高年収男子をゲットする方法…求められるのは「安心感」です

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
 こんにちは、結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。「結婚につながる恋コラム」第3回は、高年収男子をゲットする方法をお伝えいたします。

2種類に分かれる婚活女性のタイプ

全く違うタイプでも実は……(写真:iStock)
全く違うタイプでも実は…… (写真:iStock)

 婚活中の女性と接していると、面白いことに気がつきます。

 大きく分けると婚活女性は2つの分類に分けられるように感じています。

 まず、年収350万円前後の普通のOLさん。結婚したら男性に合わせて仕事をしてもいいし、パートでもいい、というタイプ。

 そして、年収600万円以上のバリキャリ女性。自分自身に仕事上での特殊能力(国家資格など)があったりするため、結婚後もビジネスは続けていきたい。

 上記の2種類の女性は全く違うタイプのように感じませんか?

 しかし、この2つのタイプの女性が求める相手は、実は同じ層にいる男性なのです。

どちらの女性も求める年収600万円以上

婚活女性が求めるお相手の年収はズバリ!(写真:iStock)
婚活女性が求めるお相手の年収はズバリ! (写真:iStock)

 普通のOLさんタイプの女性は、自分自身が今の年収までは稼げなくなることを見越して、自分自身の年収の1.5倍〜2倍の年収を求めます。

 そして、バリキャリタイプの女性は自分よりも年収の高い男性を求める傾向に。

 そう。どちらの女性も年収600万円以上という金額を求めているのです。

 もちろん、年収が結婚の全てではありません。

 しかし、実は男性が思っているよりも女性は相手の年収を気にしています。

 結婚相談所では年収はわかりやすく表示されていますが、お付き合いの段階では年収を知ることはなかなかできませんよね。

 女性は男性の借りているマンションの家賃や、誕生日プレゼントの値段から年収を予想しています。

 そうですよね?女性の皆さん(笑)

 結婚を考える上で経済力は、当然気になる男性の能力。

 男性が女性に子供を産める能力を気にするのと同じです。

高年収男性が欲しいものは「安心感」

放牧されているような解放感(写真:iStock)
放牧されているような解放感 (写真:iStock)

 では、どの様にすれば年収600万円超えの素敵な男性を自分の旦那様にすることができるでしょうか。

 年収の高い男性が家庭で求めていること。それは、たった一つ、「安心感」です。

 安心感を与えられる女性になるには、男性に対して行動を制限するような提案をしたり、仕事に口を出すのはNG。

 簡単にいうと、束縛はNGです。

 稼げる男性を育てる、運気を上げる女性は、牧場で例えると、見えない柵で広く羊(男性)を飼っている状態。

 飼われている羊は、自由に放牧されている感覚で楽しんでいるでしょう。

 家庭での人間関係が安定すると、男性はその分、仕事でポテンシャルを出すようになります。

「お付き合い前にイメージさせる」

食事代は積極的に出す姿勢を(写真:iStock)
食事代は積極的に出す姿勢を (写真:iStock)

 では、具体的に高年収男性へアプローチをする方法をお伝えします。

 安心感を作ってくれる女性だということをお付き合い前に様々な場所でイメージさせましょう。

 彼の友人などとお食事や飲み会があるときは、献身的にそのテーブルのホスト役となりましょう。

 そして彼の友人も含めて、あなたの魅力でしっかりと盛り上げます。

 よく言われますが、爪楊枝、ティッシュ、ハンカチは必須アイテムです。

 食事代は、あなたが20代前半女性ではなければ、積極的に出す姿勢を見せてください。

 金銭感覚がしっかりしているというアピールをすることで、あなたを安心してデートに誘うことができるでしょう。

まとめ

結婚も視野に入れた付き合いも(写真:iStock)
結婚も視野に入れた付き合いも (写真:iStock)

 高年収男性はお金ではないつながりを求めています。

「人としてこの子との関係は大切にしたい」と感じてもらえたら、結婚を視野に入れた付き合いも難しくはありません。

 皆さんの幸せを願っております。

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ