毎日がつまらないと感じたら?楽しい日々に変える5つの方法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2020-01-17 06:22
投稿日:2020-01-17 06:00
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近は、いつワクワクしたっけ……?」と退屈を感じる人も少なくありません。一通り仕事を覚えたあとは、それはそれで退屈な日々が待っています。産んだ我が子が最高に可愛く、毎日が新鮮なことばかりだったママだって、5年も過ぎれば立派なママの顔になります。
 でも、時として思うんです。「繰り返しの毎日がつまらない」って。“平凡は幸せなこと”と誰かは言いますが、ちょっとした楽しみって人生には必要ではないでしょうか?

「毎日、つまらない」をチェンジする5つの方法!

時間と仕事に追われて1日が過ぎていく(写真:iStock)
時間と仕事に追われて1日が過ぎていく (写真:iStock)

 テレビ番組も毎日似たような感じだし、オリンピックも近いけれど景気はいまいち。明日のワクワク感もない……。それどころかなんとなく、明日の予想がついてしまう。そんな毎日はつまらないでしょう。そこで、繰り返しの日々を楽しい毎日にチェンジしたい時に振り返ってみたい5つのことをシェアしましょう。

1. 仕事に不満はないか

 自分の仕事に対しての認識と向き合ってみることも、大事なこと。仕事に不満はないか、本当に自分がやりたいことなのかをもう一度考え直してみましょう。実は、今の仕事を続けている中で、自分の方向性が変わっていることってあるかもしれません。

 仕事をその日のうちにやめることは困難かもしれませんが、自分がしたい仕事をしっかりと認識することが大切なのです。「ゆくゆくは異業種に転換したい」など、自分の願望を実現できるように計画を練ってみると、退屈な日々から脱却できるはずですよ。

2. 人のために尽くす

「私のために何もしてくれない」と寂しさやストレスを感じることもあるでしょう。でも、意外にも“満たされない虚しさ”は、人のために尽くすことで解決される場合があるのです。もちろん、相手もあなたに対して、プラスの感情を抱くことになるでしょう。

 自分のためだけに動こうと思っても、限界があるのが人というもの。どこか満たされない気持ちがある人ほど、誰かのために喜ぶことを計画してみるといいかもしれません。人のためと動いているうちに、自分が知らないような新しい世界を見ることができるはずですよ。

考え方ひとつで世界が一変して見えることも

ちょっとだけ考え方を変えてみる(写真:iStock)
ちょっとだけ考え方を変えてみる (写真:iStock)

3. さまざまな視点を持つこと

 ある一つの考え方に固執してしまうと、違った見方を拒むのが人というものでしょう。でも、いつもと違った考え方ができると、これまで感じていた生きにくさに別れを告げられるはず。たとえば「あの上司がムカつく」と考えるのではなく、「あの人がいるからこそ、休日が余計に楽しみに感じる」など、いつもと違った考え方をたくさん用意しておくと良いです。

 さまざまな視点を持てる人は、さまざまな人間性を持つ人と交流することができます。人間関係がうまくいくと、世界が一変して見えることが多くあります。「恋人ができたら、毎日がすごく楽しい」と思う人は、多くいるでしょう。このように、自分に関わる人は大きな力を持っているのです。そうすることで、人間関係のトラブルに見舞われることも少なくなるはずです。

4. 新しいことに挑戦する

 新しいことには、どんどん挑戦するようにしましょう。「できないかもしれない」という恐怖より、「できる」と言えるような自信を持つことが大事になります。

 もちろん、あれこれと不安を感じることもあるでしょう。でも、その前にまずは第一歩を踏み出すことが肝心。安定した毎日の中では恥をかくことも少ないでしょうが、つまらない毎日だと感じやすい理由になっているのも現実です。挫折したり悩んだり、できないことができるようになったりすることがあるからこそ、毎日が楽しく感じることもあるんです。

5. ネガティブな言葉を口にしない

 毎日がつまらないと感じる人は、物事の捉え方がネガティブな傾向があります。愚痴や悪口を自分では言わないように心掛けている人も多いでしょうが、人からも聞かないという意志を持つことも必要です。できるだけ、ネガティブな言葉を口にしないようにしましょう。

 たとえば、仕事終わりに「仕事が疲れた」と感じるのか、「今日もやり切った」と言う達成感を感じるかでは、仕事への認識に随分と違いがあります。なるべく自分を褒めるなど、毎日を楽しく感じられるような認識の癖をつけるといいでしょう。

毎日がつまらないのは自分のせいかも

自分と向き合う時間を大切にして(写真:iStock)
自分と向き合う時間を大切にして (写真:iStock)

 毎日がつまらないと感じる人は、その原因を見つけ出すことが解決の要になります。毎日がつまらないと思うことを当たり前のこととせずに、どうしたら自分が生きやすい毎日になるのかを模索することが大切でしょう。捉え方一つでいくらでも世界は変わるもの。自分の本音と向き合ってその希望を実現しようと動くことで、少しずつ楽しい毎日へと生まれ変わるかもしれませんよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...