恥じらいを持つ女性がモテる理由! 男心をくすぐる3つの行動

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-02-10 07:08
投稿日:2020-02-10 06:00
 多くの男性は「女性には恥じらいを持って欲しい」と思っているようです。恥ずかしがって頬を赤らめる様子に、キュンとしてしまうのだとか。でも、そもそも「恥じらい」ってどんな行動のことをいうのでしょうか。

「恥じらい」ってどんな行動?男心をくすぐられる理由

女の子が恥じらう姿にぐっとくる(写真:iStock)
女の子が恥じらう姿にぐっとくる (写真:iStock)

 恥じらいを持つ女性に対して、男性が心惹かれてしまうのはなぜでしょう? 実は、これには理由があったのです。

「恥じらい」とは

「恥じらい」とは、“恥ずかしい”と感じること。そのままですね。では、“恥ずかしい”を辞書で調べてみると、「他人に顔向けできない気持ち」「どう振る舞って良いのか分からない気持ち」(三省堂 大辞林 第三版)とありました。

 つまりは、なんとなく照れ臭いような、気後れするような、そんな気持ちのことを「恥じらい」と言うようです。

女性が恥じらう姿は男性を興奮させる!?

 モジモジと恥じらう男性を見て、「魅力的!」と思う女性は少ないでしょう。むしろ、「もっと男らしくいてほしい」と思ってしまいませんか? でも、男性はその逆。実は、この恥じらう女性の姿には、男性を興奮させる理由があるのです。

 大昔、人間は野外で体を重ねていました。その際、女性は周りを気にして恥ずかしがる気持ちを持っていたそうなんです。つまりは、「女性の恥じらう姿=愛し合う行為」と男性の脳では変換されているんですね。本能は侮れません。

 だから、女性が恥じらう姿を見て男性はぐっと惹かれてしまうのでしょう。

恥じらいを持つ女性が男性にモテる理由

経験が少なそうに見えることもモテる理由(写真:iStock)
経験が少なそうに見えることもモテる理由 (写真:iStock)

 恥じらいを持つ女性に惹かれる男性の本能はさておき。男性にモテる理由を見てみましょう。

優位に立つことができる

 “恥ずかしい”という気持ちは、相手が自分よりも優れている時に気後れをして感じる感情でもあります。

 基本的に男性は、女性よりも優位な立場に立ちたいと思う生き物です。だからこそ、自分の目の前で恥ずかしがる女性を見ると優越感を感じてしまい、男性として主導権を握りたくなってしまうのです。

男性経験が少なく見える

 恥じらう女性は男性経験が少なく見えることも、モテる理由でしょう。「男性は女性の最初の男になりたがる」と言われますが、恥じらう女性を見て「経験が少なさそうだから、自分がリードしないと!」と男性は奮い立ち、心をぐっと恋愛へと向かわせるのです。

 また、独占欲が強い男性の場合には、そんな女性を見て「もっと自分だけの色に染めたい」と所有したい気持ちも湧いてくるでしょう。

女性らしい品の良さを感じる

 たとえば、スカートの裾を気にしたり、笑う時に口元を手で覆うなど、女性の恥じらう姿は女性らしさを醸し出す行動でもあります。これは、品の良さにも通じるところがあります。

 品の良さは、1日で身につくものではありません。立ち居振る舞いから上品さを感じられると家族や友達にも紹介しやすいため、真剣交際をする相手として見る男性も少なくないようです。

男心をくすぐる! すぐに試せる3つの恥じらい行動

意外と簡単にできちゃう?(写真:iStock)
意外と簡単にできちゃう? (写真:iStock)

 女性らしさを語る上で、「恥じらい」は欠かせないもの。意識して恥ずかしがるってなかなか難しいことでもありますが、すぐに試せる恥じらい行動をご紹介します。

目が合うと恥ずかしそうに逸らす

 目が合った時、恥ずかしそうに目を逸らしたり、うつむく女性に男性は恥じらいを感じるそう。これは、上記で紹介した「男性経験が少なく見える」に直結する行動でもあります。純粋そうに見える女性を見て好感を持つ男性の気持ちは、分からなくもありませんよね。

 男性と見つめ合ったままでいるってなかなかできないことでもありますので、比較的簡単にできる恥じらい方だと思います。

すっぴんに抵抗を持つ

 すっぴんに抵抗を持っている女性は多いでしょう。でも、男性から見ると、すっぴんを手で隠したり、見せないようにされると、可愛らしさを感じるようです。

 どんなに美肌で自信があっても、多少は恥じらう姿を見せること、これも大切かもしれません。そして、自分だけに見せてくれるすっぴん姿に、男性は少なからず嬉しい気持ちを持つはずですよ。

触れ合う時にぎこちなくなる

 気になる男性とせっかく触れ合う機会なのに緊張してしまうと、「大人なのに情けない」なんて思ってしまう女性はいるかもしれませんね。でも実は、触れ合いを持つ時にぎこちなくなるのも、恥じらい行動の1つ。下手に慣れている感じを出すより、不器用なくらいがちょうど良いのかもしれません。

 ただし、緊張やぎこちなさを出すことは、演技ではなかなかできません! バレない程度にしてくださいね。

恥じらいがあるから大胆さがギャップになる

ドキドキを楽しんで♪(写真:iStock)
ドキドキを楽しんで♪ (写真:iStock)

 大人になればなるほど、恥ずかしいと感じる気持ちを隠してしまう女性は多いでしょう。でも、そんな感情は素直に見せてしまった方が、恋愛にも効果的。さらには、自分を偽らないでいられることにも繋がります。

 また、恥じらいがあるから、大胆さがギャップになります。「キスの方法が分からない」という思春期ではないのですから、いざという時には体が勝手に動くものですよね。

 ぜひ、女性らしさを忘れずに、「恥じらい行動」を恋愛に活かしてください♪

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ