そのバツあり男性は大丈夫? 見極める3つのチェックポイント

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-26 15:55
投稿日:2020-02-01 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。3組に1組が離婚するといいます。根拠は、1年間の離婚数を婚姻数で割ったもので、2018年のデータで計算すると35%。結婚したカップルを追跡して、離婚の数を調べているわけではなく、正確な意味での離婚率ではありませんが、それでもかなりのカップルが離婚していることは分かるでしょう。
 離婚した男性のうち、2人に1人は再婚するといわれますから、女性がバツ男さんと出会う可能性は高い。どんな男性とであれ、交際すれば、結婚が視野に入ります。そこで今回は、目の前のバツ男さんが、結婚に向くかどうか。見極めるコツを紹介しましょう。

1. 人の心に土足で踏み込む覚悟がいる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「言いにくそうだから、突っ込むのはやめておこうかな」

 オトナ女子は、相手を気遣ってそう考えます。もちろん病気などで思うように動けない相手を思ってするサポートなどはともかく、行き過ぎた気配りや忖度は失敗の元。その典型が、別れた理由を言いたがらないケースです。

 ハッキリ言って、将来を共にしようと少しでも考えるなら、この場面での気遣いは無用。しっかりと何故離婚したのか聞いてみましょう。相手が話を濁したり、嫌がったりすれば、原因は彼にあるかもしれません。

 筆者は、探偵社の顧問もしています。36歳の女性は、バツ1で子持ち。当時交際していた同い年の男性のことで相談に来られました。

 お話をうかがうと、つき合って2年。相手は自営業で勤務体系が不規則ながら、平日の昼間に時間ができることも多く、子供が学校に行っているときなどにデートを重ねていました。彼女の自宅で“密会”したり、旅行したりもしていて、かなり親密な様子でした。ところが、ある時、パッタリと連絡が途絶え、音信不通状態が1週間も続いたというのです。

「最初の日は忙しいのかなと思いましたが、音信普通が2日続くと、『アレっ』と思い、そのうち胸がざわっとしました。だって、彼の自宅も会社も、正確な住所を教えてもらっていなかったのです」

 男性には「親の実家に住んでいるから」といわれたため、彼の家には行ったことがありませんでした。それが事実だとしても、30代の男女が交際していて、相手の住所を知らないのはおかしい。結果だけ知ると、だれしもそう思うのですが、その女性も彼に忖度していました。

「最寄り駅は教えてもらいました。それで、『お店は、どこなの』と聞くとでも、彼がいいにくそうだったから……。正確な場所は、聞きませんでした」

 当然、依頼内容は、彼の自宅住所の特定です。調べてみると、男性の自宅は依頼者の情報の通りある駅の近くにありました。ここまで読まれた方は察しがつくでしょうが、案の定、その男性は妻帯者だったのです。

 再婚を夢見て、彼に気遣った女性が不憫でなりませんでした。調査結果を耳にした彼女が過呼吸で倒れた姿は、今でも忘れられません。

 男性に語りたがらないことがあれば、何かワケがあるとみていいでしょう。離婚歴を軸に男性のよしあしを見分ける方法が、前の妻との別れ話なのです。

 つき合いが長くなると、今さら感で聞きづらいので、知り合って3カ月以内に試すのがいいでしょう。芸能人などの離婚が話題になったときなどにそれとなく、まずは「自分が振ったのか、振られたのか」を切り口にするといい。とにかく重くならない感じで、世間話をするように。相手の過去にやきもちを妬くのは御法度です。

 つき合いが長い方も、芸能ネタを足掛かりにすれば、それとなく聞けるはず。この場合も、それとなく、軽く、です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-31 06:29 ラブ
FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 都内では休業しているホストクラブも多く、夜遊びしたいのにできないオトナ女子が大量発生中です。そんななか、人気ホストさん...
内藤みか 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方...
恋バナ調査隊 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ誰とでも楽しく遊ぼう、と思えるほどにはコロナも収束せず、家で悶々と過ごしている...
ミクニシオリ 2020-05-27 06:12 ラブ
FILM
「恋愛をしたい」と思っている人の中には、過去の辛い経験からトラウマを抱えてしまっている人もいるでしょう。「彼氏がほしいの...
恋バナ調査隊 2020-05-27 06:17 ラブ
FILM
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませ...
恋バナ調査隊 2020-05-26 06:06 ラブ
FILM
 好きな人との距離が縮まると、「あれ?これってもしかして両思い?」と感じる瞬間があります。しかし、確信がないと不安に感じ...
恋バナ調査隊 2020-06-01 18:17 ラブ