なぜ女はダメ男に惹かれる? 佐藤睦美監督インタビュー<上>

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-20 11:49
投稿日:2020-01-17 18:40
「幸せになりたいのに、いつも、ちょっとダメな男性ばかり好きになってしまう」、そんな心当たりはありませんか。なぜわたしたちは、“ダメな男性”に惹かれてしまうのか。“ダメな男性”はなぜ魅力的なのか……そこで今回は、1月18日(土)から池袋シネマ・ロサにて『佐藤睦美特集上映 ロマンス/生活』と題して公開される『ゴミのような』と『ラウンドアバウト』。恋愛と生活との間にあえぐ女性を繊細に描いたこの二作品を監督・脚本した佐藤睦美さんにお話をお聞きしました。
『ラウンドアバウト』右:みちる(田口夏帆) 左:壮介(櫻井保幸)
『ラウンドアバウト』右:みちる(田口夏帆) 左:壮介(櫻井保幸)

――無職の男性と同棲中だったり、「セックスしよう」とずかずかとつめ寄ってくる元彼を強くはね除けられなかったり、と『ゴミのような』『ラウンドアバウト』の両作品とも、いわゆる“ダメな男性”に振り回される女性が主人公ですが、なぜこの題材を選んだのでしょうか。

佐藤睦美監督(以下、佐藤) 個人的な話になるんですが、わたしは、働くのが向いていない男性を好きになることが多いんです。無職の人なんかが、結構タイプで。なぜかっていうと、こういうとちょっと語弊があるかもしれないけど、働くのってずるい部分があると思っていて。

 例えば仕事で、ちょっとした事故みたいなのがあった時に、いかに自分側のミスじゃなくするか、いかにお金を取ることにいくか、みたいなことってあるじゃないですか。嫌いな人の前で笑ったり、嘘をついたり、コントロールしたり。わたしはそれが出来ちゃうんですけど、人間としてのずるさというか、正直じゃない部分だと思うし、だからこそ、それが出来ない人のことを「かっこいいな」とか「素敵だな」って思ってるところがあるんです。

――不器用な男性に惹かれてしまうんですね。

佐藤 そう。うまく人に合わせられない人のことを、純粋だなって思っちゃうんです。けど、そういう人ってやっぱり働けないというか、ちょっとしたことで仕事を辞めてしまったり、そもそも、面接でも、志望動機なんか適当なことを言えばいいのに、「志望動機はありません」とか言い始めたりとかして、当然選ばれないんですよ。そういう人が好きなんです。

――監督自身、なかなかのダメな男性好きなわけですね。

佐藤 今って、いわゆるダメみたいに言われる男性の幅が広がってるって思います。昔ってお金を盗むとか、金遣いが荒いとか、ギャンブルにハマっていたり、女遊びするとかだったと思うんですけど、例えば『ゴミのような』に出てくる、ヒロインと同棲している一恵は、一途だし、ヒロインのことを大事に思ってるし、家事もできちゃう。

 じゃあなんで、この人がダメって言われるのっていうと、お金を稼ぐ気持ちはあるけど、稼げないってだけなんですよね。昔は働く意欲がないのがダメな男だったと思うんですけど、働けないってことだけでダメ男だっていうのは、ちょっと違うかなって。それに、こういう人と付き合いたい人もいるのかなって思うんです。

――ヒロインは一恵に「専業主夫になって欲しい」って言ってますよね。

佐藤 そう。わたし自身も結婚するなら専業主夫の男性もいいなって思ってて。子供とか産むとなっても、わたし自身、子育てをするって覚悟がまだ全然決まってないので、一緒に育てることは前提で「メインは俺が担う」って人がいれば、結婚して産むっていう選択肢を考えてもいい。

 そういうふうに、自分が稼ぐから専業主夫になってくれてもいいって思う女の人は、増えてると思うんですけど、逆にまだまだ、専業になってもいいって男性は意外と少ないんですよね。「専業主夫になってくれる人と結婚したい」って飲み屋とかでしゃべってて、「いいなぁ、俺、なりたいよ」なんて言われるけど、実際に付き合って「じゃあ、なって」っていうと「さすがにそれは世間体がさ」っていう人のほうが多いことが、どっちかっていうと問題だと思っていて。それが『ゴミのような』を作った時に考えていたことではあります。

『ゴミのような』左:美乃(小畑みなみ) 右:一恵(西留翼)
『ゴミのような』左:美乃(小畑みなみ) 右:一恵(西留翼)

――一恵自身、やっぱり働いていないことにコンプレックスがあるから、ちょっと不機嫌なんですよね。むしろ彼のダメさはそこにあると思うんですが、かといって彼女への負い目だとか、罪悪感だとか、自分への苛立ちで機嫌がよく出来ないのもわかる。

佐藤 そう。お金を稼ぐとか、家事とかって、それぞれ、やりたい方、得意な方がやればいいじゃんって思うんです。

 男女平等でどうっていうんじゃなく、恋愛や家族は個人的なことでしかないから、自分たちで意志を持って決めていくしかない。作品中でも、ヒロインは「働くのが向いてないなら、わたしが働くから、あなたは家のことをしていればいいんじゃない」って言ってるんですが、けど、なぜか一恵のほうは、不機嫌になることで優位に立とうする。

 あそこで一恵は、完全にダメ男になっちゃったなっていうのはあると思います。

――仕事で帰ってきて、家に不機嫌な無職の人がいるって、まぁ想像するとしんどい状況ですよね。けれど、このご時世、誰でも無職になる可能性はあって。自分が仕事をしている状態で、無職の男性と付き合う時に、気を付けるべきことって何かありますか?

佐藤 気を付けること、うーん……あんまり気にしないってことですよね。向こうの生活がどうだろうと、例えお金がゼロになろうと、それって自分に関係あることじゃなくて。勝手に生活してくれって。 

 でも、一緒に生活したいって自分が思うんだったら、やむを得ないので出すしかないと思う。その場合は、家のことをある程度はやって欲しいですけどね。ただ、無職の人と付き合っていた時、彼はわたしのほうが忙しくしてると、余計にへこんじゃってましたよね。かといって、働くのに向いていない男性が仕事をしていても、やっぱりイライラしたり、へこんで帰ってきたりする。

 時々なら仕方ないのですが、だんだん激しくなってきたりすると、相手の気分に自分が惑わされてしまうんです。相手の気分が悪いことが自分に影響する。だったらいっそ、軽い仕事にして気分よくいてくれたほうがいい。専業主夫ってものをやれる人じゃない限りは、お互いに働いていたほうが上手くいくし、だから、どんな人でもやれるような仕事、単純作業の仕事が消えないで欲しいです。

 佐藤睦美(さとう むつみ)

 1986年宮城県生まれ東京都在住。2016年よりニューシネマワークショップにて映画制作を学び、在学中に撮影した「ゴミのような」が2018年福岡インディペンデント映画祭にて優秀作品に選ばれる。卒業後、働きながら「ラウンドアバウト」を撮影。現在は、初の長編作品撮影に向けて準備中。

【新人映画監督特集vol.5 “佐藤睦美監督特集上映「ロマンス/生活」”】

予告編


●上映作品
『ゴミのような』 2017年 | 日本 | 28分 | カラー | DCP
美乃は、優しく尊敬できる存在だが無職の恋人・一恵と同棲中。仕事をしながら家事もこなし、一恵を支えようとする美乃。しかし
一恵は日々卑屈になっていった。日常の中で小さく傷つけ合い、すれ違っていく2人。
出演:小畑みなみ 西留翼 賀津塔 櫻井保幸 鳥羽優好 柳原光貴
監督/脚本:佐藤睦美 プロデューサー:高橋正樹 撮影:岩本真 録音:宍戸絹代 助監督:長谷川雄規 美術:宍戸絹代、チルカ
サトシ 制作:青山孝 主題歌「ごみのような」作曲/演奏:高橋正樹 製作:ニューシネマワークショップ

『ラウンドアバウト』 2019年 | 日本 | 39分 | カラー | DCP
夢だった飲食店に就職したが、過酷な環境だったため退職したみちる。母親から安定した仕事を探すよう言われているが、内緒で
再び飲食店で働いていた。葛藤するみちるのもとに、元恋人の壮介が現れて―。
出演:田口夏帆 櫻井保幸 岩松れい子 小畑みなみ 松岡真吾
監督/脚本:佐藤睦美 プロデューサー:高橋正樹 撮影:川崎誠 録音:芦澤麻有子、藤本匠 助監督:松隆祐也 制作:坂入
亞津然 撮影助手:岩本真 録音助手:森健一 テーマソング「fraction」作詞/作曲/演奏:タカハシナミ タイトルデザイン:
広谷紗野夏 製作:ニューシネマワークショップ

●チケット情報
前売り券:1,300円(税込)
当日:1,500円
リピーター割引:「佐藤睦美監督特集上映」の半券ご提示で一般1000円

●上映劇場:池袋シネマ・ロサ

●上映期間:2020年1.18(土)~1.24(金)1週間限定ロードショー
Twitter:https://twitter.com/satogumi_eiga
Instagram:https://www.instagram.com/satogumi.eiga/

エンタメ 新着一覧


椎名桔平&山寺宏一 50代2人の熱愛が比較されてしまうナゼ
「何とも言えないタイミングでの、熱愛発覚となってしまいましたよね」と苦笑いするのは、スポーツ紙芸能担当デスク。俳優の椎名...
2021-06-23 17:03 エンタメ
岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展
 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。  岡田...
2021-06-23 17:03 エンタメ
堀ちえみさんを159回中傷 きっかけはスチュワーデス物語?
「私はドジでのろまな亀です」「教官!」「やるっきゃない」――。数々の名ゼリフが飛び出し、平均視聴率は約20%、最高視聴率...
2021-06-23 17:03 エンタメ
Koki,を襲う…本当にあった「撮影現場ホラーエピソード」
 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、映画初出演&初主演でスクリーンデビューする。K...
2021-06-23 17:03 エンタメ
「シェフは名探偵」新鮮な“ヒューマン・グルメミステリー”
【テレビ 見るべきものは!!】  西島秀俊主演「シェフは名探偵」(テレビ東京系)が始まった。料理する西島といえば、「き...
2021-06-23 17:03 エンタメ
駒沢公園で山口洋子の車椅子を押す野口修…晩年の老老介護
【芸能界と格闘技界 その深淵】#15  拙著「沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)の著...
2021-06-23 17:03 エンタメ
おいでやす小田 奇跡のブレーク引き寄せた強運と糟糠の妻
 昨年末の「M-1グランプリ2020」で準優勝したピン芸人のおいでやす小田(42)とこがけん(42)のユニット「おいでや...
2021-06-23 17:03 エンタメ
松本人志「視聴率ツイート」でテレビ業界再編の可能性も?
 ダウンタウンの松本人志(57)が「視聴率」に一石を投じた。  発端は6月12日に放送された「キングオブコントの会」(...
2021-06-23 17:03 エンタメ
原田龍二の新たな商品価値 不倫謝罪会見の危機管理が結実
 俳優の原田龍二(50)と妻の愛さん(48)が18日、都内で、大麦若葉の新CM発表会見に登場した。  会場は、2年前に...
2021-06-22 17:03 エンタメ
Koki, 女優デビューはホラー映画 静香ママ“さすが”の慧眼
「さすが工藤静香ママとしか言いようがない」とスポーツ紙芸能担当デスクはうなっていた。  工藤と木村拓哉の次女Koki,...
2021-06-22 17:03 エンタメ
キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗
 木村拓哉(48)の海外ドラマ「THE SWARM」(来年世界同時放送、配信予定)への出演が発表された。国内では日本テレ...
2021-06-22 17:03 エンタメ
下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由
【芸能界と格闘技界 その深淵】#14  野口修はこのとき34歳、働き盛りの敏腕プロモーターである。日大芸術学部卒、剛柔...
2021-06-22 17:03 エンタメ
「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合
7月から「Season9」スタート  金曜の深夜にあの禁断のドラマが戻ってくる。俳優・松重豊(58)が主演の人気グルメ...
2021-06-22 17:03 エンタメ
復興ふるさと大使の岩手県山田町で聖火リレーしてきました
【山田邦子 人生いろいろ】#58  岩手県山田町で聖火リレーしてきました。コロナ禍の中、賛否両論あるけれど結論はやって...
2021-06-22 17:03 エンタメ
仲里依紗YouTubeで別格の存在感!つい真似したくなるワケ
「仲さんの『ヤッホー、皆さんこんにちはぁ』という、あの身振り手振り付きの最初の挨拶、自分の動画でも、つい真似したくなっち...
2021-06-22 17:03 エンタメ
山中秀樹さんの泥酔事件 夜のニュースでろれつが回らず…
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  山中秀樹さん(フリーアナウンサー/62歳)  元フジテレビのアナウンサーで現在...
2021-06-21 17:03 エンタメ