絶世の美女より「ほどほどの顔」の女性がモテる5つの理由

七海 ライター
更新日:2019-08-09 06:00
投稿日:2019-08-09 06:00
 ちょうどいいブスが一番モテる――? お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんの著書やドラマ化により、巷でささやかれるようになったこの説。
 独身時代に数々の浮き名を流した女優・蒼井優さんも、自らを「ほどほどの顔」と分析していたし、某国民的アイドルグループの当初のコンセプトは「クラスで6番目に可愛い子を集めた」ともいわれています。日本人男性は、あまりにもモテそうな女の子は本命にしないのかもしれません。
 そんな一見地味にも見える“ほどほどの顔”の女性がモテる5つの理由を解説します。

1. 一緒にいて落ち着く

おおらかさに居心地の良さを感じる(写真:iStock)
おおらかさに居心地の良さを感じる (写真:iStock)

 アナウンサーのような、あるいはミスコンに出ているようなthe美人は、一緒にいると自尊心は満たされても「俺といて楽しいのかな?」「イケメンに目移りしないかな?」「前の彼氏よりダメだと思われてたらどうしよう」などと、男性は常にプレッシャーを感じてしまう場合があります。

 デートの店選び、服選び、会話、会計のスマートさ……。美人が相手だと「これでいいのかな」「他の男と比べられてるかも」と、いちいち男性の心は休まりません。女性の中でも、イケメンすぎる男性はプレッシャーを感じて苦手、という人は少なくないはず。

 その点、よくいる普通のルックスの女の子は男性にプレッシャーを与えません。ちょっとヘマをしても「そういうことあるよね」「次に生かせばいいじゃん」と許してくれそうな、おおらかさがあるんです。

 そして、美人は「誰かに取られそう」「目移りされそう」という心配がありますが、“ほどほどの顔”の女性にはそんな懸念はありません。この子だったら他の男に取られる心配も少ないし、自分に尽くしてくれそう! という理由で、男性は本命彼女には美人よりも普通のルックスの女の子を選ぶケースがあります。

2. 男性の付け入る隙を見せる

スニーカーでちょっと視線を下げてみる(写真:iStock)
スニーカーでちょっと視線を下げてみる (写真:iStock)

 美人で実家もお金持ちで、自分もバリバリ稼いで、おまけにスタイル抜群……。そんな女性がいたら、職場でみんなの憧れの的になることは間違いありません。

 しかし、「完璧すぎて怖い」「俺なんか視界にも入ってないんだろうな」と遠巻きに眺められるだけで、射程圏外と思われてしまい案外モテなかったりします。

 モテるということは、「俺でもいけるかも」「付き合ってもらえそう」と感じる男性の範囲が広いということでもあります。

 隙のない美女が全くモテないわけではありませんが、多くの男性から指名されるのは、実は“ほどほどの顔”。なぜなら隙があるから。

 ルックスが完璧ではない、という意味でもそうですし、ファッションやメイクもいつも全力ではなく、あくまでもナチュラルで隙を残す。飲み会では酔いすぎてふにゃふにゃになって誰かに介抱されたり……。どこか「俺がいてあげないと」と男性の庇護欲をそそる隙がポイントです。

 逆に、すごく容姿に恵まれて仕事もできるのになぜかモテない……という女性は、周りから「隙がなさすぎて取り付く島もない」と思われてしまっている可能性があります。

 まずはその凶器じみたピンヒールを脱いで、スニーカーやバレエシューズに履き替えて視線を少し下げて見ては?

3. ノリやリアクションがいい

ちょっとしたことでも大喜び(写真:iStock)
ちょっとしたことでも大喜び (写真:iStock)

 たとえば飲み会。

 ちょっとした、いじりにも「やだ〜」と言いながら軽く乗ったり、ツッコミで対応をして和ませたり。モテる“ほどほどの女性”は、打てば響くようなリアクションがとても上手です。

 その点、美人には周りが気を遣ってふざけた話題を振らなかったり、「化粧失敗してない?」などと軽くいじられることもほとんどありません。ある意味、損かも知れませんね。

 結果、どんどん話が振られる“ほどほどの女性”は、男性から「この子はノリがいい」「リアクションがいい」と思われるチャンスが多いんです。

 また、顔が特別に可愛いわけではなくても、男性に尽くされている女性には特徴があります。

 それは「何かをしてあげた時のリアクションが可愛い」。

「これ欲しかったの! 覚えててくれたんだ、嬉しい」「お皿洗っててくれたの? ありがとう、疲れてたから助かったよ」と、いちいち可愛く喜んでくれたら、男性としても「もっとこの子に何かしてあげたい」という気持ちになりますよね。

4. 下ネタに対する受け身がうまい

思いっ切り照れてみるのも可愛いかも(写真:iStock)
思いっ切り照れてみるのも可愛いかも (写真:iStock)

 女性芸人の中でも、“いい女”風キャラの芸人さんには特徴があります。それは下ネタOKであること。

「なんでそんなこと聞くの! セクハラだよ!」「すいません、私そういうの苦手で……」

 軽い下ネタに対しても、こんな風に本気で怒ったり引いたりしていると、男性から「ノリが悪い」と思われて無難な話題しか振ってもらえなくなります。

 あくまで男性の下ネタは小学生の悪ふざけと同じ。本気で受け取らず、うまくかわしたり面白く返答できるように慣れましょう。

 もちろん、自分から下ネタに全振りしているとただの痴女だと思われ、引かれて終わりです。あくまでも、ほんのりとしたエロ感がモテの鍵。

 ちょうどいい下ネタへの対処法は受け身であること。「昨日ワンナイトした男が……」なんて生々しい体験談を話すのではなく、男性から「最近いつしたの?」などと下ネタを振られた時にだけ話すようにしましょう。

 もちろん、本当のことを答えるのではなく、「1週間以内……かな」「え〜、内緒!」などとぼかして答えたほうが男性は想像力をかき立てられます。

 男性は見えすぎるものより、ちらっと垣間見えるものにこそ燃えるのです。

5. 強いこだわりや主義主張があまりない

「教えて欲しいな」にメロメロ(写真:iStock)
「教えて欲しいな」にメロメロ (写真:iStock)

 婚活をしている女性であれば、聞いたことがあるかもしれません。

「こだわりや主義主張がありすぎると、男性に引かれてしまう」

 例えば、ブランド物で固めた隙のないファッションや、流行をがっつり取り入れたメイク。女子会では人気者になれますが、男性からしたら「近寄りがたい」「男にあまり興味がなさそう」と思われて、受けがあまりよくありません。

 そう、結局のところファッションでもメイクでも、ふんわりとした素材でフェミニンな色合いのシンプルなものが男性に「いいじゃん」と思われるんです。ファッション雑誌を見て買った勝負服よりも、ファストファッションのプチプラの方がデート時に好感度が高かった、なんて経験はないですか? 

 ナチュラルなメイクやネイルが好まれるのはもはや鉄板。そしてそれはファッションだけではありません。

 映画やワインにあまりにも造詣が深かったり、お金をつぎ込んでのめり込む趣味があったり……。もちろんそれ自体は素晴らしいことですが、前面に出しすぎると男性からは引かれてしまうことも。

 会話の中で固有名詞があまりに飛び交う女性よりも、「これわからない」「○○さん、詳しいでしょう? 教えて欲しいな」と、バカなふりができる女性こそが、男性の人気をかっさらっていくのです。

まとめ

「結局、男性は自分よりちょっと下にいる女の子がいいんでしょう?」

 はい。そういう女性の方が大衆からモテるのは間違いないでしょう。なぜなら、“ほどほどの顔”の女性には美人にはない安心感や包容力があるから。

「私って美人じゃないから」「スタイル悪いし、需要ないよね?」なんてことを言わず、自分の見せ方次第では婚活市場で大きな武器になるかもしれませんよ。

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「カネさえチラつかせば遊べる」妻バレしてもパパ活を続ける男の本心
「冷酷と激情のあいだvol.135〜女性編〜」では、肉体関係のあるパパ活を「浮気ではない」と開き直る夫に愛想を尽かしてい...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
「金払ってるし、パパ活は浮気じゃない」夫のトンデモ主張に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
年下彼氏と初のお泊りデート♡2人の仲がグッと深まる極意3つ
 年下彼と初めてのお泊まりデートは、この先長く付き合えるか否かのターニングポイントに……! そんな勝負のお泊まりデートで...
恋バナ調査隊 2023-03-24 06:00 ラブ
夫の年収を超えた!夫婦険悪回避5カ条&見直したいお金の管理
 結婚や出産後も仕事を続けやすくなりつつある今、収入アップする女性が増えています。中には「気が付いたら夫の年収を超えてい...
恋バナ調査隊 2023-03-23 06:00 ラブ
DV被害女性が自立するためのシェルター兼シェアハウスを見学
 DVの被害に遭った女性が、同じ思いをした女性を支援するためのシェアハウスを始めました。どのような場所で、今までのシェル...
内藤みか 2023-03-23 06:00 ラブ
子供の名前は「翼」…スポーツ好き夫がうざい!対処法は?
 いろいろな趣味がある中で、スポーツ好きな男性は結構多いですよね! 妻としては夫の好きなことを尊重してあげたいと思う反面...
恋バナ調査隊 2023-03-22 06:00 ラブ
「下の毛に白髪が4本!」浴室で絶叫する夫、老化を感じるトホホな話
 気がつけば結婚して十数年。40代になってから、日常生活で夫の「老い」を感じる瞬間が増えてきた人も多いでしょう。いつも家...
恋バナ調査隊 2023-03-21 06:00 ラブ
夫婦だってあくまで他人 「過度な束縛」は人権侵害だと思う
 男友達と話していてたまに聞くのが、「妻からの束縛が激しくてさぁ……」といった愚痴です。  例えば、「家に帰ったら...
まめ 2023-03-21 06:00 ラブ
国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ
「たかが衛生観念の不一致で?」離婚する気のない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.134〜女性編〜」では、結婚生活7年目にして衛生観念の違いを理由に離婚を決意した奈々子さん(...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
お風呂を引き金に鬱憤爆発!離婚届をスルーする夫に苛立つ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
不倫、セフレ…なぜ報われない恋にハマる? 女性心理を解説
 不倫やセフレなど、報われない恋にハマる女性は多いですよね。幸せになれないかもしれないとわかっているのに、微かな希望を信...
恋バナ調査隊 2023-03-18 06:00 ラブ
40代で一目惚れしたら?グイグイより“さりげなく”攻めるが吉
「40代で一目惚れしたら、その彼と恋愛や結婚はできるのかな……」。  40代で一目惚れした女性が、その後、順調に恋愛→...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
クヨクヨ時々ぷんぷん「落ち込みやすい彼氏」はどう接する?
 落ち込みやすい彼氏を見ていると、少し頼りなく感じてしまう反面、どうにかしてあげたい気持ちになりますよね。今回は、落ち込...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
「DVの兆候」を見抜く 日常生活におけるチェックポイント3つ
 DVによる事件は、コロナ禍の閉塞感もあって、警察に寄せられた昨年1年間の相談件数は過去最多となっています(警察庁発表)...
内藤みか 2023-03-16 06:00 ラブ