私の彼氏はダメ男? 特徴に気づいた時に考えるべきこと3つ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-03 06:00
投稿日:2019-08-03 06:00
 付き合っている彼氏の「ダメ男」ぶりに気づいても、「もしかしたら変わってくれるかも?」「こんな良い所もあるし」なんて、ズルズルと付き合ってしまう……そんな女性は多いはず。
 でも、ダメ男かも?と思った時が、あなたにとっての大きなターニングポイントかもしれませんよ。

世間的に「ダメ男」と言われる男性の特徴!

平等でいられない関係なんて…(写真:iStock)
平等でいられない関係なんて… (写真:iStock)

「ダメ男」と判断する基準は、女性によってさまざま。まずは、世間的に「ダメ男」と言われる男性の特徴をチェックしていきましょう。
(注:浮気症、DVのようなどうしようもないダメ男はここでは省きます)

短気で子どもっぽい

 自分に不都合なことや気に入らないことがあると、急に怒り出す短気な男性はダメ男の典型パターン。自分の感情を抑えることができないのは、オトナの体をした子ども。「少年の心を持っている」なんて勘違いしてはいけません。

 女性から惚れてしまっている相手がこういった短気な男性だと、女性はだんだんと萎縮して自分の気持ちを隠して反応を伺ってしまう傾向にあります。お付き合いをする上で平等とは程遠く、苦労すること間違いありません。

平気で嘘をつく

 大小構わず平気で嘘をつく男性も、ダメ男と言えるでしょう。これは何も「浮気」など、バレた時に女性を傷つける嘘だけのことではありません。

「今度◯◯に連れて行くね」「将来◯◯になる」なんて、口だけの約束をするのも、言ってみれば嘘つきの1つだと思うのです。有言実行をしない、いつまで経っても口先だけで夢を見させる、そんな男性といて喜べるあなたも、ファンタジーの世界の住人なのかもしれません。

仕事をしっかりしない

 仕事をしっかりしない男性は、基本的に何に対しても責任感がない男性であることが多いです。女性とのお付き合いはもちろん、交友関係も適当。

 結婚して家庭を持つ時に心をあらためて真面目に働き始める、というタイプの男性も稀にいますが、もともとの怠惰さ、適当さにより、転職を繰り返すような男性もいます。一概には言えませんが、充実感を持って仕事に取り組んでいる男性を選んだ方が、安定した未来を望みやすいと思います。

お金遣いが荒い男性には迷わず“ダメ男認定”(写真:iStock)
お金遣いが荒い男性には迷わず“ダメ男認定” (写真:iStock)

同性の友達がいない

 どんなに女性にモテていても同性からの評判はすこぶる悪い、これもダメ男の特徴でしょう。女性が女性に厳しいように、男性も男性に厳しい視点を持っているもの。同性の友達がいない男性は、一緒にいてもつまらないと思われていたり、誠実ではないと思われている高いです。

 これを見分けるのは、簡単。仕事帰りに同僚と飲みに行ったり、友人と遊びに行ったりしているかどうかをチェックしましょう。同性と良い関係をきちんと結べる男性は、信頼に値する男性だと考えて良いと思います。

お金遣いが荒い

「ダメ男」とお金遣いの荒さは、切っても切り離せないものかもしれません。基本的にダメ男は、貯金が少ないです。ギャンブルやキャバクラ、ブランド品の購入など、自分の欲を満たすためにお金を使う男性には要注意。

 しかも、この手のダメ男は他人にはお金を使わないという傾向があります。付き合うまではあなたにお金をかけてくれたのに、手に入れたと同時に割り勘をするようになった、そんな兆候が見えたら迷わず“ダメ男認定”を行うべきです。

程良い距離感を保てない

 お付き合いをすると過度に束縛をしてくる、もしくは放置をしてくる、そんな男性もあまりいい男とは言えません。人と付き合う上で程良い距離感を保つことは、いい男というより、人として大切なこと。

 たとえあなたが忙しい時にも、自分の「会いたい」という気持ちを無理に通そうとしたり、逆にそばにいてほしいと感じた時に「忙しい」の一点張りで、あなたの気持ちを考えてくれない、そんな男性は自分本位な関係しか望んでいない可能性も。気持ち良い距離感だと感じられるかどうかも、ダメ男を見極めるポイントでしょう。

私の彼氏は「ダメ男」かも!?気づいた時に考えるべきこと

自分に何点をつけますか?(写真:iStock)
自分に何点をつけますか? (写真:iStock)

 もしも、上記の項目と彼氏を見比べた時に「当てはまる!」と感じたら? あなたは、今こそ考える時期に来ているかもしれません。

今のあなたは、自分に何点をつけますか?

 10代の頃、浮気症・お金なし・嘘つき、のような、いわゆる「ダメ男」と付き合っていた私。精神的にも肉体的にもボロボロ状態。そんな時、年上の友人から「今の自分は何点?」と、聞かれました。私は「15点」と答えたところ、その友人はざっくり「じゃあ、その男も15点ってことよ。やめておけば」と。

 浮気症だとしても惚れた男性に15点という点数をつけられて、少なからず面白くなかった私ですが、でも、今だったらよく分かります。「まずは、高得点をつけられる自分になりなさい」ということだったんだな、って。

満足している時に出会った男性はあなたにとっての「いい男」

 つまり友人は、「15点の女に寄ってくるのは15点の男。それくらいのものだから、未練がましく留まらずに捨ててしまえば良い」と、手厳しく愛を持って言ってくれていたんですね。

 それから紆余曲折ありましたが、少しずつ現状を把握して、自分なりに頑張り、自分を好きになり、なんとなくの自信を持てた時。つまりは、割と満足している時に出会った男性は、少なからず(私にとっての)いい男だった気がします。

落ちていくか、現状維持か、上がっていくかを決めるのは自分自身

 でも、このことをふと大人になった今、考えるんです。「じゃあ、自分を高めて80点になった時、80点でも100点を目指したいのか、80点で満足するのかによっても違うのかな」と。要は、自分がどこを目指すのか。「落ちていくか、現状維持か、上がっていくか」を決めるのは自分自身だということ。お付き合いする男性は、自分を映す鏡のようなものかもしれません。

 でも、落ちていく男性を引き上げられるように、常に130点でいる!(30点で相手との距離を埋めよう!)と決めて関係を続けるのも、それはそれでありかもしれません。

ダメ男?と思った時がターニングポイント! ステップアップした時

もしかしてステップアップのチャンス!?(写真:iStock)
もしかしてステップアップのチャンス!? (写真:iStock)

 恋愛に没頭している時には、対象となる男性はみんな「いい男」。それで良いのです。その状態がいつまでも続くのであれば、お付き合いする上で「落ちていく、現状維持、上がっていく」のバランスが良い相手なのでしょう。

 でも、「あれ、もしかしてダメ男?」という疑問は、突然やってきます。そう思う時、それはあなた自身の点数が少し上がった時、つまり、ステップアップの時であるとも思うのです。

 過去の自分の点数に見合う男性とズルズル付き合うも良し、より今の自分に見合う人を探すも良し、それはあなたが決めるだけ。そう思うと、恋愛って自分を見つめるきっかけになるのかも。面白いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ