セックス依存症男の浮気疑惑…成りすましLINEで真実を暴く!

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-02-07 16:33
投稿日:2020-01-24 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器。同棲から1年が経ち、ついに(!)スケコマシの本性を見せ始めたひろしとわたしの攻防戦です。

人間のオナゴのつらみ

欠かさず常備です♡(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
欠かさず常備です♡ (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

【vol.42】

 一夫多妻制を採っている宗教でも、教典には「汝がそれぞれを平等に愛することができるなら」という注釈がついたうえでの一夫多妻制です。

 その注釈はしばしば無視されることも多いのですが、平等に愛するというのは、ひとりの妻にプレゼントを買うのであれば、同じ金額で同じ価値のものを与えるべき、というところから、セックスの回数まで平等であるべき、ということです。

 このように、みんなを“いちばん”に扱うというのは、不可能だからこそ、実は逆説的に一夫多妻制を否定しているという説もあるくらいです。

 金額の多寡で愛情を確認できるのであれば、浮気されていてもヘッチャラという人もいます。あるいは、妻という地位が守られれば。もしくは家族というチームとして機能していれば、他で好き勝手してても平気という人もいます。

 前述の「みんな一番や、全員愛している」というピカソタイプもいれば、優先順位をつけてその序列の中で女性たちを安住させている形態もあります。ただし、それで女性たちが納得していれば、問題は起こらず平和です。しかし、です。

浮気男の甘言にハマり、気づいたら閉経

どっちがハマってる?(写真:iStock)
どっちがハマってる? (写真:iStock)

 しかし多少なりとも愛があれば、独占欲と支配欲によって絶対にうまくいかないようにできているのが、人間のオナゴの辛いところです。

 結婚も子供もいらないし、相手がどこで何をしていても平気、私たちは独立して、精神的にも自立している、ほかとは違うカップルなの、というのは、もう古今東西、男に丸め込まれた美人で才覚もあって賢い女性こそがハマる沼です。サルトルとボーヴォワールが良い例です。

 わたし自身、手練手管男の甘言にハマり、気づいたら閉経という美人で賢く自立した女性をたくさん見てきました。60歳間近になり、やはり子供が欲しかったという上司や、残りの人生を一緒に過ごせるような、穏やかで私だけを愛してくれる、一対一の関係が気づけるパートナーを探すのが今年の目標である、と49歳の先輩がいいます。女性にはタイムリミットもあるので、信じられるのは言葉ではなく、行動だけです。

女とのLINE

必ず仕留める(C)コクハク
必ず仕留める (C)コクハク

 初めて午前様で帰宅したひろしが、帰宅してすぐにわたしの体を求め始めたことで、安堵と愛情が爆発したわたしは、濁った目で、膜の張った脳みそで、アルコール漬けになっていた全身で、ひろしを受け入れ、奉仕しました。しかし、ただ、唯一、鋭敏な嗅覚がとらえたのは、フレッシュな石鹸の香りでした。

 そのときは、鋭くとらえたその香りを、アルコールや悪魔たちに冒されたほかの機能が全否定したので、激しくピストンをされ、無我夢中で膣を締めて腰を振っている間に、どこか彼方に飛んでいきました。

 朝4時ごろ、おもむろに目が覚めたわたしは、少しだけしゃきっとした頭で(どれだけ飲んでも二日酔いになったことがない)、昨夜のことはどう考えても見過ごせない気がして、ひろしの携帯を見てしまいました。

 そうすると、新しい女のLINEが登録されており、そこには、

《大変! わたくしのバッグに現金が! もしかして、こちらに入れてくださいました? いただけないので、お返しします。》

 と1時ごろに連絡が来ていました。

 心臓が貫通したのかと思うほど、大きな音を立ててカラダ全体を震わしました。咄嗟に、

《そちらはタクシー代なので、とっておいてください》

そうするとすぐに既読になり、

《送っていただいたのに……! それに5万円も?》

 全身が小刻みに震え始めます。わたしは震える指で、

《酔っていたのか記憶が曖昧で、オークラで食事をした後にどこに行きましたかね?》

と打ちました。

 成りすましで核心に迫る、次回に続きます……。

エロコク 新着一覧


ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク