“残念美人”の6個の特徴!綺麗なのにモテない理由とは?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-15 06:00
投稿日:2019-12-15 06:00
 あなたの周りには、「美人なのに、なぜかモテない」そんな女性はいませんか? 男性にちやほやされるのにお付き合いとなると長続きしなかったり、同性にあまり信頼されていなかったり……。そんな“残念美人”の特徴やモテない理由について分析していきましょう。

“残念美人”って?綺麗なのにモテない理由とは?

美人だけどちょっと残念(写真:iStock)
美人だけどちょっと残念 (写真:iStock)

 “残念美人”とは、その言葉の通り、見た目は素敵なのに中身が伴わない女性のことを言います。なぜ、そんな彼女たちは綺麗なのにモテないのでしょうか?

見た目が良いからこそ、周りからの期待度が大きい

 整った美しい顔立ち、際立ったスタイルの良さを持った女性に対して、周りの人はついつい期待をしてしまうもの。

「休みの日は早起きして、手作りのスムージーを飲んでヨガをしていそう」「部屋はきっとおしゃれで綺麗なところに住んでいそう」など、“美人がしていそうなこと”を勝手にイメージして当てはめてしまっているんですね。

 だからこそ、そうではない、たとえば「怠惰な部分」などが見えてしまうと途端にがっかりされるケースは多いです。

ちやほやされてきたからこそ、努力をしない傾向にある

 残念美人に対して、容姿はそこそこでもモテるタイプの女性がいます。そういった女性は愛嬌があったり、話術に長けていたりなど、見た目以外のスキルを持っている場合が多いでしょう。

 でも、もともと美人な方は、自分を高めるための努力をしない傾向にあります。異性同性問わず、「なんとなく」ちやほやされてきましたし、美容雑誌やファッション雑誌そのままを真似するだけで、「なんとなく」格好がついてしまう。

 でも、これが通用するのは若い時だけ。歳を取るごとに中身が伴わなくなるのは、決して自分の怠慢が原因というわけではなく、美しい容姿がそうさせてきたということでもあると思います。

あなたの周りにもいる? 残念美人の6個の特徴!

自分に似合う服が分かってない?(写真:iStock)
自分に似合う服が分かってない? (写真:iStock)

 実際にはそんなことなくても、「美人は性格が悪い」とはよく言われる話。世のイメージのせいでそんな風に思われてしまうなんて、それこそ残念な話なのですが……。

 でも、美人女性の中には、男性から恋愛対象外だと見なされてしまったり、女性の人望が薄いタイプの人がいます。そんな“残念美人”の特徴を見ていきましょう。

1. 自分に似合う格好が分からない

 残念美人は自分がどんな風に周りに思われているのか、客観的な視点で見ることができない人が多いよう。そのため、自分に似合う格好が分からず、ヘアスタイルやメイク、ファッションがちぐはぐであることも多いです。

 雑誌でモデルが着ているような格好がおしゃれだと思い、年甲斐のない格好であったり、過度に露出したり、など、TPOをわきまえられない人もいます。また、身だしなみについても無頓着。着ているものは高価でもヨレヨレであったり、周りから見ていイタいと思われてしまうことも。

2. 品がない・行儀が悪い

 立ち居振る舞いは、自分が意識することで向上させることができるもの。でも、残念美人は外見ばかり気にして、中身を磨くことをあまり行わない傾向にあるよう。中には、自分の容姿の良さを理解していて、「美人だから許される」とつい甘えてしまっている部分がある方もいます。

 ただ、上記でご紹介したように、周りは「美人らしい立ち居振る舞い」をつい期待してしまうもの。そのギャップが大きければ大きいほど、「残念」と言われてしまうのでしょう。

3. 理想が高く、スペックでしか男性を見ない

 美人な上に、高収入、高学歴の女性は、男性に対しての理想が高くなりがち。“三高男性”など男性のスペックに固執して男性選びをするため、せっかくのほかのご縁を見過ごしてしまうことも多いようです。

 また、上に目を向けるだけであれば良いですが、恋愛対象外の男性を見下してしまう方も。そんな高圧的な振る舞いを見て周りが引いてしまう……これも、“残念美人あるある”なのかもしれません。


4. コミュニケーション力が低い

 美人と言っても男性と話すのが苦手で愛想がなかったり、無口であったり、気の利いた言葉をかけなかったりと、コミュニケーション力が低い女性も中にはいます。

 ただ、中には「この場に労力をかけてももったいない」と、雰囲気を読まずに帰ってしまったりと周囲への配慮をしない女性も。どんなに綺麗でも一緒にいて面白くなければ、やはり恋愛対象外として見られてしまう可能性は高いでしょう。

5. ガサツでズボラに見える

 部屋が汚なかったり、待ち合わせに遅れて来たり、ところどころでガサツさやズボラさが見える残念美人もいます。

もちろん本当にガサツでズボラな方もいるでしょう。しかし、自分が美人であることを分かっているために「あざとく見られたくない」と、女性らしく振舞うことを避けてみたり、言葉遣いを男性っぽくしてしまったりしている方もいるようです。理由はどうであれ、一見、華麗で清楚な美人女性からこのような振る舞いが出てしまうと、周囲は残念に思ってしまうでしょう。

6. プライドが高く、ワガママ

 残念美人と聞くと、プライドが高く、ワガママという声も多くあるようです。自分に対してプライドが高いことは悪いことではありませんが、他人に対しても傲慢な態度を取ってしまったりすると、やはり良い印象を抱かせることはできません。

 特に、容姿に関して「自分が一番!」という思い込みがある残念美人は、自分よりも美人であったりモテる人に対して敵意を持つことも。これが、「美人は性格が悪い」と言われてしまう原因の1つになってしまうことはあると思います。

美人は3日で飽きないけれど……中身もやっぱり重要!

容姿の美しさだけに頼らない女性は素敵(写真:iStock)
容姿の美しさだけに頼らない女性は素敵 (写真:iStock)

 容姿に恵まれているというと、多くの方は羨望の眼差しで彼女たちを見つめるでしょう。しかし、見た目が良いことで期待されたり、嫉妬されるなど「美人」であることもなかなか大変だったりするのかもしれませんね。

 とはいえ、美人は3日で飽きられることはありません!だって、美しいに越したことはないですから。でも、だからこそ、やっぱり外見に見合う中身は必要なんです。

 今回ご紹介した“残念美人”は、あくまで一例ですが……もしも、思い当たる節がある方は、ここで自分を客観的に見つめてみてくださいね。

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ