夫の心が折れる…鬼嫁からのLINEに潜む「恐ろしい癖」3例

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-25 14:48
投稿日:2019-12-25 06:00
 鬼嫁から夫のもとへと届くLINEには、恐ろしいメッセージが書かれているものも散見されます。
 日常的にキツいLINEを受信すれば、夫の心が折れる引き金にもなりがち。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁から届く、夫には恐怖でしかないLINEを3選ご紹介します。

1:不愉快をあらわす敬語

(C)コクハク
(C)コクハク

「ウチの嫁は、テンションがLINEに出やすいタイプ。わかりやすいと言えばそうですけど、しょっちゅう機嫌が悪くなるので、なにが地雷になるかわからず、ビクビクしています。

 基本的に、不愉快になると、それまでとテンションがガラリと変わり、敬語の文章が延々と続きます。

(C)コクハク
(C)コクハク

 ついこの前、同僚にノリでそのLINEを見せたら、笑ってくれるどころか『お前の奥さん、ヤバイな』ってガチにドン引きされました。

 実は、敬語になるだけじゃなく、そこに書かれている内容も辛辣で、敬語だから余計に怖さが増していて、まさに鬼嫁って感じのLINEなんですよね」(39歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 敬語イコール不機嫌をあらわす人は少なくないものの……。夫婦間のLINEでしょっちゅうコレをされれば、さすがに疲れてしまいそう。

2:命令文オンリー

(C)コクハク
(C)コクハク

「結婚してからというもの、妻から届くLINEは、僕への命令だけになりましたね。

 最初のうちは、恋人時代の延長で、くだらない話を送り合っていたこともあったのに……。

(C)コクハク
(C)コクハク

 最近は、朝から晩まで『アレして、コレして』や『○○を買って帰ってこい』などの命令文しか届きません。

 当然ながら、僕がその命令に従ってもねぎらいのLINEなんて届かないし、たまに妻とのやりとりを見返してみると、なんでこんな怖い女になったんだろう……と、ため息しか出ません」(35歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、夫にアレコレと指図するのが大得意。けれど、命令LINEしか届かないとなれば、夫の心はいつしか折れそうです。

3:事務連絡に辛辣な返事

(C)コクハク
(C)コクハク

「結婚後どんどん鬼嫁化している我が嫁は、だんだんと俺からの連絡への返事が雑になっています。

 たとえば、『今日、残業になった』と事務的な連絡LINEをいれると『は?』や『あっ、そう』などの辛辣な返事が一文だけ返ってきます。

 あまりに雑なコミュニケーションで、まるで漫画ですよね。

 最初のうちは『なんだこいつ、偉そうに』って腹が立っていましたけど、最近は『この先に文句がない分だけ、マシかな』と考えるようにしています。でも、夫でもなんだかんだで他人ですよ、その相手に『は?』を乱用するとか、ロクな女じゃないなと呆れています」(34歳男性/建設)

  ◇  ◇  ◇

 上品とは言えない雑なコミュニケーションを繰り返してしまうと、そんな妻に呆れてしまう夫もいる模様。親しき仲にも礼儀ありは、夫婦間LINEも例外ではないのです。

まとめ

 妻から届くLINEに、夫の心が折れそうになる要素が多いと「鬼嫁」認定される引き金にも。喜怒哀楽の「怒」が際立つLINEや、一方的かつ高圧的なコミュニケーションでしかないLINEは、夫の心をグサグサとえぐるメッセージにもなりやすいでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ