そのバツあり男性は大丈夫? 見極める3つのチェックポイント

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-26 15:55
投稿日:2020-02-01 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。3組に1組が離婚するといいます。根拠は、1年間の離婚数を婚姻数で割ったもので、2018年のデータで計算すると35%。結婚したカップルを追跡して、離婚の数を調べているわけではなく、正確な意味での離婚率ではありませんが、それでもかなりのカップルが離婚していることは分かるでしょう。
 離婚した男性のうち、2人に1人は再婚するといわれますから、女性がバツ男さんと出会う可能性は高い。どんな男性とであれ、交際すれば、結婚が視野に入ります。そこで今回は、目の前のバツ男さんが、結婚に向くかどうか。見極めるコツを紹介しましょう。

1. 人の心に土足で踏み込む覚悟がいる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「言いにくそうだから、突っ込むのはやめておこうかな」

 オトナ女子は、相手を気遣ってそう考えます。もちろん病気などで思うように動けない相手を思ってするサポートなどはともかく、行き過ぎた気配りや忖度は失敗の元。その典型が、別れた理由を言いたがらないケースです。

 ハッキリ言って、将来を共にしようと少しでも考えるなら、この場面での気遣いは無用。しっかりと何故離婚したのか聞いてみましょう。相手が話を濁したり、嫌がったりすれば、原因は彼にあるかもしれません。

 筆者は、探偵社の顧問もしています。36歳の女性は、バツ1で子持ち。当時交際していた同い年の男性のことで相談に来られました。

 お話をうかがうと、つき合って2年。相手は自営業で勤務体系が不規則ながら、平日の昼間に時間ができることも多く、子供が学校に行っているときなどにデートを重ねていました。彼女の自宅で“密会”したり、旅行したりもしていて、かなり親密な様子でした。ところが、ある時、パッタリと連絡が途絶え、音信不通状態が1週間も続いたというのです。

「最初の日は忙しいのかなと思いましたが、音信普通が2日続くと、『アレっ』と思い、そのうち胸がざわっとしました。だって、彼の自宅も会社も、正確な住所を教えてもらっていなかったのです」

 男性には「親の実家に住んでいるから」といわれたため、彼の家には行ったことがありませんでした。それが事実だとしても、30代の男女が交際していて、相手の住所を知らないのはおかしい。結果だけ知ると、だれしもそう思うのですが、その女性も彼に忖度していました。

「最寄り駅は教えてもらいました。それで、『お店は、どこなの』と聞くとでも、彼がいいにくそうだったから……。正確な場所は、聞きませんでした」

 当然、依頼内容は、彼の自宅住所の特定です。調べてみると、男性の自宅は依頼者の情報の通りある駅の近くにありました。ここまで読まれた方は察しがつくでしょうが、案の定、その男性は妻帯者だったのです。

 再婚を夢見て、彼に気遣った女性が不憫でなりませんでした。調査結果を耳にした彼女が過呼吸で倒れた姿は、今でも忘れられません。

 男性に語りたがらないことがあれば、何かワケがあるとみていいでしょう。離婚歴を軸に男性のよしあしを見分ける方法が、前の妻との別れ話なのです。

 つき合いが長くなると、今さら感で聞きづらいので、知り合って3カ月以内に試すのがいいでしょう。芸能人などの離婚が話題になったときなどにそれとなく、まずは「自分が振ったのか、振られたのか」を切り口にするといい。とにかく重くならない感じで、世間話をするように。相手の過去にやきもちを妬くのは御法度です。

 つき合いが長い方も、芸能ネタを足掛かりにすれば、それとなく聞けるはず。この場合も、それとなく、軽く、です。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ