果たして「男はオオカミ」なのか?全ては女性次第だったり?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-10-31 16:11
投稿日:2019-03-14 06:00
 先日、久々に「男はオオカミなんだから」というセリフを聞きました。でも、「本当にそうかな?」と、ふと思った筆者です。実のところ、男性をオオカミにさせるもさせないも女性次第だったりして?今回はそんなテーマで考えてみようと思います。

女性が男をオオカミにしている!?

男はオオカミ?(写真:iStock)
男はオオカミ? (写真:iStock)

「満月を見るとオオカミ男になる」ではないですが、実は、男がオオカミに変わるきっかけを与えているのは、女性ではないのかな?と思うのです。

まんざらではなさそうと思われた

 どんなに下心があっても女性に全くその気がないと分かれば、大抵の男性は諦めるでしょう。社会的なリスクもありますし、ムリにするものではないと自制します。これが、人間に備わった「理性」というものですね。

 では、なぜオオカミになってしまうのか?それは、「まんざらではなさそう」と思ったからではないでしょうか。もっと言うと、「ヤレるだろう」と。

 そういえば、男性は事あるごとに「同意の上だった」と釈明しますよね。女性の真意ではなかったとしても、「付いてきた=同意した」と捉えてしまうことも多々あるのです。

リミッターを持っていない男性には注意!

 残念なことに、理性という名のリミッターを持っていない男性もいます。オオカミ男ではなく、ただの獣ですね。後先考えず、欲望のままに動いてしまうタイプというか、犯罪に関わってもおかしくないタイプというか。

 女性が本当に気を付けるべきは、このような男性です。力づくで襲われては、ほとんどの場合どうしたって敵いませんから。

男をオオカミにする?しない?女性に選択権がある

その気がないなら隙を見せてはダメ(写真:iStock)
その気がないなら隙を見せてはダメ (写真:iStock)

 リミッターなしの男性含め、男をオオカミにするかしないかは、女性であるあなたに選択権があります。予想だにしない被害に遭わないためにも、自分の意志を持って行動しましょう。

その気がないなら隙を見せてはダメ

 男性がオオカミに変わりやすいのはお酒を飲んで気が大きくなっている時や、密室で2人きりの状況がある時など。

 絶対に嫌だったり、その気が全くないのであれば隙を見せてはダメ!終電に間に合うように帰る、お酒を飲みすぎない、2人でタクシーに乗らないなど、自分自身でリスクを減らすようにしましょう。

襲われたいならご自由に

 男性といる時、「この後、何かあるかも?」と、女性が思うことってありますよね。そんな女性に対して、男がオオカミ化する可能性は大いにあります。

 なぜなら、オオカミになる男性には、女性の言葉や態度に現れる「まんざらではない様子」を嗅ぎ取る能力が不思議と備わっているからです。

 襲われたいのであればどうぞご自由に!覚悟を持って、「なるようになる」を堪能してはいかがでしょうか。美しい思い出になるとは限りませんが、人生経験の1つになることは間違いないです。

 ただし、予期せぬ妊娠に傷つくのはいつも女性ですので、そのあたりはきちんと。

オオカミに襲われたいのか、襲われたくないかは明確に

自分の意思をはっきりと(写真:iStock)
自分の意思をはっきりと (写真:iStock)

 ホテルの前まで女性を連れ出し、「お願いだから入ってくれ!」と、土下座をした男友達がいます。「そこまでしてしたかったのか」と逆に感心しましたが、なんとしてでも同意を得たという確証を得てからオオカミに変身したかったんでしょうね。律儀というか、ある意味理性的というか。

 話は飛びましたが、女性は襲われたいのか、襲われたくないかを明確にしておくと思わぬ事態にも柔軟に対応できますし、オオカミ化したい男性にとっても親切かもしれません。

 それにしても、女友達の「全然そんな気なかったんだけど(しちゃった)」は、「いやよいやよも好きのうち」に変換されて聞こえる今日この頃。考えすぎですかね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ