わずか7日で構築された支配のパターン 美沙さんのケース#1

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-05-20 17:24
投稿日:2019-04-11 06:00
 最近、30代~40代の女性にまとわりついて苦しめるモラハラ男が増えています。
 女の稼ぎをアテにするヒモ男や、女に依存しまくるダメ男よりもタチが悪く、最悪の場合、私たちの家族や仕事も破壊してしまうモラハラ男の恐怖について知っておいてください。

お金やカラダが目的ではない

モラハラ男は女性のすべてを壊していく(写真:iStock)
モラハラ男は女性のすべてを壊していく (写真:iStock)

生まれてはじめて出会った“私を肯定してくれる人”

「金なんていくらあっても意味ないよ。俺が飢えていたのは親の愛情。だからお前の気持ちはよくわかる」

 美沙さん(36歳・仮名・服飾販売員)は健斗(28歳・仮名・飲食店員)のことばに心をつかまれました。

 20代で結婚して子供を産んだ姉と何かにつけてくらべられ、「そういえば小さいころから、私は何をしても親に否定されていたな……」と感じていた美沙さん。

 両親とも大学教授の家に生まれながら、東大に落ちて心を病み、引きこもりになりかけていた健斗は、美沙さんにとって「わかるよ」と無条件に自分を肯定してくれる、はじめての存在だったのです。

 このときはまだ、半年後に実家や職場の人たちと縁を切るまでに追いつめられるとは、美沙さんは想像もしていませんでした。

 モラハラ男が女性から奪いたいものは、誰もがあたりまえのように持っている「人の縁」や、ふつうに身じたくをして外に出て働く、「人間としての尊厳」だったりするのです。

巧妙に植えつけられる罪悪感と自責の念

真っ暗な部屋でテレビの画面だけが…(写真:iStock)
真っ暗な部屋でテレビの画面だけが… (写真:iStock)

彼のトラウマを刺激してしまった!?

「8歳下なのに私をお前と呼び捨てにしたり、私の欠点も指摘する。そんなところも好感が持てました。本音で接してくれるんだ、と思ってうれしかったし、年下でドSって素敵だなあって」

 ふたりの関係が変わったキッカケは、健斗が美沙さんの部屋に居つくようになって10日が過ぎたころでした。職場の飲み会で終電になった美沙さんがドアを開けると、部屋の中は真っ暗闇。「健斗……?」と呼んでも返事がありません。

「いないのかと思ったらテレビの画面だけが(消音にして)ついていて、その前に座っているんです。視線は画面に向けたまま。今思うと笑っちゃう絵なんですけど、そのときは驚きました。名前を呼んでも、ごめんねってあやまっても振り向いてもくれない。大切な人の心を傷つけちゃった、と後悔しました」

 小学校三年のころ、宿題をさぼってテレビを見ていたのが両親にバレた健斗は、テレビの前に何時間も正座させられ、画面から目をそらすと太ももを定規で叩かれるという体罰を繰り返し受けていたといいます。

「とっさに思い出したのはそのことです。健斗のトラウマがよみがえっちゃう、と私は動転してしまったんです」

 健斗の芝居に同情を誘われ、自分のせいだと思いこんだこの瞬間が、半年以上も続くモラハラとマインドコントロールのはじまりでした。

1週間で相手のことしか考えられないように洗脳

「健斗は私が寝室に引き上げるまで、テレビの画面をにらみつけて座っていました。翌朝は起きてバイトに行ったようでしたが、その後も口をきいてくれません。健斗がおかしくなっちゃう! 私のせいで! そう思って、とにかく刺激しないように、早く口をきいてもらえるように、それしか頭になくなりました」

 美沙さんは必死に健斗の好物を食卓にならべますが、相手は箸もつけない。バイトからちゃんと帰ってきてくれますように、と祈るだけの日が続きました。

「作戦だったんですよね、すべて演技だったんです。バイト先では賄いを食べて、仲間とふつうに口をきいて仕事してたらしいです。ただ、私を精神的に追いつめるためだけに演技を続けていたんですよ」

 他人の精神を乗っ取ろうとたくらむ人間にとって、この最初の仕込みが何よりも重要なのです。健斗の顔色だけを見て1週間が過ぎたとき、健斗は突然美沙さんに話しかけてきました。

(次回に続きます)

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM