わずか7日で構築された支配のパターン 美沙さんのケース#1

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-09-19 23:41
投稿日:2019-04-11 06:00
 最近、30代~40代の女性にまとわりついて苦しめるモラハラ男が増えています。
 女の稼ぎをアテにするヒモ男や、女に依存しまくるダメ男よりもタチが悪く、最悪の場合、私たちの家族や仕事も破壊してしまうモラハラ男の恐怖について知っておいてください。

お金やカラダが目的ではない

モラハラ男は女性のすべてを壊していく(写真:iStock)
モラハラ男は女性のすべてを壊していく (写真:iStock)

生まれてはじめて出会った“私を肯定してくれる人”

「金なんていくらあっても意味ないよ。俺が飢えていたのは親の愛情。だからお前の気持ちはよくわかる」

 美沙さん(36歳・仮名・服飾販売員)は健斗(28歳・仮名・飲食店員)のことばに心をつかまれました。

 20代で結婚して子供を産んだ姉と何かにつけてくらべられ、「そういえば小さいころから、私は何をしても親に否定されていたな……」と感じていた美沙さん。

 両親とも大学教授の家に生まれながら、東大に落ちて心を病み、引きこもりになりかけていた健斗は、美沙さんにとって「わかるよ」と無条件に自分を肯定してくれる、はじめての存在だったのです。

 このときはまだ、半年後に実家や職場の人たちと縁を切るまでに追いつめられるとは、美沙さんは想像もしていませんでした。

 モラハラ男が女性から奪いたいものは、誰もがあたりまえのように持っている「人の縁」や、ふつうに身じたくをして外に出て働く、「人間としての尊厳」だったりするのです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM