格安でふたりきりになれる…ネットカフェの鍵付き個室って?

内藤みか 作家
更新日:2019-12-09 06:28
投稿日:2019-12-09 06:00
 最近、ネットカフェデートがかなり進化しています。今までのペアシート(カップルシート)に比べると、防音もあり、部屋にカギがかかるところも。都会のなかで少しだけふたりきりになりたい時にはかなり使えるスペースなのかもしれません。

防音が当たり前のシアタールーム

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 以前はネットカフェにあまり個室はありませんでした。ペアシート(カップルシート)といっても、ただ横並びで一緒に座り、黙って一緒に漫画を読みふけるくらいしかできなかったのです。部屋ごとの仕切りも天井が空いているので、他の誰かに部屋をのぞかれる可能性もあるし、会話をすると他の部屋に聞こえてしまうので、いけないことはしづらかったのです。

 しかし防音のシアタールームというものが誕生以降、その密室性は一気に高くなっていきました。シアタールームとは、建前上は映画を大きな音で鑑賞するための部屋ということになっています。音漏れ防止のために他の部屋と違い防音になっていることと、2人で入れることから、映画鑑賞以外にも、聞こえたくない話をする人なども利用するとは言われていました。

ネットカフェでのエッチは禁止

 密室で防音の場所にカップルで入れば、当然のことながら密着したくなることでしょう。けれどネットカフェでは性的な行為をはっきりと禁止しているところがほとんど。もし、度を超えたエッチなことをしたということがバレたら、店員からかなり叱られたり、場合によっては今後の来店を禁止されることもあるそうです。

 度を超えたエッチがどのようなものかというと、他のお客様が不快に感じない程度というもの。たとえば仲良く寄り添って映画を観ているくらいなら、なんの迷惑でもありませんが、ディープなキスをしたり、道ばたで普通は露出しないような体の部分を露出したりしたら、目撃した人はいやがる可能性があります。防音だからといってエッチな声を出してイイ気持ちになっていた時に、なんらかの拍子でドアが開いたら、大問題になってしまいます。

となりの部屋の音が聞こえる設計

 この記事を書いている私も、ネットカフェを時々利用しますが、それは原稿に集中したいときに1人用のブースを利用するだけ。ひたすらPCに向かっているだけなので、となりの人のクシャミが聞こえるようなところでも全然気にしません。むしろカフェのように多少のざわめきがあったほうが落ち着くのです。けれど時代の影響なのか、ネットカフェはどんどん密室化しているようです。

 私は仕事に集中したいので、カップルで利用できるブースがあまり多くない店舗を選んで利用しています。以前、カップルシートが隣だったことがあり、ずっとクスクスという笑い声やささやき声が聞こえてきて、さすがに耐えかね、別のブースに移動させてもらったという経験をしたせいです。最近はレディースシートを利用するので、カップルは絶対にいないし、クシャミも小さくて可愛いし、とても快適。そしてこの店にも先日、鍵付き個室が誕生しました。

鍵付き個室とは何か

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 鍵付き個室とは、どういうものなのかというと、防音で、鍵がかかるので、かなり密室性が高いものです。私が利用する店は、1人用の防音個室です。なんだか密閉されて息苦しそうな気もしますが、落ち着いて作業をしたいという人にはいいのではないでしょうか。しかし先日行った別の店には、カップル用の鍵付き防音個室がありました。これはつまり、鍵のかかるシアタールーム状態ですから、いろいろといけないことができてしまいそうな予感しかありません。

 料金は1時間1人500円。つまり1時間1000円で恋人の密室が誕生するのです。なぜか室内には箱ティッシュまで備えてあるようですが、それはなぜなのか、いろいろと妄想してしまいました。ライターが秘密の話を取材するときにこうした部屋を使うこともあるようですが、たとえばティーンのカップルがこうした密室に入ったらどうなっちゃうのか、と考えると少し心配になってしまいます。かなりこうしたお部屋が増えているので、どういう用途に利用しているのか定かではありませんが、利用者の需要はあるようです。

ライフスタイル 新着一覧


自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。