そのバツあり男性は大丈夫? 見極める3つのチェックポイント

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-26 15:55
投稿日:2020-02-01 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。3組に1組が離婚するといいます。根拠は、1年間の離婚数を婚姻数で割ったもので、2018年のデータで計算すると35%。結婚したカップルを追跡して、離婚の数を調べているわけではなく、正確な意味での離婚率ではありませんが、それでもかなりのカップルが離婚していることは分かるでしょう。
 離婚した男性のうち、2人に1人は再婚するといわれますから、女性がバツ男さんと出会う可能性は高い。どんな男性とであれ、交際すれば、結婚が視野に入ります。そこで今回は、目の前のバツ男さんが、結婚に向くかどうか。見極めるコツを紹介しましょう。

1. 人の心に土足で踏み込む覚悟がいる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「言いにくそうだから、突っ込むのはやめておこうかな」

 オトナ女子は、相手を気遣ってそう考えます。もちろん病気などで思うように動けない相手を思ってするサポートなどはともかく、行き過ぎた気配りや忖度は失敗の元。その典型が、別れた理由を言いたがらないケースです。

 ハッキリ言って、将来を共にしようと少しでも考えるなら、この場面での気遣いは無用。しっかりと何故離婚したのか聞いてみましょう。相手が話を濁したり、嫌がったりすれば、原因は彼にあるかもしれません。

 筆者は、探偵社の顧問もしています。36歳の女性は、バツ1で子持ち。当時交際していた同い年の男性のことで相談に来られました。

 お話をうかがうと、つき合って2年。相手は自営業で勤務体系が不規則ながら、平日の昼間に時間ができることも多く、子供が学校に行っているときなどにデートを重ねていました。彼女の自宅で“密会”したり、旅行したりもしていて、かなり親密な様子でした。ところが、ある時、パッタリと連絡が途絶え、音信不通状態が1週間も続いたというのです。

「最初の日は忙しいのかなと思いましたが、音信普通が2日続くと、『アレっ』と思い、そのうち胸がざわっとしました。だって、彼の自宅も会社も、正確な住所を教えてもらっていなかったのです」

 男性には「親の実家に住んでいるから」といわれたため、彼の家には行ったことがありませんでした。それが事実だとしても、30代の男女が交際していて、相手の住所を知らないのはおかしい。結果だけ知ると、だれしもそう思うのですが、その女性も彼に忖度していました。

「最寄り駅は教えてもらいました。それで、『お店は、どこなの』と聞くとでも、彼がいいにくそうだったから……。正確な場所は、聞きませんでした」

 当然、依頼内容は、彼の自宅住所の特定です。調べてみると、男性の自宅は依頼者の情報の通りある駅の近くにありました。ここまで読まれた方は察しがつくでしょうが、案の定、その男性は妻帯者だったのです。

 再婚を夢見て、彼に気遣った女性が不憫でなりませんでした。調査結果を耳にした彼女が過呼吸で倒れた姿は、今でも忘れられません。

 男性に語りたがらないことがあれば、何かワケがあるとみていいでしょう。離婚歴を軸に男性のよしあしを見分ける方法が、前の妻との別れ話なのです。

 つき合いが長くなると、今さら感で聞きづらいので、知り合って3カ月以内に試すのがいいでしょう。芸能人などの離婚が話題になったときなどにそれとなく、まずは「自分が振ったのか、振られたのか」を切り口にするといい。とにかく重くならない感じで、世間話をするように。相手の過去にやきもちを妬くのは御法度です。

 つき合いが長い方も、芸能ネタを足掛かりにすれば、それとなく聞けるはず。この場合も、それとなく、軽く、です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ