女性は敬遠しがちも…ケチな割り勘男こそ“優良物件”のワケ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:23
投稿日:2019-08-24 06:00
 独身の女性はよく「いい男はみんな結婚しちゃって……」と嘆きます。そういう女性が求める「いい男」の条件は、背が高い、顔立ちが整っている、就職先がいい、高収入、優しい、社交的といったところでしょうか。30歳を過ぎて、そんな条件を満たしている男性と出会うのは難しいかもしれません。確かに“売り切れ”です。

ケチな男性はとにかく割り勘

ケチで細かくて働き者の男性が優良物件?(写真:iStock)
ケチで細かくて働き者の男性が優良物件? (写真:iStock)

 そこで提案は、視点を変えること。ズバリ、ケチで細かくて、働き者の男性を探すのです。そういう男性は、女性を信頼できるパートナーと認めない限り、とにかく割り勘です。

 もう一つの特徴は、カードや光熱費の明細の入念なチェック。どんな買い物でも得しようとするので、たくさんのポイントカードを持っているのもこのタイプ。

 そうそう、相談者のパートナーの男性には、トイレットペーパーはシングルしか買わないというタイプもいました。ダブルとシングルでは、シングルの方が長く、そこをケチるのです。

 ちょっとした雑貨や身の回りのものは、コンビニやスーパーではなく、100均で買おうとします……。

 ケチで細かい男性の特徴を挙げると、こんな具合で、正直、女性は嫌うでしょう。友達としてならまだしも、つき合うのは嫌ですから“売れ残り”の可能性が高い。だからと言って、“確率論”でケチで細かい男性を薦めるわけではありません。もちろん、理由があります。

散財や浮気のリスクが少ない

レシートがぐちゃぐちゃになることもない(写真:iStock)
レシートがぐちゃぐちゃになることもない (写真:iStock)

 誰にも割り勘ということは、八方美人に見栄をはらず、散財の心配は少ないでしょう。浮気のリスクも少ない。

 明細やポイントの管理に余念がないので、ポストはきちんと管理され、ポイントカードはカードホルダーに整然と納められます。当然、レシートの束で財布がパンパンになることもありません。安くても身の回りのものを大切にするのは、恋人や妻を大切にする可能性が高いでしょう。

 手数料や金利負担を嫌うおカネにシビアなタイプは、カードローンなどで借金地獄になる心配も少ない。カードや電子マネーの支払いが定着し、ちょっとした買い物が膨れ上がって、意外と大きな出費になったりしますから、こういう男性の金銭感覚はけっこう大事なのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-08-15 06:28 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-08-15 06:26 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨今の夫婦の話題といえば浮気や不倫ばかりで、世の男性はみんな浮気するというイ...
山崎世美子 2020-08-15 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの影響で、美容整形業界が賑わっています。テレワークの普及などにより、術後のダウンタイムをゆっくりと過...
ミクニシオリ 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性との食事デートとなると、誰だって「失敗したくない」と思うはず。万が一、失態を犯してしまえば、そのまま疎遠にな...
恋バナ調査隊 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 恋人や旦那と同棲しているという人の中には、「テレワークや外出の自粛で二人の時間が取れて仲良くなった」という人もいれば、...
ミクニシオリ 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
 日本にいながらにして海外在住の外国人男性と知り合えるマッチングアプリがいくつかあります。語学の勉強にもなるかなと思い、...
内藤みか 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付...
孔井嘉乃 2020-08-12 06:00 ラブ
FILM
 いいなと思った男性が「実は既婚者だった」というパターン、よくありますよね。 実際、付き合って1年経ってから気づいたとか...
田中絵音 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
並木まき 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 20代のころは年上男性が好みでしたが、年齢が上がっていくにつれて、自分より年下の男の子にときめくことが増えました。仕事...
若林杏樹 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カ...
恋バナ調査隊 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散...
並木まき 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 私は遠距離で長年付き合った遠方在住の彼と婚約し、結婚式まであと2カ月となった頃に以前から憧れていた同じ職場のAさんに告...
神崎メリ 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進...
恋バナ調査隊 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世の中、勘が鈍く察しの悪い人もいれば直感が鋭く物事の本質をすぐに察してしまう...
山崎世美子 2020-08-10 16:49 ラブ