絆を深めて…毎日の「7秒ハグ」が恋人や子供にもたらす効果

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-30 06:00
投稿日:2019-11-30 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子です。皆さん、「7秒ハグ」のCM、ご存じですか。冬用の保温インナーのCMで、家族や彼氏など大切な人と毎日7秒以上ハグをすると、絆が深まるという調査結果に基づいてつくられているそうです。
 実は、筆者はアンガーマネジメントのスペシャリストとして、米ロサンゼルスでトレーニングを受け指導者の資格を有しています。アンガーマネジメントは、怒りをコントロールし、適切に対応することで、人間関係を円満に構築していくための心理トレーニング。興味深いことに、その中でも「7秒ハグ」が心にも体にも良いと推奨されている行為なのです。
 クリスマスや年末に差し掛かると、人恋しくなります。今回は、7秒ハグの効果について解説しましょう。

幼少期に実は甘えたかった記憶

「7秒ハグ」の効果とは(写真:iStock)
「7秒ハグ」の効果とは (写真:iStock)

 10年ほど前です。筆者の娘は、全寮制の高校に通っていて、1学期を終え、帰省する日でした。その日は仕事のミーティングがあることを電話で娘に伝えると、娘は「職場で待っているから、仕事が終わったら一緒に帰ろう」といいます。娘が私の仕事場に着いたのは当時のメンバーと雑談しているときでした。

 娘はドアをノックするなら飛び込んできて、「ママ、ただいま~」と私の胸に飛び込んできました。私も「おかえりー」と娘をハグで迎えます。ほんの数秒のハグを終えると、娘は部屋を出て、別室のソファで待機していたのですが、親子のハグを見ていたメンバーの男性がぽつりとこう言ったのです。

「あの、いつもハグするんですか?」

 当時30歳前後でしたから、今はアラフォー男性です。私たち親子にとってハグは、ごくごく当たり前のこと。どちらかが家にいて、もう一方が帰宅したときや娘がテストで頑張ったとき、娘を叱ったあとなぐさめるときなど、毎日のようにハグします。そんな説明を聞いたA君は下を向いて答えました。

「あんな自然にハグできるんですね。僕も小さいころ、母親と普通にハグしたかった」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ