本当のキレイから遠ざかる…スマホの加工美人アプリにご用心

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-01-18 06:00
投稿日:2020-01-18 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。実は私、お隣・韓国のソウルに猫の額ほどのオフィスを構えています。人間観察分析を生業とする筆者からみても、韓国は美容が盛んで、女性はもちろん男性も美容クリニックに通っています。
 ボトックスやヒアルロン酸の注射でしわを取るのは当たり前。レーザー美顔もよく行われています。韓国女子のお肌のキレイさと美意識の高さはすごいですね!
 今回はオトナ女子が大好きなテーマ“アンチエイジング”についてお話ししましょう。

美容整形とアンチエイジングは違う

適切なアンチエイジングの考え方は必要(写真:iStock)
適切なアンチエイジングの考え方は必要 (写真:iStock)

 いまさらですが、アンチエイジングは「老化や加齢にあらがうこと」。ボトックスやヒアルロン酸の注射でのしわを取りは、「プチ整形」といわれるように、今や「整形」の意味が変わってきています。

 しわやシミ取りくらいなら、プチをつけるまでもありません。まぶたが重たく見える一重の女性が二重にするのも、そうでしょう。最新の科学をうまく取り入れ、自分の顔のベースを崩していませんから。人生100年時代、健康で若々しくあるためには、適切なアンチエイジングの考え方は大切です。

 では、筆者が考える整形は何かというと、別人のような姿に生まれ変わること。体中の整形を公表しているタレントのバニラさんのようなタイプです。生まれ持った顔など、原形をとどめていませんから、文字通り整形といえます。

整形美人とナチュラル美人

魅力的な表情や仕草は研究次第で身につく(写真:iStock)
魅力的な表情や仕草は研究次第で身につく (写真:iStock)

 もちろん、整形を否定するわけではありません。顔を変えることでコンプレックスが解消し、性格が明るくなるケースはよく承知しています。そういう相談を受けることはあります。

 別人になるような施術をした方は、元顔を知らなくても、すれ違ったときにすぐに気づきます。私はそういう女性を「整形美人さん」と呼んで、「ナチュラル美人さん」と区別しています。

 ぱっと見の顔面偏差値は高いのに、何度となく会って顔をみているうちに魅力が薄れてくることがあります。そんな女性に「整形美人さん」が多いのです。

 スマホで例えるなら、静止画はとてもかわいいのに、動画はイマイチ。美人なのにモテない女性は、性格の要素を除外すれば、この可能性があります。ズバリいうと、動画がイマイチなのは、表情がさえないのです。

 整形をするぐらいですから、顔のパーツには、意識が向いています。それが際立ってキレイになっても、美人に見える立ち居振る舞い、表情の研究が足りないと思うのです。

 パッと見てそんなにかわいく見えない女優さんやタレントさんもいらっしゃいますが、記者会見や番組で話されているときは、つやっぽくみえたり、笑顔がステキに見えたりすることがあるでしょう。仕事柄、当然といえば当然ですが、日頃から身のこなしや仕草の研究をしっかりしているということ。女性のチャーミングさは、顔立ちだけでは計れません。

もっと美人になりたい人は、キレイモードの撮影に頼らない。

自撮りのキレイモードはおブスを招く?(写真:iStock)
自撮りのキレイモードはおブスを招く? (写真:iStock)

 本当にキレイに見えるナチュラルな工夫が、今回の一番のテーマです。

 しかし、ここで勘違いしてはいけません。ナチュラル=素顔ではありません。

 これまでの相談者の中には、「鏡で見ながらキスをするときの表情を練習する」という方がいました。皆さんもそこまでしなくても、自撮りの画像をSNSにアップすることはあるでしょう。まず、自撮りの写真をキレイモードで撮るのをやめてみませんか? 時々、動画で撮って自分を客観的に分析してみるといいでしょう。

 たとえば、バルや友人の家などで女子会をするとき、友人に断った上で動画を撮影してみるのはとても効果的。女子会のときは、構えていませんから、素の自分の特徴が嫌と言うほど見えます。

 笑い顔が思いのほかブサイクだったり、眉間にしわを寄せるクセがあったり、話し方がおばさんっぽかったり。猫背も雰囲気が悪く、顔面偏差値を下げる要因になります。

 アプリを使った加工写真は、一時的な自己満足だけでビジュアルの向上は期待できません。それどころか、“奇跡の一枚”ができてしまうと、現実のキレイさから目を背けて、ナチュラル美人さんへのステップを遠ざけることになるでしょう。まだおブスに写った写真を見ながら、再チェックした方が、1年後は確実にキレイがついてくるはずです。

化粧でさらにおブスになっていませんか?

レーザー美顔にトライしてみるのも手(写真:iStock)
レーザー美顔にトライしてみるのも手 (写真:iStock)

 もう一つは、メイクについて。“メイクアップ”というくらいですから、化粧をすることですっぴんの時より美人に見えないといけないところが、時々“メイクダウン”している女性がいます。

 たとえば、ノーズシャドーが濃すぎてデーモン閣下のようになっている人、意思の強さを強調するような濃い眉毛で不自然な人。以前、ファンデのベースに紫を使っているセールスレディさんとお会いしたときは、人間離れした宇宙人のような顔色の悪さに、驚いたことがありました。いくら女性同士でも、イマイチな化粧は指摘しづらいものなのです。

 筆者が考えるお手本の化粧は、男性の韓流スター。ベースを生かしていて好感度が高い。ゲイの方も、すごくキレイな人が多いので、ぜひ観察してみてください。

 そういう方に共通するのが、お肌のキレイさです。化粧以上につや肌をキープすることに意識を注いでいるわけです。韓国男子は世界一スキンケアにお金をかけているというデータもあります!

 顔色にあったファンデーション。自然な色目のアイシャドーとリップ。そう、ナチュラル美人メイクの基本です。男性の韓流スターは、特に眉毛のお手入れが驚くほど行き届いています。私たち女性が負けている部分かもしれません。

 最近は、アイブローバーのような眉毛専門店があります。眉毛の描き方が分からない方は是非行ってみてください。女子力が確実にあがります。何よりつや肌造りが一番なので、効果の出やすい、レーザー美顔等にチャレンジするのは、高額のファンデを購入するより、意外にナチュラル美人になる近道です。

 韓国の現地スタッフに美容理念を聞いてみたところ、「ノーメイクでもキレイな人を目指す」とつるつるピカピカの顔で話してくれました。つや肌はキレイの基本。皆さんも、これを軸に美活してみてはいかがでしょうか。

ビューティー 新着一覧


FILM
 くすんで透明感のない肌って、実年齢よりも老けて見えがち。そんな時に役立つのが、肌に透明感を出して明るくしてくれる「トー...
FILM
 コロナ禍でサウナに行きたくても行けない……という方に、オススメのアイテムがあります。オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが...
FILM
 コロナ禍でお出かけの必需品がマスクとなっている今、スキンケアやメイクがおろそかになってきてはいませんか? 今回は、夏の...
FILM
 最近は、おうちデートを充実させているカップルも多いですよね。家で過ごすデートは、のんびりとリラックスできる反面、それば...
FILM
 みなさんは、残暑に特別な美容や肌ケアをしていますか? 紫外線をたくさん浴びて疲れ切った肌は、毛穴の開きや日焼けによる黒...
FILM
 今、話題の「チャイボーグメイク」ってご存知ですか? 近年人気となっていた韓国のオルチャンの次に話題となっているメイク方...
FILM
 バストアップグッズで本当に胸が大きくなるのか、半信半疑の人は多いでしょう。確かに、胸のサイズを1カ月でAカップからEカ...
FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...