ワンナイトラブで男を見る目を磨ける? 意外な5つのメリット

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-30 06:00
投稿日:2019-12-30 06:00
一晩の恋だから学べることがある(写真:iStock)
一晩の恋だから学べることがある (写真:iStock)

 一晩の恋とも呼ばれる「ワンナイトラブ」。人によっては、「そんな不誠実な恋愛は絶対に嫌!」と思われるかもしれませんが、実は、意外とメリットがあるのかもしれません。

 なぜなら、ワンナイトラブでは男性の本性を見抜くことや、数をこなすことで男性への苦手意識を改善できる可能性があるからです。

 今回は、そんなワンナイトラブならではのメリットをお伝えしましょう。

ワンナイトラブの意外な5つのメリット

身軽でいられるのもいいところ(写真:iStock)
身軽でいられるのもいいところ (写真:iStock)

 悪い印象を持たれがちなワンナイトラブですが、捉え方によっては恋愛を学ぶために最適なことかもしれません。「実はこんなメリットもある!」というポイントにフォーカスしてみましょう。

1. 欲求が満たされる

 ひと度、恋から遠ざかってしまうと、その雰囲気は知らず知らずの間に表に出てしまうものです。誰かに「愛されたい」と思っても、その思いが強すぎて誰彼構わず付き合ってしまい、傷つく経験をした人もいるはず。

 でも、ワンナイトラブだと、彼に深入りをせずに欲求だけを満たすことができます。必要以上に彼のことを追い求めることもせずに、割り切った大人の恋愛を楽しむこともできるのです。

2. 面倒くさいことがない

 ワンナイトラブでは相手に束縛されたり、連絡をコンスタントに取らなければならないということがありません。自分が面倒になったらその男性を切ることもできるので、交際にまつわる悩みを持つことが少ないのです。一線を引いて付き合うことができれば身軽に恋愛できるのも、ワンナイトラブの醍醐味でしょう。

3. 本性を知ることができる

 男性の本性を知ることができるのも、ワンナイトラブのメリットの一つ。一人の男性と長く付き合った後に、「こんなはずじゃなかった」と落胆することってありますよね。でも、ワンナイトラブなら、お互いに適度な距離感で相手を探ることができます。

 ワンナイトラブで女性のことを魅了できる男性には、特有の雰囲気があります。それは色っぽさだったり、女性なら誰でも憧れるような甘いセリフだったりするでしょう。

 誰もが憧れるようなウットリする経験をすることは、悪いことではありません。男性からちやほやされることに慣れることで、次第に恋愛する自分に自信を持てるようにもなるでしょう。今まで懸命に恋愛していた人ほど、男性のことを客観視して見られるようになるため、引き際や恋の駆け引きを的確に判断することができるようになります。

4. 付き合う前の判断基準になる

 ワンナイトラブは、付き合うに至るかどうかの判断基準になるかもしれません。人前でおおっぴらには言えないけれど、「何よりも体の相性が大事」という人もいるでしょう。

 そんな方にとっては、体の相性を分かった上で交際を深められるのはメリットなはずです。より多くの男性と恋愛モードになってみることで、男性それぞれの良さや悪さが見えるようになります。

5. 夜のテクニックを磨ける

 男性には「清楚な女性が好き!」と思っている方も多いと思いますが、意外にも「妖艶な女性」も好まれます。夜に積極的になる女性は、魅力的に映るのです。

 さまざまな男性と関係を持つことは妊娠や性病等のリスクもつきまといますが、テクニックを磨くチャンスでもあります。男性それぞれの性癖を見極めたり、感度がいいところを教えてもらうことによって、より自分の経験値を上げることもできるでしょう。

遊び方を知っていればワンナイトラブも悪くない!

あなたも試してみる…?(写真:iStock)
あなたも試してみる…? (写真:iStock)

 本気の恋愛に悩み、相手を思うことは悪いことではありません。それも人の成長にとって大事なことでしょう。しかし、ワンナイトラブも遊び方を知っていれば、全否定するほど悪いものではありません。

 人肌が恋しくなった時、お互いに割り切った上での恋愛なら、それはそれで人間力をアップするのに一役買ってくれるはずです。自分の感情をコントロールできるようになるかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ