いい関係を築きたい お姑さんに気に入られるための3つの作戦

内藤みか 作家
更新日:2019-12-12 06:00
投稿日:2019-12-12 06:00
 結婚すると始まるのが彼のママ、つまり姑との関係です。今後長いおつきあいになるのですから、できるだけ穏便な関係を築きたいものですが、どうしてもぶつかりあってしまう人も少なくありません。ストレスなく姑に気に入られるためには、どんな作戦で挑んだらいいのでしょうか。

姑の女子力をほめる

できれば良い関係を築きたい(写真:iStock)
できれば良い関係を築きたい (写真:iStock)

 絶対に忘れてはいけないのは、お姑さんの女子力をたたえることです。多くの女性がお姑さんも「女」だということを忘れるか、逆にライバル視しすぎて対立してしまいます。私の知り合いでお姑さんの外見を「いつもお綺麗ですね」「今日もステキなお洋服ですね」などとほめるようにした女性がいますが、お姑さんはかなりご機嫌で、なにかと彼女を可愛がってくれたそうです。

 逆に「私のほうが彼に愛されてていい女なのよ」と対抗心を燃やしてしまうと、お姑さんも面白くありません。彼が好きな料理を作ってアピールしてみたり、彼を連れてどこかに出かけようとしたりと、彼の取り合いが始まってしまうのです。「あなたのほうが女として上ですよ」と譲ってあげて、さらにほめたたえることができる女性こそデキた嫁だと私は思います。

年間イベントを教わる

家族の定番ケーキがあるのかも(写真:iStock)
家族の定番ケーキがあるのかも (写真:iStock)

 最近は料理をあまりしないお姑さんもいるので、彼が親しんだお味噌汁の味を教えていただくという儀式ができない女性も多いようです。

 お料理で交流を持てない場合、ぜひ教わっておくべきなのは、彼の家庭の年間イベント。たとえば「毎年夏は館山の海に行く」「クリスマスには駅前のケーキ屋さんのチョコレートデコレーションケーキが定番」「冬は新潟のおじさんの家に泊まりスキーをする」など、1年を通して彼が経験したことを把握しておくのです。

 そうすると、イベントがある時期に旅行の予定入れなくなるので、彼の家族を尊重していることが伝わります。また「彼のお父さんの誕生日には皆で焼肉に行く」などということがわかっていれば「今年はどうしますか?」などとお姑さんに聞き、準備を手伝うこともできるようになります。イベントのサポートをすることで一族としての絆も深まっていくのです。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
TwitterInstagram

ラブ 新着一覧


夫の年収を超えた!夫婦険悪回避5カ条&見直したいお金の管理
 結婚や出産後も仕事を続けやすくなりつつある今、収入アップする女性が増えています。中には「気が付いたら夫の年収を超えてい...
恋バナ調査隊 2023-03-23 06:00 ラブ
DV被害女性が自立するためのシェルター兼シェアハウスを見学
 DVの被害に遭った女性が、同じ思いをした女性を支援するためのシェアハウスを始めました。どのような場所で、今までのシェル...
内藤みか 2023-03-23 06:00 ラブ
子供の名前は「翼」…スポーツ好き夫がうざい!対処法は?
 いろいろな趣味がある中で、スポーツ好きな男性は結構多いですよね! 妻としては夫の好きなことを尊重してあげたいと思う反面...
恋バナ調査隊 2023-03-22 06:00 ラブ
「下の毛に白髪が4本!」浴室で絶叫する夫、老化を感じるトホホな話
 気がつけば結婚して十数年。40代になってから、日常生活で夫の「老い」を感じる瞬間が増えてきた人も多いでしょう。いつも家...
恋バナ調査隊 2023-03-21 06:00 ラブ
夫婦だってあくまで他人 「過度な束縛」は人権侵害だと思う
 男友達と話していてたまに聞くのが、「妻からの束縛が激しくてさぁ……」といった愚痴です。  例えば、「家に帰ったら...
まめ 2023-03-21 06:00 ラブ
国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ
「たかが衛生観念の不一致で?」離婚する気のない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.134〜女性編〜」では、結婚生活7年目にして衛生観念の違いを理由に離婚を決意した奈々子さん(...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
お風呂を引き金に鬱憤爆発!離婚届をスルーする夫に苛立つ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
不倫、セフレ…なぜ報われない恋にハマる? 女性心理を解説
 不倫やセフレなど、報われない恋にハマる女性は多いですよね。幸せになれないかもしれないとわかっているのに、微かな希望を信...
恋バナ調査隊 2023-03-18 06:00 ラブ
40代で一目惚れしたら?グイグイより“さりげなく”攻めるが吉
「40代で一目惚れしたら、その彼と恋愛や結婚はできるのかな……」。  40代で一目惚れした女性が、その後、順調に恋愛→...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
クヨクヨ時々ぷんぷん「落ち込みやすい彼氏」はどう接する?
 落ち込みやすい彼氏を見ていると、少し頼りなく感じてしまう反面、どうにかしてあげたい気持ちになりますよね。今回は、落ち込...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
「DVの兆候」を見抜く 日常生活におけるチェックポイント3つ
 DVによる事件は、コロナ禍の閉塞感もあって、警察に寄せられた昨年1年間の相談件数は過去最多となっています(警察庁発表)...
内藤みか 2023-03-16 06:00 ラブ
子育てとセックスは両立できる?レス防止策、無音プレーと発想の転換も
 新婚の頃は夜の生活を自由に楽しめていても、出産をした途端にセックスレスに陥る話はよく聞きますね。実際に子供が成長してい...
恋バナ調査隊 2023-03-16 09:48 ラブ
後悔しない結婚相手の選び方 知らないとやばい落とし穴とは
「今付き合っている人と、結婚してもいいのだろうか」 「次選ぶ人と結婚したいと思うけれど、どんな人がいいのだろうか」 ...
若林杏樹 2023-03-15 06:00 ラブ
夫の怒りいくばく? 2回目の不倫がバレた時の効果的な謝り方
「また、不倫をしてしまった……」。初めての不倫とは違い、2回目の不倫がバレたとなると、ただの謝り方では許されません。「次...
恋バナ調査隊 2023-03-15 06:00 ラブ