マリッジブルーになったらどうする? 5つの原因と乗り越え方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-02-08 06:04
投稿日:2020-02-08 06:00
 “マリッジブルー”に、あなたはどんなイメージを持っていますか? 結婚が決まっていない人や相手がいない人にとっては、「なんて贅沢な悩み」と思うかもしれませんね。
 しかし、本人にとってはとても苦しいもの。「幸せなのに、どうしてこんな気持ちになるのだろう?」と自分自身を責めてしまう人も少なくありません。
 実際、マリッジブルーは男女含めて4人に3人が経験しており、結婚前に立ち止まってしまう人が多くいます。では、なぜマリッジブルーに陥ってしまうのか、その原因と乗り越え方をご紹介します。

幸せなはずなのに…マリッジブルーになる5つの原因

結婚するけど…(写真:iStock)
結婚するけど… (写真:iStock)

 マリッジブルーに陥った人の多くは、「自分がマリッジブルーになるなんて」と感じています。中には、深刻な状態まで陥ってしまい、結婚が破断になってしまうケースもあります。

 では、そんな最悪な状態を避けるために、知っておきたい原因をご紹介しましょう。

1. 結婚式準備による喧嘩

 結婚後に披露宴や結婚式を行う場合、日取りや会場、衣装選びなどやらなくてはいけないことがたくさんあります。

 多くの人は、仕事をしながら準備を進めていくことになりますから、時にはイライラして意見がぶつかってしまうことも。中には、どちらかが「協力してくれない」といった不満を持つこともあります。

 結婚前にパートナーとの意見の違い、非協力的な態度などを見ることで、「この人とこれから先、一緒にやっていけるのだろうか?」と不安になり、マリッジブルーに陥ってしまう人がいます。

2. 本当にこの人でいいの?と不安になる

 いざ結婚が目の前に迫ってくると、「本当にこの人でいいのだろうか?」と不安に思う人も少なくありません。

 結婚は一生を左右するものですから、慎重になるのは当たり前。「この人と結婚したい」と思っていた相手でも、現実的に結婚となると不安を感じる人も多いようです。

3. 幸せになってもいいか不安になる

 マリッジブルーになる人の中には、過去に辛い恋愛、苦しい恋愛を経験した人もいます。そんな人は結婚が決まって嬉しい半面、「こんなに順調に結婚できるなんて、後から罰が当たるのでは?」と疑心暗鬼になってしまうケースもあるようです。

 幸せな状況に慣れていないため、「本当に幸せになっていいのだろうか?」と不安に思ってしまうのです。

4. 新しい環境への不安

 結婚を機に実家を出る人もいれば、生まれ育った町を離れる人もいるでしょう。特に、女性は環境が大きく変わる人が多いはず。

 人生の転機である「結婚」だけではなく、環境が変わることで、「新たな環境に馴染めるだろうか」と不安を抱える方も多いです。その結果、マリッジブルーに陥ってしまうのです。

5. 義実家との付き合い方

 当然ですが、結婚は当人同士だけの問題ではありません。相手のご両親に会って、「素敵なご両親だった」と思えた方は良いですが、「相手の両親と合わなさそう」「付き合いにくそう」と感じた人は、結婚自体に不安を感じることになります。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ