男運がない…なんてもう言わない! 男運を上げる5つの方法♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-24 06:00
投稿日:2019-12-24 06:00
 恋愛が長続きしなかったり、ひどい男性とばかり付き合ってしまうと、「私って男運ないのかな……」と不安になってしまいますよね。そこで今回は、男運を上げる方法についてお伝えしましょう。

男運がないと言われる女性の特徴

原因は自分にあるのかも…(写真:iStock)
原因は自分にあるのかも… (写真:iStock)

 まずは、男運がないと言われる女性の特徴からチェックしてみましょう。「男運が悪い」のは、実は自分のせいかもしれませんよ。

男性をスペックで判断してしまう

「男運がない」と嘆く女性に限って、男性を経済力や学歴などのスペックで判断する傾向にあるようです。

 価値観や居心地の良さなどではなく表面的なところで男性を判断するため、相手に価値がなくなると途端に冷めてしまいますし、「もっと条件がいい男性がいるはず!」と、取っ替え引っ替えお付き合いをして、無駄に経験人数だけが増えていくこともあります。

孤独が苦手

 孤独が苦手なのも、男運がない女性の特徴。「1人でいたくない」という気持ちが先に立ち、男性が自分に合うかどうか、どんな人なのかを知る前に付き合ってしまったり、誰これ構わず「そばにいてくれる人」を好きになってしまう傾向にあります。

 雰囲気でワンナイトワブをしてしまい、その後好きになってしまうのもこのタイプに多いでしょう。男性にとって、“都合のいい女”になってしまうこともあります。

母性本能が強い

 無駄に母性本能が強く、男性を甘やかしてしまう女性も男運がないタイプと言えます。なんでもかんでも世話を焼いてしまうと、お付き合い当初こそ感謝はするものの、男性はそのうちに“してもらうこと”が当たり前だと思うようになってしまいます。

 その結果、知らず知らずのうちに相手の自立心を奪ってしまい、結果ヒモ男になるケースも。意図せずダメ男にさせてしまうのが、このタイプの特徴です。

ダメ男ばかりと付き合ってきた

 振り返ってみると、なぜか似たようなダメ男ばかりと付き合ってきた傾向にあるのも、男運が悪い女性の特徴。

 実は、女性の脳には以前好きだった男性のイメージが残っています。だからこそ似たようなタイプの男性がいると、恋の予感を覚えて「好きなのかも?」と錯覚をしてしまい、同じようなことで失敗を繰り返してしまいます。

自分に自信がない

 自分に自信がなく自己肯定感が低い女性は、男性に依存してしまいがち。「嫌われるのではないか」と自分の意志をきちんと伝えずに相手の意志を優先してしまい、男性の横柄な態度をも許してしまうのです。

 ちなみにこのタイプは、DVやモラハラをする男性の言いなりになってしまうリスクも高いため、要注意です。

男運を上げる4つの方法! 幸せな恋愛をするには?

精神的な自立が恋愛にもいい影響を及ぼす(写真:iStock)
精神的な自立が恋愛にもいい影響を及ぼす (写真:iStock)

 上記の項目に当てはまっていた方、落ち込む必要はありません!男運は自分次第で上がるもの。そこで、幸せな恋愛をするための4つの方法をお伝えしていきます。

1. 時間をかけて男性を見る

「気づけばいつも、ダメ男ばかりと付き合っている……」、そういった女性は多いです。これは、男性をよく知る前に付き合い始めてしまうことが大きな原因でしょう。大人ですから、知り合ってすぐに体を許してしまうのも自由。「減るもんじゃないし!」と思う方もいるかもしれませんが、確実に「自分の価値」は減ってしまうと思うのです。

 女性は、体を重ねてしまった相手を好きになりやすい傾向にあります。気づいた時には“後の祭り”。まずは、相手がどんな男性かをしっかり観察することから始めてみましょう。

2. 「男運が悪い」と口に出さない

 ことあるごとに「男運が悪い」と言う女性がいますが、これを男性が聞いたらどう思うでしょうか?「付き合ったら、自分もこう言われてしまうのかな」とか、「経験人数が多いのかな」など、悪い印象を与えるに過ぎないでしょう。

「男運が悪い」と言っても、物事は好転しません。それよりも「なぜ、男運が悪いと思ったのか」ということをしっかり検証して、次の恋愛に活かした方が自分自身の成長にも繋がるはずですよ。

3. 精神的に自立する

 恋愛は、相手と対等であるからこそ成り立つもの。寂しいからという理由でお付き合いをすると、男性に依存してしまったりなど良い結果にはならないことがほとんど。

「自立した女性とお付き合いをしたい」と、考える男性は多いです。まずは、精神的にも経済的にも一人でしっかり立つことを念頭において、日々を送ることを心がけましょう。

4. 恋愛バカにならない

 恋愛体質の女性に多いですが、好きな男性ができるとプライベートはもちろん、仕事に支障をきたしてしまうほど恋愛に没頭してしまう方がいます。でも、これは自分自身を見失ってしまうばかりか、周囲に迷惑をかけて社会的地位を落としてしまうことにもなりかねません。

 恋愛をすることは悪いことではありませんが、大人としてやるべきことをこなし、自分自身に自信を持ち続けることも大切です。

「男運」は引き寄せることができる!

自分が変われば周囲も変化するはず!(写真:iStock)
自分が変われば周囲も変化するはず! (写真:iStock)

「運」とは、スピリチュアル的なもので、自分の努力や力ではどうにもできないもののような気がしますよね。でも、実は「男運」に関しては、自分自身で引き寄せることができるものだったりすると思うんです。

「男運がないから良い恋愛ができない……」そんなことを言うのはやめて、自分を大切にしながら男性を見る目をしっかりと養ってくださいね。

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ