ワンナイトラブで男を見る目を磨ける? 意外な5つのメリット

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-30 06:00
投稿日:2019-12-30 06:00
一晩の恋だから学べることがある(写真:iStock)
一晩の恋だから学べることがある (写真:iStock)

 一晩の恋とも呼ばれる「ワンナイトラブ」。人によっては、「そんな不誠実な恋愛は絶対に嫌!」と思われるかもしれませんが、実は、意外とメリットがあるのかもしれません。

 なぜなら、ワンナイトラブでは男性の本性を見抜くことや、数をこなすことで男性への苦手意識を改善できる可能性があるからです。

 今回は、そんなワンナイトラブならではのメリットをお伝えしましょう。

ワンナイトラブの意外な5つのメリット

身軽でいられるのもいいところ(写真:iStock)
身軽でいられるのもいいところ (写真:iStock)

 悪い印象を持たれがちなワンナイトラブですが、捉え方によっては恋愛を学ぶために最適なことかもしれません。「実はこんなメリットもある!」というポイントにフォーカスしてみましょう。

1. 欲求が満たされる

 ひと度、恋から遠ざかってしまうと、その雰囲気は知らず知らずの間に表に出てしまうものです。誰かに「愛されたい」と思っても、その思いが強すぎて誰彼構わず付き合ってしまい、傷つく経験をした人もいるはず。

 でも、ワンナイトラブだと、彼に深入りをせずに欲求だけを満たすことができます。必要以上に彼のことを追い求めることもせずに、割り切った大人の恋愛を楽しむこともできるのです。

2. 面倒くさいことがない

 ワンナイトラブでは相手に束縛されたり、連絡をコンスタントに取らなければならないということがありません。自分が面倒になったらその男性を切ることもできるので、交際にまつわる悩みを持つことが少ないのです。一線を引いて付き合うことができれば身軽に恋愛できるのも、ワンナイトラブの醍醐味でしょう。

3. 本性を知ることができる

 男性の本性を知ることができるのも、ワンナイトラブのメリットの一つ。一人の男性と長く付き合った後に、「こんなはずじゃなかった」と落胆することってありますよね。でも、ワンナイトラブなら、お互いに適度な距離感で相手を探ることができます。

 ワンナイトラブで女性のことを魅了できる男性には、特有の雰囲気があります。それは色っぽさだったり、女性なら誰でも憧れるような甘いセリフだったりするでしょう。

 誰もが憧れるようなウットリする経験をすることは、悪いことではありません。男性からちやほやされることに慣れることで、次第に恋愛する自分に自信を持てるようにもなるでしょう。今まで懸命に恋愛していた人ほど、男性のことを客観視して見られるようになるため、引き際や恋の駆け引きを的確に判断することができるようになります。

4. 付き合う前の判断基準になる

 ワンナイトラブは、付き合うに至るかどうかの判断基準になるかもしれません。人前でおおっぴらには言えないけれど、「何よりも体の相性が大事」という人もいるでしょう。

 そんな方にとっては、体の相性を分かった上で交際を深められるのはメリットなはずです。より多くの男性と恋愛モードになってみることで、男性それぞれの良さや悪さが見えるようになります。

5. 夜のテクニックを磨ける

 男性には「清楚な女性が好き!」と思っている方も多いと思いますが、意外にも「妖艶な女性」も好まれます。夜に積極的になる女性は、魅力的に映るのです。

 さまざまな男性と関係を持つことは妊娠や性病等のリスクもつきまといますが、テクニックを磨くチャンスでもあります。男性それぞれの性癖を見極めたり、感度がいいところを教えてもらうことによって、より自分の経験値を上げることもできるでしょう。

遊び方を知っていればワンナイトラブも悪くない!

あなたも試してみる…?(写真:iStock)
あなたも試してみる…? (写真:iStock)

 本気の恋愛に悩み、相手を思うことは悪いことではありません。それも人の成長にとって大事なことでしょう。しかし、ワンナイトラブも遊び方を知っていれば、全否定するほど悪いものではありません。

 人肌が恋しくなった時、お互いに割り切った上での恋愛なら、それはそれで人間力をアップするのに一役買ってくれるはずです。自分の感情をコントロールできるようになるかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ