なぜ女はダメ男に惹かれる? 佐藤睦美監督インタビュー<下>

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-20 11:58
投稿日:2020-01-20 06:00
 1月18日(土)から24日(金)まで池袋シネマ・ロサにて『佐藤睦美監督特別上映 ロマンス/生活』と題して公開される映画『ゴミのような』『ラウンドアバウト』。恋愛と生活との間にあえぐ女性を繊細に描いた、この二作品を監督・脚本した佐藤睦美さんのインタビュー、後編です。
『ラウンドアバウト』より みちる(田口夏帆)
『ラウンドアバウト』より みちる(田口夏帆)

――わたしは今年、42歳になるんですが、ちょっと上のバブル世代の影響もあって、いまは割り勘が当然なのはわかっているけれど、最初のデートから完全に割り勘だと「あっ、そっち派なのね」って思うし、なんならいまだ「付き合ってからじゃないとセックスはしない」っていう女友達もいます。監督はいま33歳ということですが、その世代の恋愛観はどうなのでしょうか。

佐藤睦美監督(佐藤) わたし、逆ナンをよくしていたんで、一般的な恋愛の価値観をもってるかは微妙なところがあるんですが……。

――逆ナン! いったいそれは、どういった目的で。

佐藤 セックスをしたいっていうのと(笑)、あとタイプの人ってなかなかいないじゃないですか。「あっ、やってもいいな」って思う人ってそうはいない。だから見かけたら声を掛けちゃいたいなって。もともと、好きな人には「好き~!」、例え振られてもなお「好き~!」ってぐいぐい行くタイプだったのもあって、性的な欲求が増えてくるタイミング……周期があったんですけど、そういう時には逆ナンをよくしてました。

――いわゆる肉食女子ですね。

佐藤 完全に肉食です。なので、一般的ではないかもしれないんですが、世代でいうと、おごるとかおごられるとかって、わたしの世代はあまりないんじゃないかって思っていて。そんなにお金持ちの男性と出会うことってないですし、同級生とかも、男性も女性も金銭感覚はさほど変わらない。もちろん男女の賃金格差はまだあるのは確かなんですが、一方で、わたしの友達カップルなんかと見ると、女性側のほうが稼いでいる場合も多くて、男の人のほうが繊細だったり、お金が稼げなかったりっていうパターンも普通によくあるかなって思ってます。

『ゴミのような』より 右:美乃(小畑みなみ) 左:一恵(西留翼)
『ゴミのような』より 右:美乃(小畑みなみ) 左:一恵(西留翼)

――『ゴミのような』のヒロイン・美乃の恋人の一恵は無職、一方で『ラウンドアバウト』のヒロインのみちるにまとわりついてくる壮介は、真剣に付き合うつもりもないくせに「セックスしよう」なんて軽く言ってきますが、こういう男性についてどう思いますか。

佐藤 『ゴミのような』の一恵はちょっと古い考え方の男の人かなって思ってて。男が稼いで、彼女を楽にさせてあげたいって考えているけど、彼自身は社会に馴染めない。体育会系の「営業で一番を取るぞ!」とかの男ノリが出来なくて、就職の面接で「何がビジョンとしてあるの?」って言われても、「ないなぁ……好きな人と幸せに暮らせればいいだけだなぁ……」みたいな。そういうタイプの男の人って、就職ではあまり選ばれないと思うんです。

一方で、『ラウンドアバウト』の壮介は、そこまで自分を卑下はしてないけど、自虐っぽい感じはあるなって思っていて。自分で自分を面白がらないとやっていけないし、自分が保てない。女性が「わたし結婚できない、腐女子、モテない~」っていうのと同じノリで「俺、働けない~、紐みたいな感じ~」っていう。そういう意味で壮介は逞しいけど、繊細であるという意味では、一恵と一緒かなって思います。

――壮介は実際にいたら、すごくモテるタイプだろうなって思いますが、一方で明らかに好きなってしまったら厄介な相手だと思うんです。絶対に浮気しそうですし。そういうことを全部理解しているにも関わらす、壮介みたいな人たらしタイプの男性を好きになってしまう女性には、どういう共通点があると思いますか?

佐藤 人に対しての好奇心が強い人じゃないですかね。「この人、本当のこと言ってるのかな、それとも嘘かな。本当だったら嬉しいな」みたいなことを楽しめちゃう人。

――不安定さを楽しめちゃう人ですね。

佐藤 あと「ちょっと変わった人が好き」っていう女性。わたしの女友達でも、普通の男性にはまったく惹かれないって子がいて、「男性としゃべってる時に、『何部だったの?』って聞いたら『野球部』、『趣味は?』って聞いたら『映画』とか、一問一答で帰ってきて無理だった」って言ってたんですけど、普通の人って、そんなもんじゃないって思うんです。けど、それが彼女は嫌。でもそこで変わったことをいってくる人って、変な人で、その分、社会に馴染めない人が多いんじゃないかなとも思うんですよね。社会に馴染めないから、お金が稼げなかったり、何かに溺れちゃっていたりする。

――「変わった人」はやっぱり変わってる分、当然、付き合うのに苦労しますよね。

佐藤 しかも、そういう恋人についてって、女友達にあんまり相談できないじゃないですか。相談したところで、どうせ否定されるから。わたしも、実際過去に、そういう男性とお付き合いしていた時はあんまり相談しなかったですね。ネタ的にはいえるけど、本気に悩んでることは相談できなかった。

あとは真面目な人が多いと思うんです。真面目だから、きちんと向き合っちゃう。一回くらいやった男の将来の心配したりして、端からすると「そんなのどうでもよくない?」って思うんですけど(笑)。

 なので、意外と承認欲求が強い人とか、メンヘラがダメな男と付き合うっていうよりも、いろんなことに興味を持っちゃうタイプの女の人が「この人、なに!?」って、思ってハマっちゃうことが多いんじゃないかなってわたしは思うんです。ちゃんと自分の生活を確立できている分、経済力をある人を求めなくていいし……とにかく「面白い人が好き」って本当に危険なワードだなって思ってますね。

――ああ、痛いほどわかります。しかもハマってしまうと、なかなか別れられなくて。あれってどうしてなんでしょう。それこそ、映画へのコメントで、漫画家のドルショック竹下さんが「彼を突き放せないわたし」って表現していて「これ!」と思いましたが。

佐藤 わたしが突き離せないのは、コミュニケーションを諦めたくないっていうのがあるからですね。相手を変えられるとは思ってないけど、いつか伝わるんじゃないかって。「この人は、もう無理」って思いたくないんです。「この人はわたしがいないとダメ」とは思ってないし「わたしにこの人がいないとダメ」っていうのではなく、ただただ、わたし自身が諦めたくない。

――なるほど。人との関係を投げ出したくない、ギブアップしたくないっていうのはよくわかります。

佐藤 あとはまぁ、ダメな人ほど繊細な気持ちを持っているので、女心のポイントを押さえてくるっていうのもありますけどね。色気ですよね。それに、ダメ男なほど、真剣に言ってくれてるような気もしちゃう。いわゆるちゃんとした人、仕事ができる人だと、何を言われても「ちゃんとしてるな」って思うけど、不器用な人だと「それ、本心だよね」って。

――そうした男性と付き合って別れた後って、恨みや後悔が残りがちですが、どうしたら別れた後も憎まずに済むのでしょう。

佐藤 結果、ダメで別れることになっても、100パー向こうが悪いとかはあまりないですよね。それに、離れる、離れないっていうのは、自分で決めること。セックスもそうで、すごい好きっていうわけでもない人と、すっきりするためにやるってことがあってもいいと思うし、セックスをする時に、そんなに相手のことを思い詰めて好きではなくてもいい。ダメな人を選んだことも「選んじゃった」って思う必要もない。自分で決めてやりたかったことをして、それで自分が何か救われたり、感情が動いたんだったら、結果はどうであれ、そこを肯定すればいいじゃんって思ってます。

――確かに、毎度、終わった恋を否定するのではなく、前向きに肯定していったほうが次の恋に進む勇気も出そうです。今日は楽しいお話、どうもありがとうございました!

佐藤睦美(さとう むつみ)
1986年宮城県生まれ東京都在住。2016年よりニューシネマワークショップにて映画制作を学び、在学中に撮影した「ゴミのような」が2018年福岡インディペンデント映画祭にて優秀作品に選ばれる。卒業後、働きながら「ラウンドアバウト」を撮影。現在は、初の長編作品撮影に向けて準備中。

【新人映画監督特集vol.5 “佐藤睦美監督特集上映「ロマンス/生活」”】

 

予告編

●上映作品
『ゴミのような』 2017年 | 日本 | 28分 | カラー | DCP
美乃は、優しく尊敬できる存在だが無職の恋人・一恵と同棲中。仕事をしながら家事もこなし、一恵を支えようとする美乃。しかし
一恵は日々卑屈になっていった。日常の中で小さく傷つけ合い、すれ違っていく2人。
出演:小畑みなみ 西留翼 賀津塔 櫻井保幸 鳥羽優好 柳原光貴
監督/脚本:佐藤睦美 プロデューサー:高橋正樹 撮影:岩本真 録音:宍戸絹代 助監督:長谷川雄規 美術:宍戸絹代、チルカ
サトシ 制作:青山孝 主題歌「ごみのような」作曲/演奏:高橋正樹 製作:ニューシネマワークショップ

『ラウンドアバウト』 2019年 | 日本 | 39分 | カラー | DCP
夢だった飲食店に就職したが、過酷な環境だったため退職したみちる。母親から安定した仕事を探すよう言われているが、内緒で
再び飲食店で働いていた。葛藤するみちるのもとに、元恋人の壮介が現れて―。
出演:田口夏帆 櫻井保幸 岩松れい子 小畑みなみ 松岡真吾
監督/脚本:佐藤睦美 プロデューサー:高橋正樹 撮影:川崎誠 録音:芦澤麻有子、藤本匠 助監督:松隆祐也 制作:坂入
亞津然 撮影助手:岩本真 録音助手:森健一 テーマソング「fraction」作詞/作曲/演奏:タカハシナミ タイトルデザイン:
広谷紗野夏 製作:ニューシネマワークショップ

●チケット情報
前売り券:1,300円(税込)
当日:1,500円
リピーター割引:「佐藤睦美監督特集上映」の半券ご提示で一般1000円

●上映劇場:池袋シネマ・ロサ

●上映期間:2020年1.18(土)~1.24(金)1週間限定ロードショー
Twitter:https://twitter.com/satogumi_eiga
Instagram:https://www.instagram.com/satogumi.eiga/

エンタメ 新着一覧


中森明菜「ザ・ベストテン」1位獲得回・曲数以外の大記録
 中森明菜(55)が残した知られざる偉業とは――。1月24日、昭和の人気音楽番組「ザ・ベストテン」(TBS系)がCS・T...
2021-01-26 17:23 エンタメ
松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”
 昨年末活動を休止した嵐の松本潤(37)が2023年放映予定のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主役の徳川家康を演じるこ...
2021-01-26 17:03 エンタメ
桑子真帆アナ“セフレ9年”報道に目くじら立てる男は古い?
 写真週刊誌「FLASH」(2月2日号)が、NHKの桑子真帆アナ(33)と〈セフレ9年 男性が自嘲告白〉などと報じたが、...
2021-01-26 17:03 エンタメ
いま高座にかけてる噺は古今亭志ん朝師匠の持ちネタが多い
【春風亭一朝 大いに語る】#6  1982年12月、一朝の真打ち披露興行に師匠の柳朝は病気療養中で出られなかったが、代...
2021-01-26 17:03 エンタメ
日テレ“感染者ZERO”を継続中!他局が舌巻く完全コロナ対策
 日本テレビが勢いづいている。新型コロナウイルス騒動のさなか、年末年始に同局が中継もしくは制作を担当した特番の関係者の感...
2021-01-26 17:23 エンタメ
爆笑問題・田中裕二くんは可愛らしく見えるけど堂々の56歳
【山田邦子 人生いろいろ】#38  週11本のレギュラー番組を持つ売れっ子爆笑問題・田中裕二くん(56)が前大脳動脈解...
2021-01-26 17:03 エンタメ
東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった
【芸能記者稼業 血風録】#116  ジャニーズのルーツ編(13)   ◇  ◇  ◇  ジャニーズ事務所副社長時代...
2021-01-26 17:23 エンタメ
初代バチェロレッテ福田萌子にオファー殺到 人気の理由は
「誰も好きになれなかった……」という衝撃のサプライズ発言からはや2カ月あまり。日が経つにつれ、人気急上昇中なのが、昨年「...
2021-01-26 17:03 エンタメ
「約ネバ」「ゆるキャン」“見て損しない”21年冬アニメ4選
【SALLiA「トレンドなるままに」】  新年を迎えて冬の新アニメが続々と始まった。21年1月期は人気作の続編や二期の...
2021-01-26 17:03 エンタメ
南正人さんに「このままでは店が潰れる」と言った
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#30  日本オリジナルのフォーク、ロックの道筋を切り開いたシンガー・ソングラ...
2021-01-25 17:03 エンタメ
菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか
 25日放送の「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京=月曜夜10時)で、今期の地上波GP帯連続ドラマが出揃...
2021-01-25 17:13 エンタメ
Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か
 2月5日に18歳の誕生日を迎える木村拓哉(45)の次女・Koki,の動向に再び注目が集まっている。  さまざまな可能...
2021-01-25 17:13 エンタメ
生田斗真「書けないッ!?」はリアル?現役脚本家はニヤニヤ
「なかなかいいところをついているなって、ついニヤニヤしながら見ちゃいましたね」――そう話すのは、都内に住む脚本家の徹さん...
2021-01-24 17:03 エンタメ
NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?
 1月にスタートした連続ドラマ「その女、ジルバ」(フジテレビ系)に注目している。  原作は第23回手塚治虫文化賞マンガ...
2021-01-24 17:03 エンタメ
報ステに挑むWBS 「美脚の徳永vsマスク大江」対決の注目度
 テレビ朝日系「報道ステーション」に意外なライバルが現れた。独自路線をひた走るテレビ東京が4月から報道番組「ワールドビジ...
2021-01-27 08:53 エンタメ
輝きはなくても 違和感の光を放つ宮下草薙は「トルコ石」
【今週グサッときた名言珍言】 「最近、ふと思うんですけど、僕、こんな声大きかったかなって」(宮下草薙・草薙航基/フジテ...
2021-01-24 17:03 エンタメ