絶世の美女より「ほどほどの顔」の女性がモテる5つの理由

七海 ライター
更新日:2019-08-09 06:00
投稿日:2019-08-09 06:00
 ちょうどいいブスが一番モテる――? お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんの著書やドラマ化により、巷でささやかれるようになったこの説。
 独身時代に数々の浮き名を流した女優・蒼井優さんも、自らを「ほどほどの顔」と分析していたし、某国民的アイドルグループの当初のコンセプトは「クラスで6番目に可愛い子を集めた」ともいわれています。日本人男性は、あまりにもモテそうな女の子は本命にしないのかもしれません。
 そんな一見地味にも見える“ほどほどの顔”の女性がモテる5つの理由を解説します。

1. 一緒にいて落ち着く

おおらかさに居心地の良さを感じる(写真:iStock)
おおらかさに居心地の良さを感じる (写真:iStock)

 アナウンサーのような、あるいはミスコンに出ているようなthe美人は、一緒にいると自尊心は満たされても「俺といて楽しいのかな?」「イケメンに目移りしないかな?」「前の彼氏よりダメだと思われてたらどうしよう」などと、男性は常にプレッシャーを感じてしまう場合があります。

 デートの店選び、服選び、会話、会計のスマートさ……。美人が相手だと「これでいいのかな」「他の男と比べられてるかも」と、いちいち男性の心は休まりません。女性の中でも、イケメンすぎる男性はプレッシャーを感じて苦手、という人は少なくないはず。

 その点、よくいる普通のルックスの女の子は男性にプレッシャーを与えません。ちょっとヘマをしても「そういうことあるよね」「次に生かせばいいじゃん」と許してくれそうな、おおらかさがあるんです。

 そして、美人は「誰かに取られそう」「目移りされそう」という心配がありますが、“ほどほどの顔”の女性にはそんな懸念はありません。この子だったら他の男に取られる心配も少ないし、自分に尽くしてくれそう! という理由で、男性は本命彼女には美人よりも普通のルックスの女の子を選ぶケースがあります。

2. 男性の付け入る隙を見せる

スニーカーでちょっと視線を下げてみる(写真:iStock)
スニーカーでちょっと視線を下げてみる (写真:iStock)

 美人で実家もお金持ちで、自分もバリバリ稼いで、おまけにスタイル抜群……。そんな女性がいたら、職場でみんなの憧れの的になることは間違いありません。

 しかし、「完璧すぎて怖い」「俺なんか視界にも入ってないんだろうな」と遠巻きに眺められるだけで、射程圏外と思われてしまい案外モテなかったりします。

 モテるということは、「俺でもいけるかも」「付き合ってもらえそう」と感じる男性の範囲が広いということでもあります。

 隙のない美女が全くモテないわけではありませんが、多くの男性から指名されるのは、実は“ほどほどの顔”。なぜなら隙があるから。

 ルックスが完璧ではない、という意味でもそうですし、ファッションやメイクもいつも全力ではなく、あくまでもナチュラルで隙を残す。飲み会では酔いすぎてふにゃふにゃになって誰かに介抱されたり……。どこか「俺がいてあげないと」と男性の庇護欲をそそる隙がポイントです。

 逆に、すごく容姿に恵まれて仕事もできるのになぜかモテない……という女性は、周りから「隙がなさすぎて取り付く島もない」と思われてしまっている可能性があります。

 まずはその凶器じみたピンヒールを脱いで、スニーカーやバレエシューズに履き替えて視線を少し下げて見ては?

3. ノリやリアクションがいい

ちょっとしたことでも大喜び(写真:iStock)
ちょっとしたことでも大喜び (写真:iStock)

 たとえば飲み会。

 ちょっとした、いじりにも「やだ〜」と言いながら軽く乗ったり、ツッコミで対応をして和ませたり。モテる“ほどほどの女性”は、打てば響くようなリアクションがとても上手です。

 その点、美人には周りが気を遣ってふざけた話題を振らなかったり、「化粧失敗してない?」などと軽くいじられることもほとんどありません。ある意味、損かも知れませんね。

 結果、どんどん話が振られる“ほどほどの女性”は、男性から「この子はノリがいい」「リアクションがいい」と思われるチャンスが多いんです。

 また、顔が特別に可愛いわけではなくても、男性に尽くされている女性には特徴があります。

 それは「何かをしてあげた時のリアクションが可愛い」。

「これ欲しかったの! 覚えててくれたんだ、嬉しい」「お皿洗っててくれたの? ありがとう、疲れてたから助かったよ」と、いちいち可愛く喜んでくれたら、男性としても「もっとこの子に何かしてあげたい」という気持ちになりますよね。

4. 下ネタに対する受け身がうまい

思いっ切り照れてみるのも可愛いかも(写真:iStock)
思いっ切り照れてみるのも可愛いかも (写真:iStock)

 女性芸人の中でも、“いい女”風キャラの芸人さんには特徴があります。それは下ネタOKであること。

「なんでそんなこと聞くの! セクハラだよ!」「すいません、私そういうの苦手で……」

 軽い下ネタに対しても、こんな風に本気で怒ったり引いたりしていると、男性から「ノリが悪い」と思われて無難な話題しか振ってもらえなくなります。

 あくまで男性の下ネタは小学生の悪ふざけと同じ。本気で受け取らず、うまくかわしたり面白く返答できるように慣れましょう。

 もちろん、自分から下ネタに全振りしているとただの痴女だと思われ、引かれて終わりです。あくまでも、ほんのりとしたエロ感がモテの鍵。

 ちょうどいい下ネタへの対処法は受け身であること。「昨日ワンナイトした男が……」なんて生々しい体験談を話すのではなく、男性から「最近いつしたの?」などと下ネタを振られた時にだけ話すようにしましょう。

 もちろん、本当のことを答えるのではなく、「1週間以内……かな」「え〜、内緒!」などとぼかして答えたほうが男性は想像力をかき立てられます。

 男性は見えすぎるものより、ちらっと垣間見えるものにこそ燃えるのです。

5. 強いこだわりや主義主張があまりない

「教えて欲しいな」にメロメロ(写真:iStock)
「教えて欲しいな」にメロメロ (写真:iStock)

 婚活をしている女性であれば、聞いたことがあるかもしれません。

「こだわりや主義主張がありすぎると、男性に引かれてしまう」

 例えば、ブランド物で固めた隙のないファッションや、流行をがっつり取り入れたメイク。女子会では人気者になれますが、男性からしたら「近寄りがたい」「男にあまり興味がなさそう」と思われて、受けがあまりよくありません。

 そう、結局のところファッションでもメイクでも、ふんわりとした素材でフェミニンな色合いのシンプルなものが男性に「いいじゃん」と思われるんです。ファッション雑誌を見て買った勝負服よりも、ファストファッションのプチプラの方がデート時に好感度が高かった、なんて経験はないですか? 

 ナチュラルなメイクやネイルが好まれるのはもはや鉄板。そしてそれはファッションだけではありません。

 映画やワインにあまりにも造詣が深かったり、お金をつぎ込んでのめり込む趣味があったり……。もちろんそれ自体は素晴らしいことですが、前面に出しすぎると男性からは引かれてしまうことも。

 会話の中で固有名詞があまりに飛び交う女性よりも、「これわからない」「○○さん、詳しいでしょう? 教えて欲しいな」と、バカなふりができる女性こそが、男性の人気をかっさらっていくのです。

まとめ

「結局、男性は自分よりちょっと下にいる女の子がいいんでしょう?」

 はい。そういう女性の方が大衆からモテるのは間違いないでしょう。なぜなら、“ほどほどの顔”の女性には美人にはない安心感や包容力があるから。

「私って美人じゃないから」「スタイル悪いし、需要ないよね?」なんてことを言わず、自分の見せ方次第では婚活市場で大きな武器になるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 お付き合いが始まると、彼氏から「モーニングコール頼める?」とお願いされることがあります。そんな時、「正直、忙しいのに面...
リタ・トーコ 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 世の女性を悩ませる夫の浮気問題。私は夫の浮気による離婚歴があります。一番最初に浮気が判明した時には相手の女性を相手に裁...
深志美由紀 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。現在、出会うためのツールはたくさんあり、「出会いがな...
山本早織 2019-12-10 06:00 ラブ
FILM
 合コンで知り合った人や、グループ交際から“いい感じ”になった彼と初めて二人で遊びに行く時は、誰だってドキドキするもの。...
東城ゆず 2019-12-10 06:01 ラブ
FILM
 クリスマスといえば、プレゼント。今年は彼にどんなプレゼントを用意する予定ですか?  プレゼント選びは人間性やセンスが...
ミクニシオリ 2019-12-09 06:09 ラブ
FILM
 ゆくゆくは結婚したいと思っている彼氏がいます。付き合って1カ月、マッチングアプリで出会ったのですが、3回遊んだ後に電話...
神崎メリ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 好きな人はちょこちょこできるのに、思えばここ何年も恋が実っていない……そんな方は「恋愛下手」なのかもしれません!そこで...
リタ・トーコ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と暮らす男性たちにとっては、楽しいはずのクリスマスが、恐怖のイベントでもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうり...
並木まき 2019-12-10 18:45 ラブ
FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...
FILM
 歳を重ねていくと、「そろそろ結婚しないの?」という周囲の圧力を感じることってありますよね。また、素敵なプロポーズを受け...
東城ゆず 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
「なんとなくお互いに惹かれ合っている」、そんなお付き合い前のデートの際、あなたは割り勘を申し出たことはありますか? もち...
リタ・トーコ 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
 帰宅が遅くなった夫に対しては、イヤミや文句のひとつを口にする女性も少なくありませんよね。  しかし相手が鬼嫁となると...
並木まき 2019-12-10 18:45 ラブ
FILM
 毎年、街がドレスアップするこのシーズン。LEDが開発されたことで昔よりもイルミネーションの輝きが増していますし、色とり...
東城ゆず 2019-12-03 06:00 ラブ
FILM
「いつか付き合えたら……!」そんな一心で片思いをしている方は多いでしょう。でも、どんなに頑張ってアプローチを続けても、ど...
リタ・トーコ 2019-12-02 06:27 ラブ
FILM
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベント...
内藤みか 2019-12-02 06:24 ラブ