男運がない…なんてもう言わない! 男運を上げる5つの方法♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-24 06:00
投稿日:2019-12-24 06:00
 恋愛が長続きしなかったり、ひどい男性とばかり付き合ってしまうと、「私って男運ないのかな……」と不安になってしまいますよね。そこで今回は、男運を上げる方法についてお伝えしましょう。

男運がないと言われる女性の特徴

原因は自分にあるのかも…(写真:iStock)
原因は自分にあるのかも… (写真:iStock)

 まずは、男運がないと言われる女性の特徴からチェックしてみましょう。「男運が悪い」のは、実は自分のせいかもしれませんよ。

男性をスペックで判断してしまう

「男運がない」と嘆く女性に限って、男性を経済力や学歴などのスペックで判断する傾向にあるようです。

 価値観や居心地の良さなどではなく表面的なところで男性を判断するため、相手に価値がなくなると途端に冷めてしまいますし、「もっと条件がいい男性がいるはず!」と、取っ替え引っ替えお付き合いをして、無駄に経験人数だけが増えていくこともあります。

孤独が苦手

 孤独が苦手なのも、男運がない女性の特徴。「1人でいたくない」という気持ちが先に立ち、男性が自分に合うかどうか、どんな人なのかを知る前に付き合ってしまったり、誰これ構わず「そばにいてくれる人」を好きになってしまう傾向にあります。

 雰囲気でワンナイトワブをしてしまい、その後好きになってしまうのもこのタイプに多いでしょう。男性にとって、“都合のいい女”になってしまうこともあります。

母性本能が強い

 無駄に母性本能が強く、男性を甘やかしてしまう女性も男運がないタイプと言えます。なんでもかんでも世話を焼いてしまうと、お付き合い当初こそ感謝はするものの、男性はそのうちに“してもらうこと”が当たり前だと思うようになってしまいます。

 その結果、知らず知らずのうちに相手の自立心を奪ってしまい、結果ヒモ男になるケースも。意図せずダメ男にさせてしまうのが、このタイプの特徴です。

ダメ男ばかりと付き合ってきた

 振り返ってみると、なぜか似たようなダメ男ばかりと付き合ってきた傾向にあるのも、男運が悪い女性の特徴。

 実は、女性の脳には以前好きだった男性のイメージが残っています。だからこそ似たようなタイプの男性がいると、恋の予感を覚えて「好きなのかも?」と錯覚をしてしまい、同じようなことで失敗を繰り返してしまいます。

自分に自信がない

 自分に自信がなく自己肯定感が低い女性は、男性に依存してしまいがち。「嫌われるのではないか」と自分の意志をきちんと伝えずに相手の意志を優先してしまい、男性の横柄な態度をも許してしまうのです。

 ちなみにこのタイプは、DVやモラハラをする男性の言いなりになってしまうリスクも高いため、要注意です。

男運を上げる4つの方法! 幸せな恋愛をするには?

精神的な自立が恋愛にもいい影響を及ぼす(写真:iStock)
精神的な自立が恋愛にもいい影響を及ぼす (写真:iStock)

 上記の項目に当てはまっていた方、落ち込む必要はありません!男運は自分次第で上がるもの。そこで、幸せな恋愛をするための4つの方法をお伝えしていきます。

1. 時間をかけて男性を見る

「気づけばいつも、ダメ男ばかりと付き合っている……」、そういった女性は多いです。これは、男性をよく知る前に付き合い始めてしまうことが大きな原因でしょう。大人ですから、知り合ってすぐに体を許してしまうのも自由。「減るもんじゃないし!」と思う方もいるかもしれませんが、確実に「自分の価値」は減ってしまうと思うのです。

 女性は、体を重ねてしまった相手を好きになりやすい傾向にあります。気づいた時には“後の祭り”。まずは、相手がどんな男性かをしっかり観察することから始めてみましょう。

2. 「男運が悪い」と口に出さない

 ことあるごとに「男運が悪い」と言う女性がいますが、これを男性が聞いたらどう思うでしょうか?「付き合ったら、自分もこう言われてしまうのかな」とか、「経験人数が多いのかな」など、悪い印象を与えるに過ぎないでしょう。

「男運が悪い」と言っても、物事は好転しません。それよりも「なぜ、男運が悪いと思ったのか」ということをしっかり検証して、次の恋愛に活かした方が自分自身の成長にも繋がるはずですよ。

3. 精神的に自立する

 恋愛は、相手と対等であるからこそ成り立つもの。寂しいからという理由でお付き合いをすると、男性に依存してしまったりなど良い結果にはならないことがほとんど。

「自立した女性とお付き合いをしたい」と、考える男性は多いです。まずは、精神的にも経済的にも一人でしっかり立つことを念頭において、日々を送ることを心がけましょう。

4. 恋愛バカにならない

 恋愛体質の女性に多いですが、好きな男性ができるとプライベートはもちろん、仕事に支障をきたしてしまうほど恋愛に没頭してしまう方がいます。でも、これは自分自身を見失ってしまうばかりか、周囲に迷惑をかけて社会的地位を落としてしまうことにもなりかねません。

 恋愛をすることは悪いことではありませんが、大人としてやるべきことをこなし、自分自身に自信を持ち続けることも大切です。

「男運」は引き寄せることができる!

自分が変われば周囲も変化するはず!(写真:iStock)
自分が変われば周囲も変化するはず! (写真:iStock)

「運」とは、スピリチュアル的なもので、自分の努力や力ではどうにもできないもののような気がしますよね。でも、実は「男運」に関しては、自分自身で引き寄せることができるものだったりすると思うんです。

「男運がないから良い恋愛ができない……」そんなことを言うのはやめて、自分を大切にしながら男性を見る目をしっかりと養ってくださいね。

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ