果たして「男はオオカミ」なのか?全ては女性次第だったり?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-10-31 16:11
投稿日:2019-03-14 06:00
 先日、久々に「男はオオカミなんだから」というセリフを聞きました。でも、「本当にそうかな?」と、ふと思った筆者です。実のところ、男性をオオカミにさせるもさせないも女性次第だったりして?今回はそんなテーマで考えてみようと思います。

女性が男をオオカミにしている!?

男はオオカミ?(写真:iStock)
男はオオカミ? (写真:iStock)

「満月を見るとオオカミ男になる」ではないですが、実は、男がオオカミに変わるきっかけを与えているのは、女性ではないのかな?と思うのです。

まんざらではなさそうと思われた

 どんなに下心があっても女性に全くその気がないと分かれば、大抵の男性は諦めるでしょう。社会的なリスクもありますし、ムリにするものではないと自制します。これが、人間に備わった「理性」というものですね。

 では、なぜオオカミになってしまうのか?それは、「まんざらではなさそう」と思ったからではないでしょうか。もっと言うと、「ヤレるだろう」と。

 そういえば、男性は事あるごとに「同意の上だった」と釈明しますよね。女性の真意ではなかったとしても、「付いてきた=同意した」と捉えてしまうことも多々あるのです。

リミッターを持っていない男性には注意!

 残念なことに、理性という名のリミッターを持っていない男性もいます。オオカミ男ではなく、ただの獣ですね。後先考えず、欲望のままに動いてしまうタイプというか、犯罪に関わってもおかしくないタイプというか。

 女性が本当に気を付けるべきは、このような男性です。力づくで襲われては、ほとんどの場合どうしたって敵いませんから。

男をオオカミにする?しない?女性に選択権がある

その気がないなら隙を見せてはダメ(写真:iStock)
その気がないなら隙を見せてはダメ (写真:iStock)

 リミッターなしの男性含め、男をオオカミにするかしないかは、女性であるあなたに選択権があります。予想だにしない被害に遭わないためにも、自分の意志を持って行動しましょう。

その気がないなら隙を見せてはダメ

 男性がオオカミに変わりやすいのはお酒を飲んで気が大きくなっている時や、密室で2人きりの状況がある時など。

 絶対に嫌だったり、その気が全くないのであれば隙を見せてはダメ!終電に間に合うように帰る、お酒を飲みすぎない、2人でタクシーに乗らないなど、自分自身でリスクを減らすようにしましょう。

襲われたいならご自由に

 男性といる時、「この後、何かあるかも?」と、女性が思うことってありますよね。そんな女性に対して、男がオオカミ化する可能性は大いにあります。

 なぜなら、オオカミになる男性には、女性の言葉や態度に現れる「まんざらではない様子」を嗅ぎ取る能力が不思議と備わっているからです。

 襲われたいのであればどうぞご自由に!覚悟を持って、「なるようになる」を堪能してはいかがでしょうか。美しい思い出になるとは限りませんが、人生経験の1つになることは間違いないです。

 ただし、予期せぬ妊娠に傷つくのはいつも女性ですので、そのあたりはきちんと。

オオカミに襲われたいのか、襲われたくないかは明確に

自分の意思をはっきりと(写真:iStock)
自分の意思をはっきりと (写真:iStock)

 ホテルの前まで女性を連れ出し、「お願いだから入ってくれ!」と、土下座をした男友達がいます。「そこまでしてしたかったのか」と逆に感心しましたが、なんとしてでも同意を得たという確証を得てからオオカミに変身したかったんでしょうね。律儀というか、ある意味理性的というか。

 話は飛びましたが、女性は襲われたいのか、襲われたくないかを明確にしておくと思わぬ事態にも柔軟に対応できますし、オオカミ化したい男性にとっても親切かもしれません。

 それにしても、女友達の「全然そんな気なかったんだけど(しちゃった)」は、「いやよいやよも好きのうち」に変換されて聞こえる今日この頃。考えすぎですかね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ