果たして「男はオオカミ」なのか?全ては女性次第だったり?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-10-31 16:11
投稿日:2019-03-14 06:00
 先日、久々に「男はオオカミなんだから」というセリフを聞きました。でも、「本当にそうかな?」と、ふと思った筆者です。実のところ、男性をオオカミにさせるもさせないも女性次第だったりして?今回はそんなテーマで考えてみようと思います。

女性が男をオオカミにしている!?

男はオオカミ?(写真:iStock)
男はオオカミ? (写真:iStock)

「満月を見るとオオカミ男になる」ではないですが、実は、男がオオカミに変わるきっかけを与えているのは、女性ではないのかな?と思うのです。

まんざらではなさそうと思われた

 どんなに下心があっても女性に全くその気がないと分かれば、大抵の男性は諦めるでしょう。社会的なリスクもありますし、ムリにするものではないと自制します。これが、人間に備わった「理性」というものですね。

 では、なぜオオカミになってしまうのか?それは、「まんざらではなさそう」と思ったからではないでしょうか。もっと言うと、「ヤレるだろう」と。

 そういえば、男性は事あるごとに「同意の上だった」と釈明しますよね。女性の真意ではなかったとしても、「付いてきた=同意した」と捉えてしまうことも多々あるのです。

リミッターを持っていない男性には注意!

 残念なことに、理性という名のリミッターを持っていない男性もいます。オオカミ男ではなく、ただの獣ですね。後先考えず、欲望のままに動いてしまうタイプというか、犯罪に関わってもおかしくないタイプというか。

 女性が本当に気を付けるべきは、このような男性です。力づくで襲われては、ほとんどの場合どうしたって敵いませんから。

男をオオカミにする?しない?女性に選択権がある

その気がないなら隙を見せてはダメ(写真:iStock)
その気がないなら隙を見せてはダメ (写真:iStock)

 リミッターなしの男性含め、男をオオカミにするかしないかは、女性であるあなたに選択権があります。予想だにしない被害に遭わないためにも、自分の意志を持って行動しましょう。

その気がないなら隙を見せてはダメ

 男性がオオカミに変わりやすいのはお酒を飲んで気が大きくなっている時や、密室で2人きりの状況がある時など。

 絶対に嫌だったり、その気が全くないのであれば隙を見せてはダメ!終電に間に合うように帰る、お酒を飲みすぎない、2人でタクシーに乗らないなど、自分自身でリスクを減らすようにしましょう。

襲われたいならご自由に

 男性といる時、「この後、何かあるかも?」と、女性が思うことってありますよね。そんな女性に対して、男がオオカミ化する可能性は大いにあります。

 なぜなら、オオカミになる男性には、女性の言葉や態度に現れる「まんざらではない様子」を嗅ぎ取る能力が不思議と備わっているからです。

 襲われたいのであればどうぞご自由に!覚悟を持って、「なるようになる」を堪能してはいかがでしょうか。美しい思い出になるとは限りませんが、人生経験の1つになることは間違いないです。

 ただし、予期せぬ妊娠に傷つくのはいつも女性ですので、そのあたりはきちんと。

オオカミに襲われたいのか、襲われたくないかは明確に

自分の意思をはっきりと(写真:iStock)
自分の意思をはっきりと (写真:iStock)

 ホテルの前まで女性を連れ出し、「お願いだから入ってくれ!」と、土下座をした男友達がいます。「そこまでしてしたかったのか」と逆に感心しましたが、なんとしてでも同意を得たという確証を得てからオオカミに変身したかったんでしょうね。律儀というか、ある意味理性的というか。

 話は飛びましたが、女性は襲われたいのか、襲われたくないかを明確にしておくと思わぬ事態にも柔軟に対応できますし、オオカミ化したい男性にとっても親切かもしれません。

 それにしても、女友達の「全然そんな気なかったんだけど(しちゃった)」は、「いやよいやよも好きのうち」に変換されて聞こえる今日この頃。考えすぎですかね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ