夫の心が折れる…鬼嫁からのLINEに潜む「恐ろしい癖」3例

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-25 14:48
投稿日:2019-12-25 06:00
 鬼嫁から夫のもとへと届くLINEには、恐ろしいメッセージが書かれているものも散見されます。
 日常的にキツいLINEを受信すれば、夫の心が折れる引き金にもなりがち。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁から届く、夫には恐怖でしかないLINEを3選ご紹介します。

1:不愉快をあらわす敬語

(C)コクハク
(C)コクハク

「ウチの嫁は、テンションがLINEに出やすいタイプ。わかりやすいと言えばそうですけど、しょっちゅう機嫌が悪くなるので、なにが地雷になるかわからず、ビクビクしています。

 基本的に、不愉快になると、それまでとテンションがガラリと変わり、敬語の文章が延々と続きます。

(C)コクハク
(C)コクハク

 ついこの前、同僚にノリでそのLINEを見せたら、笑ってくれるどころか『お前の奥さん、ヤバイな』ってガチにドン引きされました。

 実は、敬語になるだけじゃなく、そこに書かれている内容も辛辣で、敬語だから余計に怖さが増していて、まさに鬼嫁って感じのLINEなんですよね」(39歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 敬語イコール不機嫌をあらわす人は少なくないものの……。夫婦間のLINEでしょっちゅうコレをされれば、さすがに疲れてしまいそう。

2:命令文オンリー

(C)コクハク
(C)コクハク

「結婚してからというもの、妻から届くLINEは、僕への命令だけになりましたね。

 最初のうちは、恋人時代の延長で、くだらない話を送り合っていたこともあったのに……。

(C)コクハク
(C)コクハク

 最近は、朝から晩まで『アレして、コレして』や『○○を買って帰ってこい』などの命令文しか届きません。

 当然ながら、僕がその命令に従ってもねぎらいのLINEなんて届かないし、たまに妻とのやりとりを見返してみると、なんでこんな怖い女になったんだろう……と、ため息しか出ません」(35歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、夫にアレコレと指図するのが大得意。けれど、命令LINEしか届かないとなれば、夫の心はいつしか折れそうです。

3:事務連絡に辛辣な返事

(C)コクハク
(C)コクハク

「結婚後どんどん鬼嫁化している我が嫁は、だんだんと俺からの連絡への返事が雑になっています。

 たとえば、『今日、残業になった』と事務的な連絡LINEをいれると『は?』や『あっ、そう』などの辛辣な返事が一文だけ返ってきます。

 あまりに雑なコミュニケーションで、まるで漫画ですよね。

 最初のうちは『なんだこいつ、偉そうに』って腹が立っていましたけど、最近は『この先に文句がない分だけ、マシかな』と考えるようにしています。でも、夫でもなんだかんだで他人ですよ、その相手に『は?』を乱用するとか、ロクな女じゃないなと呆れています」(34歳男性/建設)

  ◇  ◇  ◇

 上品とは言えない雑なコミュニケーションを繰り返してしまうと、そんな妻に呆れてしまう夫もいる模様。親しき仲にも礼儀ありは、夫婦間LINEも例外ではないのです。

まとめ

 妻から届くLINEに、夫の心が折れそうになる要素が多いと「鬼嫁」認定される引き金にも。喜怒哀楽の「怒」が際立つLINEや、一方的かつ高圧的なコミュニケーションでしかないLINEは、夫の心をグサグサとえぐるメッセージにもなりやすいでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ