やることがない休日…ちょっと変わったお家デートプラン8選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-03 05:14
投稿日:2020-02-01 06:00
 寒い冬に外出するのは、たとえ彼とのデートでもしんどい。そんなインドア女子のために、「彼と家でできるデート」をちょっとひねって考えてみました。
 Netflixで映画鑑賞? ノンノン、そんな当たり前のことは書きませんよ。もう本当にやることがない! そんな時に試してみてください。

さむーい日は家で楽しむのが一番!

お取り寄せグルメで乾杯♡(写真:iStock)
お取り寄せグルメで乾杯♡ (写真:iStock)

1:お取り寄せグルメ品評会

 Amazonなどを利用して、お互いに決めた予算の中で相手が好きそうなグルメをプレゼンするのはどうでしょう。料理が苦手な人でも、彼と一緒においしくおうちご飯を楽しむこともできますし、エンタメ性も出るのでおすすめです。

 一緒にお互いの地元の地酒を取り寄せておけば飲み会も楽しめますね。そのまま酔っぱらって、夜はいちゃいちゃラブラブしてください。

2:あえてクソゲーを買って遊ぶ

 一日で飽きるだろうな、というゲームを、中古ショップでお互いに選んでやってみるのはどうでしょう。もちろん、本当にすぐに飽きるので予算は低めで。500〜1000円くらいなら、その日だけ楽しめれば十分と思えるのではないでしょうか。

 プレステ1,2時代のゲームなら、BOOKOFFで300円前後で買えるものがあります。Nintendo Switchなどをお持ちなら、安いダウンロードコンテンツを楽しむのもいいですね。週末のうち1日くらいはこれで潰れます。

3:一緒に選んだ本をペア読書する

 本屋さんまで歩いて、気になる本や売れている本を2冊買う。そして、よーいドンで読み始め、終わったら本について語り合う「ペア読書」も暇すぎる休日にはおすすめ。

 映画館デートの本バージョンと思えば、むしろ安上がりでいいです。本の感想はけっこう人間性が出るので、新しいお互いの一面も発見できるかも。

4:「キスマイBUSAIKU」でダメ出し大会

 人気バラエティー番組の「キスマイBUSAIKU」はカップルでダメ出ししながら見るとお互いの理解度が高まります。

 毎回さまざまなシチュエーションで誰が一番女性をキュンとさせるかを競うコーナーで、彼女が一番喜ぶのはどれかを彼に予想してもらうのです。

 当たっていれば嬉しいですし、違うなら違うで「私はこういうことされたいの!」と主張することができるので、彼もあなたの好みを学習してくれるかも。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ