高年収男子をゲットする方法…求められるのは「安心感」です

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-04-16 06:00
投稿日:2019-04-16 06:00
 こんにちは、結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。「結婚につながる恋コラム」第3回は、高年収男子をゲットする方法をお伝えいたします。

2種類に分かれる婚活女性のタイプ

全く違うタイプでも実は……(写真:iStock)
全く違うタイプでも実は…… (写真:iStock)

 婚活中の女性と接していると、面白いことに気がつきます。

 大きく分けると婚活女性は2つの分類に分けられるように感じています。

 まず、年収350万円前後の普通のOLさん。結婚したら男性に合わせて仕事をしてもいいし、パートでもいい、というタイプ。

 そして、年収600万円以上のバリキャリ女性。自分自身に仕事上での特殊能力(国家資格など)があったりするため、結婚後もビジネスは続けていきたい。

 上記の2種類の女性は全く違うタイプのように感じませんか?

 しかし、この2つのタイプの女性が求める相手は、実は同じ層にいる男性なのです。

どちらの女性も求める年収600万円以上

婚活女性が求めるお相手の年収はズバリ!(写真:iStock)
婚活女性が求めるお相手の年収はズバリ! (写真:iStock)

 普通のOLさんタイプの女性は、自分自身が今の年収までは稼げなくなることを見越して、自分自身の年収の1.5倍〜2倍の年収を求めます。

 そして、バリキャリタイプの女性は自分よりも年収の高い男性を求める傾向に。

 そう。どちらの女性も年収600万円以上という金額を求めているのです。

 もちろん、年収が結婚の全てではありません。

 しかし、実は男性が思っているよりも女性は相手の年収を気にしています。

 結婚相談所では年収はわかりやすく表示されていますが、お付き合いの段階では年収を知ることはなかなかできませんよね。

 女性は男性の借りているマンションの家賃や、誕生日プレゼントの値段から年収を予想しています。

 そうですよね?女性の皆さん(笑)

 結婚を考える上で経済力は、当然気になる男性の能力。

 男性が女性に子供を産める能力を気にするのと同じです。

高年収男性が欲しいものは「安心感」

放牧されているような解放感(写真:iStock)
放牧されているような解放感 (写真:iStock)

 では、どの様にすれば年収600万円超えの素敵な男性を自分の旦那様にすることができるでしょうか。

 年収の高い男性が家庭で求めていること。それは、たった一つ、「安心感」です。

 安心感を与えられる女性になるには、男性に対して行動を制限するような提案をしたり、仕事に口を出すのはNG。

 簡単にいうと、束縛はNGです。

 稼げる男性を育てる、運気を上げる女性は、牧場で例えると、見えない柵で広く羊(男性)を飼っている状態。

 飼われている羊は、自由に放牧されている感覚で楽しんでいるでしょう。

 家庭での人間関係が安定すると、男性はその分、仕事でポテンシャルを出すようになります。

「お付き合い前にイメージさせる」

食事代は積極的に出す姿勢を(写真:iStock)
食事代は積極的に出す姿勢を (写真:iStock)

 では、具体的に高年収男性へアプローチをする方法をお伝えします。

 安心感を作ってくれる女性だということをお付き合い前に様々な場所でイメージさせましょう。

 彼の友人などとお食事や飲み会があるときは、献身的にそのテーブルのホスト役となりましょう。

 そして彼の友人も含めて、あなたの魅力でしっかりと盛り上げます。

 よく言われますが、爪楊枝、ティッシュ、ハンカチは必須アイテムです。

 食事代は、あなたが20代前半女性ではなければ、積極的に出す姿勢を見せてください。

 金銭感覚がしっかりしているというアピールをすることで、あなたを安心してデートに誘うことができるでしょう。

まとめ

結婚も視野に入れた付き合いも(写真:iStock)
結婚も視野に入れた付き合いも (写真:iStock)

 高年収男性はお金ではないつながりを求めています。

「人としてこの子との関係は大切にしたい」と感じてもらえたら、結婚を視野に入れた付き合いも難しくはありません。

 皆さんの幸せを願っております。

ラブ 新着一覧


好きな人とお揃いのグッズが欲しい♡ おすすめアイテムを紹介
 あなたは好きな人とペアグッズを持ったことがありますか? 中には「恥ずかしいから」という理由でペアグッズを持たない人もい...
恋バナ調査隊 2020-12-03 06:00 ラブ
目指すはスルメ系女子? 噛むほどに味が出る女性の特徴7つ
 男女の性質を、「◯◯系」という括りで表しがちな昨今。実は今、見直されているのが、“スルメ系女子”。その言葉の通り、スル...
リタ・トーコ 2020-12-03 06:00 ラブ
彼女がいても…彼が「元カノ」と連絡を取り続ける理由って?
 なぜ、私たちの恋人は元カノと連絡を取り続けるのでしょうか。面と向かって「連絡取らないでよ」というのは重たいけれど、連絡...
ミクニシオリ 2020-12-02 06:00 ラブ
イケメンと付き合いたい女性がすべき5つの行動&出会い方♡
「彼氏がイケメンだったらいいなぁ」と、思う女性は多いのではないでしょうか? 同じセリフや行動でも、イケメンがするだけで特...
恋バナ調査隊 2020-12-02 06:00 ラブ
彼の本性が見える!結婚相手選びでチェックすべき一つのこと
「何で、結婚する前に分からなかったの?」  これは、夫婦仲が悪くなって悩んでいる人に絶対言ってはいけない言葉です。...
田中絵音 2020-12-01 06:00 ラブ
9年前にお見合いした別の優良物件男からクズ過ぎる連絡が。
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-12-01 06:00 ラブ
モテ女子に学べ♡片思い中LINEの注意点&効果的な送り方
 片思いの彼とLINE交換ができたのは良いけれど、どんなメッセージを送れば関係を発展させられるかと、悩んでいる人は多いよ...
2020-12-01 06:00 ラブ
【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-11-30 06:00 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になった...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
距離を縮めて♡恋愛に発展させる7つのLINEテクニック!
 今や連絡ツールの主流になっているLINE。男女の出会いの多くも、LINE交換から恋愛に発展するケースが多いのではないで...
恋バナ調査隊 2020-11-29 06:00 ラブ
サプライズはもう古い!必ず喜ばれるプレゼント~選びの極意
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。クリスマスシーズンが近づくと、そろそろプレゼントのことを考えますね。頭を悩ま...
山崎世美子 2020-11-28 06:00 ラブ
「彼女は何も悪くないのに」完璧な妻への劣等感に苦悩する夫
「冷酷と激情のあいだvol.22〜女性編〜」では、結婚わずか1年で夫が別人になったと感じている妻・Aさんの嘆きをご紹介し...
並木まき 2020-11-28 06:08 ラブ
向上心はどこへ…究極のヒモ男を掴んだかもしれない妻の苦渋
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-28 06:07 ラブ
好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ