ワンナイトラブで男を見る目を磨ける? 意外な5つのメリット

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-30 06:00
投稿日:2019-12-30 06:00
一晩の恋だから学べることがある(写真:iStock)
一晩の恋だから学べることがある (写真:iStock)

 一晩の恋とも呼ばれる「ワンナイトラブ」。人によっては、「そんな不誠実な恋愛は絶対に嫌!」と思われるかもしれませんが、実は、意外とメリットがあるのかもしれません。

 なぜなら、ワンナイトラブでは男性の本性を見抜くことや、数をこなすことで男性への苦手意識を改善できる可能性があるからです。

 今回は、そんなワンナイトラブならではのメリットをお伝えしましょう。

ワンナイトラブの意外な5つのメリット

身軽でいられるのもいいところ(写真:iStock)
身軽でいられるのもいいところ (写真:iStock)

 悪い印象を持たれがちなワンナイトラブですが、捉え方によっては恋愛を学ぶために最適なことかもしれません。「実はこんなメリットもある!」というポイントにフォーカスしてみましょう。

1. 欲求が満たされる

 ひと度、恋から遠ざかってしまうと、その雰囲気は知らず知らずの間に表に出てしまうものです。誰かに「愛されたい」と思っても、その思いが強すぎて誰彼構わず付き合ってしまい、傷つく経験をした人もいるはず。

 でも、ワンナイトラブだと、彼に深入りをせずに欲求だけを満たすことができます。必要以上に彼のことを追い求めることもせずに、割り切った大人の恋愛を楽しむこともできるのです。

2. 面倒くさいことがない

 ワンナイトラブでは相手に束縛されたり、連絡をコンスタントに取らなければならないということがありません。自分が面倒になったらその男性を切ることもできるので、交際にまつわる悩みを持つことが少ないのです。一線を引いて付き合うことができれば身軽に恋愛できるのも、ワンナイトラブの醍醐味でしょう。

3. 本性を知ることができる

 男性の本性を知ることができるのも、ワンナイトラブのメリットの一つ。一人の男性と長く付き合った後に、「こんなはずじゃなかった」と落胆することってありますよね。でも、ワンナイトラブなら、お互いに適度な距離感で相手を探ることができます。

 ワンナイトラブで女性のことを魅了できる男性には、特有の雰囲気があります。それは色っぽさだったり、女性なら誰でも憧れるような甘いセリフだったりするでしょう。

 誰もが憧れるようなウットリする経験をすることは、悪いことではありません。男性からちやほやされることに慣れることで、次第に恋愛する自分に自信を持てるようにもなるでしょう。今まで懸命に恋愛していた人ほど、男性のことを客観視して見られるようになるため、引き際や恋の駆け引きを的確に判断することができるようになります。

4. 付き合う前の判断基準になる

 ワンナイトラブは、付き合うに至るかどうかの判断基準になるかもしれません。人前でおおっぴらには言えないけれど、「何よりも体の相性が大事」という人もいるでしょう。

 そんな方にとっては、体の相性を分かった上で交際を深められるのはメリットなはずです。より多くの男性と恋愛モードになってみることで、男性それぞれの良さや悪さが見えるようになります。

5. 夜のテクニックを磨ける

 男性には「清楚な女性が好き!」と思っている方も多いと思いますが、意外にも「妖艶な女性」も好まれます。夜に積極的になる女性は、魅力的に映るのです。

 さまざまな男性と関係を持つことは妊娠や性病等のリスクもつきまといますが、テクニックを磨くチャンスでもあります。男性それぞれの性癖を見極めたり、感度がいいところを教えてもらうことによって、より自分の経験値を上げることもできるでしょう。

遊び方を知っていればワンナイトラブも悪くない!

あなたも試してみる…?(写真:iStock)
あなたも試してみる…? (写真:iStock)

 本気の恋愛に悩み、相手を思うことは悪いことではありません。それも人の成長にとって大事なことでしょう。しかし、ワンナイトラブも遊び方を知っていれば、全否定するほど悪いものではありません。

 人肌が恋しくなった時、お互いに割り切った上での恋愛なら、それはそれで人間力をアップするのに一役買ってくれるはずです。自分の感情をコントロールできるようになるかもしれませんよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ