セックス依存症男の浮気疑惑…成りすましLINEで真実を暴く!

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-02-07 16:33
投稿日:2020-01-24 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器。同棲から1年が経ち、ついに(!)スケコマシの本性を見せ始めたひろしとわたしの攻防戦です。

人間のオナゴのつらみ

欠かさず常備です♡(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
欠かさず常備です♡ (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

【vol.42】

 一夫多妻制を採っている宗教でも、教典には「汝がそれぞれを平等に愛することができるなら」という注釈がついたうえでの一夫多妻制です。

 その注釈はしばしば無視されることも多いのですが、平等に愛するというのは、ひとりの妻にプレゼントを買うのであれば、同じ金額で同じ価値のものを与えるべき、というところから、セックスの回数まで平等であるべき、ということです。

 このように、みんなを“いちばん”に扱うというのは、不可能だからこそ、実は逆説的に一夫多妻制を否定しているという説もあるくらいです。

 金額の多寡で愛情を確認できるのであれば、浮気されていてもヘッチャラという人もいます。あるいは、妻という地位が守られれば。もしくは家族というチームとして機能していれば、他で好き勝手してても平気という人もいます。

 前述の「みんな一番や、全員愛している」というピカソタイプもいれば、優先順位をつけてその序列の中で女性たちを安住させている形態もあります。ただし、それで女性たちが納得していれば、問題は起こらず平和です。しかし、です。

浮気男の甘言にハマり、気づいたら閉経

どっちがハマってる?(写真:iStock)
どっちがハマってる? (写真:iStock)

 しかし多少なりとも愛があれば、独占欲と支配欲によって絶対にうまくいかないようにできているのが、人間のオナゴの辛いところです。

 結婚も子供もいらないし、相手がどこで何をしていても平気、私たちは独立して、精神的にも自立している、ほかとは違うカップルなの、というのは、もう古今東西、男に丸め込まれた美人で才覚もあって賢い女性こそがハマる沼です。サルトルとボーヴォワールが良い例です。

 わたし自身、手練手管男の甘言にハマり、気づいたら閉経という美人で賢く自立した女性をたくさん見てきました。60歳間近になり、やはり子供が欲しかったという上司や、残りの人生を一緒に過ごせるような、穏やかで私だけを愛してくれる、一対一の関係が気づけるパートナーを探すのが今年の目標である、と49歳の先輩がいいます。女性にはタイムリミットもあるので、信じられるのは言葉ではなく、行動だけです。

女とのLINE

必ず仕留める(C)コクハク
必ず仕留める (C)コクハク

 初めて午前様で帰宅したひろしが、帰宅してすぐにわたしの体を求め始めたことで、安堵と愛情が爆発したわたしは、濁った目で、膜の張った脳みそで、アルコール漬けになっていた全身で、ひろしを受け入れ、奉仕しました。しかし、ただ、唯一、鋭敏な嗅覚がとらえたのは、フレッシュな石鹸の香りでした。

 そのときは、鋭くとらえたその香りを、アルコールや悪魔たちに冒されたほかの機能が全否定したので、激しくピストンをされ、無我夢中で膣を締めて腰を振っている間に、どこか彼方に飛んでいきました。

 朝4時ごろ、おもむろに目が覚めたわたしは、少しだけしゃきっとした頭で(どれだけ飲んでも二日酔いになったことがない)、昨夜のことはどう考えても見過ごせない気がして、ひろしの携帯を見てしまいました。

 そうすると、新しい女のLINEが登録されており、そこには、

《大変! わたくしのバッグに現金が! もしかして、こちらに入れてくださいました? いただけないので、お返しします。》

 と1時ごろに連絡が来ていました。

 心臓が貫通したのかと思うほど、大きな音を立ててカラダ全体を震わしました。咄嗟に、

《そちらはタクシー代なので、とっておいてください》

そうするとすぐに既読になり、

《送っていただいたのに……! それに5万円も?》

 全身が小刻みに震え始めます。わたしは震える指で、

《酔っていたのか記憶が曖昧で、オークラで食事をした後にどこに行きましたかね?》

と打ちました。

 成りすましで核心に迫る、次回に続きます……。

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク