いいと思っていたのにガッカリ 好きな人に急に冷める瞬間5選

七海 ライター
更新日:2020-01-04 06:00
投稿日:2020-01-04 06:00
「彼のガッカリする一面を見てしまい、その後フェードアウトしてしまった」
 男女問わず、ふとしたことをきっかけに好きな人に冷めてしまった、という経験は誰しもあるはず。そんな「ガッカリ」を生む瞬間を5選ご紹介します。もしかしてあなたも男性の前でやってしまっていませんか?

1. SNSの使い方が気持ち悪い

好きな人のSNSは地雷になりがち(写真:iStock)
好きな人のSNSは地雷になりがち (写真:iStock)

 好きな人ができたら、SNSをしていないか探してしまう、あるいは全ての投稿をチェックしてしまう……そんな、ちょっぴりメンヘラめいた行動をしてしまったことがある人は、少なくないはず。

 しかし、好きな人のSNSを見てがっかりしてしまった! ということもあります。

「気になる男性のツイッターアカウントを発見。裏垢女子のエロい自撮りにリプライを飛ばしたりいいねをつけまくっていて萎えた。インスタグラムでもグラビア女子ばっかりフォローしてるし、なんか気持ち悪い」(24歳・営業)

 自意識が丸見えになってしまうSNS。好きな人にはできればSNSをしていてほしくない、という女子も多いはず。

 もし自分でインスタグラムやTwitterをやっているという人は、鍵アカウントにした方が無難かもしれません。

「この子、加工バリバリの自撮りをアップするタイプなんだな。ツイッターだと悪口ばっかりツイートしてるし……」

 ガッカリするのは男性も同じ。SNSの使い方は自由であるべきですが、自分の広告も担っているということもお忘れなく。

2. 元カノの話やモテ自慢で気を惹こうとする

「仏の心」で聞き流してるのかも…(写真:iStock)
「仏の心」で聞き流してるのかも… (写真:iStock)

「学生の時に付き合ってた元カノが学年で一番美人だった子でさあ。みんなに羨まれたんだよね」

 モテ自慢をする男性の心理としては、「女の子にモテてる俺、どう?イケてるでしょ」とアピールすることで自分の価値を上げたいのかもしれませんが、聞いている身はひたすらウンザリするだけですよね。

「やきもち妬かせたいのか、彼がしょっちゅうモテ自慢をしてくる。自信のなさの露呈でしかないから、正直萎えるだけ」(32歳・事務)

 いい男はモテたり告白されたりしても、本命彼女には「余計な心配させたくないから」といちいち言わないものです。

 女性の場合でも、「元彼が昔こういうところ連れてってくれてさぁ」なんて話さない方が良いでしょう。相手はニコニコしながら「へえ、すごいね」と言っていても、心の中ではウンザリしている可能性が高いです。

3. ネット用語を会話の中で使う

語尾に「W」をつけるのも…(写真:iStock)
語尾に「W」をつけるのも… (写真:iStock)

「マジで草生える」「寒すぎ!家に帰りたいンゴ」

 草、ワロタ、すこ、など……ネットスラングを会話のなかで使っている人に対して、ゾッとしたことはありませんか?

「ツイッターとかLINEの会話でも、好きな人にはあまり使ってほしくない。ましてや現実の中で使ってる人って生理的に無理」(26歳・看護師)

 ツイッターや友達の間でふざけて使うことはあっても、好きな人の前では控えましょう。

 ノリの良さが伝わることが稀にあるかもしれませんが、頭が悪そう、下品、などと思われてしまいます。好きな人の前ではぶりっ子をするくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

4. 何かにつけてマウンティングしてくる

張り合うことで器の小ささがバレバレ(写真:iStock)
張り合うことで器の小ささがバレバレ (写真:iStock)

「ねえ聞いて!今回ボーナスがすごくアップしたんだ!もしかしたら来年昇給できるかもしれないんだって!」

「ふ~ん。でも俺は去年からボーナスは3桁もらってるけどね。同期の中では当然一番もらってるし」

 いませんか? 自分が嬉しかったことを話していると、マウンティング で返してくる人。

 こちらとしては自慢したりマウントをとっているつもりはないのに、やたら対抗意識を見せてこられると、子供か! と言いたくなります。

 素直に「すごいじゃん!」と褒めるだけで十分なのにマウントを取られると、しゅんとしてしまうし、気持ちが冷めてしまいます。たとえそれが自分のコンプレックスを刺激するものであっても、「すごいじゃん、俺も頑張ろう」とさらりと返せる寛容さを見せてほしいですよね。

5. クチャラー、あるいは食事マナーが悪い

食べこぼしが許せるのは子供だけ(写真:iStock)
食べこぼしが許せるのは子供だけ (写真:iStock)

 ものを食べるときに不愉快な音を立てる。それは男女問わず人類共通のガッカリポイントではないでしょうか。

 あるいは、物をポロポロこぼしたり、箸の持ち方があまりにも独創的だったり、偏食が異常なほどひどかったり……。

「かっこよくてお金持ちの彼にアタックされて舞い上がっていたけど、デートに行ったら食べ方が典型的なクチャラーだった。いびきとかは体質があるから仕方ないと思うけど、クチャラーは直せる部分だからこそ、許せない……」(29歳・営業)

 筆者も、かつての恋人がバッテン箸であることに少し落胆してしまったことがあります。

 人によって許容できる範囲は違うかもしれませんが、恋人となると最も食事をともにする機会が多い相手なので、意外と大事なポイントなんだなと思わされました。

終わりに

 恋人がほしくてついつい「好きな人作らないと!」と焦りがちなあなた。

 ですが、意外なところで「実はこういう人なの? ちょっとがっかりだな」と恋心が冷めてしまうというのはよくある話。

 付き合ってからガッカリする前に、そっとフェードアウトするのが良さそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ