隙のある女性になるには?“軽い女性”に見えない隙の作り方♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-01-08 06:00
投稿日:2020-01-08 06:00
「隙のある女性はモテる」というのは、世の通説でしょう。でも、隙を作ろうとするはずが「軽い女性」に見られてしまう……、これも実はよくある話。上手に隙を作るには、どうすれば良いのでしょうか?

「隙のある女性」ってどんな女性?軽い女との違い

話しやすく親しみやすい雰囲気(写真:iStock)
話しやすく親しみやすい雰囲気 (写真:iStock)

「隙のある女性」に、あなたはどんなイメージを持っていますか?まずは、「隙」とは何かを考えてみましょう。

男性の考える「隙」と女性の考える「隙」は違う

 隙のある女性というと、男性に媚びたり、露出が多かったり、誘惑したりなど、なんとなく“だらしない”というイメージを持つ女性は多いでしょう。

 でも、男性の考える隙のある女性とは、話しかけたら明るく受け答えしてくれそうだったり、無邪気で親しみやすかったり、など、“気軽に心を開いて受け入れてくれる”ことを指すようです。

「隙のある女性」と「軽い女性」との違い

「隙=軽い」と判断されがち隙のある女性とよく比較されるのが、「軽い女性」です。どちらにも共通するのは、“警戒心がない”ということかもしれません。

 でも、大きな違いは、隙のある女性は“受動的”であるのに対して、軽い女性は“能動的”であるということだと思います。分かりやすく言うと、隙のある女性は男性が“誘いたくなる”のに対して、軽い女性は“自分から誘われに来る”んです。

 ふとした表情や行動で瞬間的に「隙」を見せられるのが隙のある女性で、ずっとガードが緩んでいるのが軽い女性、そんな風にも言えますね。

やっぱりモテる!隙のある女性になる6つの方法

「うんうん、それでそれで?」(写真:iStock)
「うんうん、それでそれで?」 (写真:iStock)

 どうせモテるなら、「軽い女性」ではなく「隙のある女性」に見られたいですよね。そこで、隙のある女性になる方法をお伝えしていきます。

1. 笑顔で明るく話しかけやすい

 モテる女性は、基本的に笑顔で明るいです。実はこの「笑顔」こそが、隙を作るポイントになります。

 いつもニコニコしている女性は、近寄りやすい雰囲気を醸し出しています。「突然話しかけても、きっと嫌がられないだろう」と、男性は積極的になれますし、「自分と話していると楽しそうだな」と、自信を持つこともできるのです。

 だからこそ、隙のある女性は男性にアプローチされやすいのでしょう。

2. ギャップがある

 いつも元気でニコニコしているのに、時々寂しい顔を見せたり、普段はポジティブで凛としているのに、突然頼ってきたり。そんなギャップを持っているのが、隙のある女性。

 そんな女性の意外な一面を見ると、自然と男性は「どうしたんだろう?」と気になるようになります。そのギャップが大きければ大きいほど、「守ってあげたい」「もっと知りたい」と、女性に対してさらなる興味を持つようになるのです。

3. 自分ルールを作らず柔軟に生きている

「こうでなければいけない」という自分ルールを作らないのも、隙のある女性の特徴。

 たとえば、「明日は朝早く起きなければいけないから、一次会で帰ろう」と思っていたとしても、その場の雰囲気が楽しかったり、誘いを受けたりしたら二次会へとつい行ってしまう、など。

 大人の女性として周りに流されない自分ルールは大切なものでもありますが、時にあえて柔軟に気の向くままに流される。これが、親近感へと繋がり、「誘ってみようかな」と男性に思わせる「隙」を作るのです。

4. かっちりしすぎないファッション

 外見における「隙」というと、「肌の露出が多く、チラ見せする」というイメージを持つ女性は多いと思いますが、実はそうではありません。

 隙のある女性は基本的にはナチュラルメイクで、清楚でかっちりしすぎない「いかにも女子!」という服を好みます。一見ちゃんとしているのに、態度や言動でふとした「隙」が見えるからこそ、魅力的に見えるのです。

 女性らしい服装を「媚びている」と敬遠する女性も多いかもしれませんが、嫌味なく似合ってしまうのも、隙のある女性の特徴でしょう。

聞き上手

 たとえば相手の話が間違っていると思ったとしても、話の腰を折ったり、即座に否定をしないというのも隙のある女性の特徴でしょう。

 基本的になんでも受け入れる姿勢でいるため、聞き上手。どんな話も面白がって興味津々で聞いてくれるため、話していて気持ちが良い相手であることが多いです。

 とはいえ、間違っていることを放置するわけではありません。一旦受け入れた上で、相手が傷つかないように上手に意見を伝えます。気が遣えるのも、隙のある女性になるポイントかもしれません。

上手に甘える

 なんでもかんでも甘えるようなワガママな女性は、男性にとっては負担になるでしょう。でも、隙のある女性は全てを頼るのではなく、ここぞという時だけ上手に甘えます。

「どうしてもできないから助けて欲しい」と、弱い自分を隠さずに見せてくれる健気な感じや、その後大げさなほどに感謝の気持ちを伝えてくれるのを見て、男性は「また助けてあげたい」と思うのです。

隙は計算して作るものではなく滲み出るもの

自然体でいるからいつも楽しく笑顔なのかも(写真:iStock)
自然体でいるからいつも楽しく笑顔なのかも (写真:iStock)

「隙のある女性になる」ってなかなか難しいですよね。だってきっと、「隙」は計算して作るものではなく、自然に滲み出るものだからです。

 隙のある女性は自然体でいるからこそ無防備な瞬間がありますし、いつも楽しいからこそ無邪気な笑顔を見せます。男性にとっては、それが魅力的にうつっているだけのことなのかも。

 逆に、隙がないと言われる女性は「がんばりすぎている」というイメージがありますね。決して悪いわけではありませんが、ちょっとだけ「がんばりすぎない」ことで、ふとした隙は生まれるのかもしれません。ぜひ、参考にしてくださいね。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ