘が気楽!」そんな女性の意見も多数ありました。

 ただし、割り勘にする時に絶対に注意したいのが、“男性を立てる”こと。多くの男性はプライドが高く、女性より上に立ちたい! と思う生き物です。そのため、男性のメンツを潰さない割り勘方法を知っておくと役立つかもしれません。これについては、後ほどじっくり。

割り勘デートで女性が得られる3つのメリット

お互いに対等な関係でいたいから(写真:iStock)
お互いに対等な関係でいたいから (写真:iStock)

 デートで割り勘なんて「損した気分!」なんて思ってしまう女性もいるかもしれませんね。でも、実は割り勘は女性にとって恋愛のチャンスにもなり得るものなんです。

1. 男性に気持ちを伝えるきっかけになる

 大人の男性であればあるほど、あなたの割り勘の申し出はやんわりと断られるかもしれませんね。でも、そこで「楽しかったから払いたい」と、伝えてみてはいかがでしょう? そう、割り勘は、男性に気持ちを伝えるきっかけにもなるものなのです。値段の問題ではなく、一緒に過ごせた時間への感謝の気持ちになるのではないでしょうか。

 仕事やプライベートで忙しい中、相手は自分のために、自分は相手のために時間を割いてデートの日を迎えたことでしょう。その割り勘は、男性の「じゃあもう1件行こう」という言葉であったり、「もっと美味しいところに連れて行きたい」という気持ちになって表れるはず。

 ただ、強引すぎると男性の「払いたい」というせっかくの好意を潰してしまう可能性があるので、相手の経済力や性格を見極めることが肝心です。

2. 金銭感覚をちゃんと持っていると思ってもらえる

 海外では女性はおしゃれに費用がかかるからデート代は男性が払う、というジェントルマンな考えが主流のよう。そんな風にしたくても、実際、男性によっては金銭的に毎回のデート代を支払うのがキツいと思ってしまうこともあるでしょう。

 そんな時に女性がさっと割り勘を申し出たら、「金銭感覚をちゃんと持っている子だな」と思ってもらえる率が高くなるようです。もしも結婚しても、家計をきっちり管理してくれる「良い妻」になるんだろう、という考えまで浮かんでしまう男性もいるみたいですよ。

お付き合いをしても対等でいられる

 私の友人の話ですが。付き合った当初からずっと奢ってもらって、数年後に結婚。自分よりも相手の収入はもちろん上。妊娠を機に仕事をやめるように促され、「私も働きたい」と伝えたら、「俺の分ほど稼げるならどうぞ」と、鼻で笑われたことをきっかけに家庭崩壊。ただ今、離婚を考えている状況です。

 まぁ、そんなことを言う男性もどうかと思うのですが、とにかく「お金」とは付き合う上での価値の1つ。あなたにお金以上の価値を見出してくれる男性であれば良いですが、そうではないタイプの男性も多いのが実情。お付き合いに発展した時に対等でいたい、そう思うのであれば、最初が肝心だったり。これは、考え方の1つとして知っておくと良いかもしれません。

割り勘を上手に申し出る3つの方法!

封筒に入れて渡す心遣いも(写真:iStock)
封筒に入れて渡す心遣いも (写真:iStock)

 いざ、割り勘を申し出る時、どのようにすれば男性も自分も気持ち良くいられるのか、上手に申し出る方法について考えてみましょう。

レジでは決して渡さない

 男友達と飲みに行った後のお会計であれば、レジ前でワイワイ楽しく1円単位までの割り勘をすることもあるでしょう。でも、男女の関係であれば話は別。特に、レジ前でお金を渡すのはNGです。大人の男性ほど、お会計をさっとスマートにしたいと思っていますから。席でそっと渡す、お店を出た後に人目のないところで渡すなど、ちょっとした気遣いを持つことは大切かもしれません。

出し惜しみしない

 割り勘にすると決めたら、どんなに値段が高くても出し惜しみをしないこと。むしろ、いつも奢ってもらっているのであれば、キリ良く少し多めの金額を渡したり、時には全額奢ってしまうのも、意外と気持ちが良いものだったり。

 また、男性から「少なめでいいよ」と、金額を提示されることもあるかと思いますが、それは受け入れてあげたほうが良いでしょう。時には、柔軟な対応も必要です。

封筒に入れて渡す

 以前読んだ記事に、千原ジュニアさんが数年前に結婚を決めたきっかけの話がありました。とあるデートの帰りにタクシー代を彼女に渡したら、後日、封筒にお釣りと領収書を入れて渡してきたそう。それに感動して、結婚しよう! となったのだとか。もちろん、本人に真偽を聞いたわけではないので、真実は分かりませんが。

 見る人から見れば、あざとさ満載! なのかもしれませんね。でも、滅多に会えない相手であったり、奢られた額が大きすぎて恐縮してしまう時に使えそうな方法です。

 応用編として、相手が奢ってくれるだろうことを見越して、事前にお店の平均単価分を封筒に用意しておくこともできますね。そんな心遣いを一度はしてみたい! と個人的に。(笑)

奢ってもらった方が良い時もある! 相手をきちんと見極めて

ときには素直に奢られた方がいいことも(写真:iStock)
ときには素直に奢られた方がいいことも (写真:iStock)

 いかがでしょうか? 割り勘も、そんなに悪くないものかもしれないと思いませんか? でも、男性によっては「奢るのが当たり前! むしろ、黙って奢られてほしい!」という考えを強く持っている人もいます。そこは恋愛の塩梅。相手をきちんと見極めるスキルは必要かもしれませんね。

 根本的なことですが。頑張って働いたお金を、誰かのために使えるというのはすごいこと。もしも奢ってもらったら、ありがとうの気持ちを持ち続けることも大切ですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ