胸キュン…? 鬼嫁が「かわいく見えた」夫の怪エピソード3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-23 06:00
投稿日:2020-02-23 06:00
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、ふだんは鬼嫁に嘆く夫たちが、たまたま遭遇したという“胸キュンなシーン”をご紹介します。

1:1年に1日だけ打算から“しおらしい態度”に

プレゼント目当てにしおらしく(写真:iStock)
プレゼント目当てにしおらしく (写真:iStock)

「うちのカミさんは、365日のうち364日は、鬼としか言えない。

 だけど年に一度、妻の誕生日だけはしおらしい態度になるんです。その理由は、猫なで声を出して、俺に高価なプレゼントを買ってもらいたいから……。なんですけど、そんな打算的なところに、何故か可愛さを感じて、胸キュンしちゃう俺(笑)。

 ふだん怖い顔や言葉しか出てこない妻だから、俺が可愛いと思えるハードルがめちゃ下がっているんでしょうね」(39歳男性/教育)

  ◇  ◇  ◇

 おねだりのために可愛くなる鬼嫁…! そんな打算を「可愛い」と思ってもらえているうちは、どんなに鬼嫁でも、夫婦関係は安泰なのかもしれません。

2:インフルエンザで弱気になる鬼嫁

インフルエンザで気弱に(写真:iStock)
インフルエンザで気弱に (写真:iStock)

「結婚してからの3年というもの風邪ひとつひかなかった妻が、この前初めてインフルエンザになったんです。

 そうしたら急に弱気になって、普段の鬼嫁っぽさが消え、まるで恋人時代のように僕に甘えてきて……。

 普段は、バカだの甲斐性なしだのって毎日罵られてばかりでしたので、正直びっくりしましたけど、悪くないなって思ってしまいました。

 まぁインフルエンザが治るとともに、いつもの鬼嫁に戻ってしまったんですけどね。不謹慎だけど、あんなに可愛くなるなら、たまには体調不良もいいかもって思いました」(36歳男性/スポーツ関係)

  ◇  ◇  ◇

 体調を崩すと、弱気になる人も多いものです。鬼嫁とて例外ではなく、急に気弱になり夫に甘えたくなる女性もいるのでしょう。

3:ボスママの失脚とともに

ボスの座から陥落した妻に変化が(写真:iStock)
ボスの座から陥落した妻に変化が (写真:iStock)

「妻は、俺にだけでなく誰に対しても強気で、言いたいことはズケズケ言うタイプ。高齢出産だったので、娘のママ友仲間の間でも、年長者のボス的な位置づけになっていました。

 ところが、とある出来事をきっかけに、妻が仲間うちからハブられる事態に。いきなりの四面楚歌で、さすがの妻もこたえたみたいです。

 その時期は家でも毒が抜けていて、いわゆる普通の奥さんって感じのキャラに変わり、驚きました。ぶっちゃけ妻への気持ちが冷めまくっていたから、その変化のおかげで、気持ちを盛り返すこともできました。

 だけどママ友問題が解決した今は、また毒にまみれた鬼嫁に戻ってますけどねぇ……」(46歳男性/飲食店経営)

  ◇  ◇  ◇

 大きな悩みを抱えると、性格から毒々しさが消える女性も少なくありません。ふだんが「鬼嫁」だと、特別優しい妻になるわけでなく少し毒が抜けるだけでも、夫をキュンとさせるパターンもあるのですね。

まとめ

 こんなふうに、鬼嫁たちがひょんな拍子に見せる姿に対し、思わず胸キュンする夫も。鬼嫁と円満に暮らせる夫ほど、こんな胸キュンポイントを見つける術にも長けているのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ
長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいま...
田中絵音 2021-09-14 18:11 ラブ
恋愛にドライになりたい…真似したい性格の特徴&恋愛傾向
 恋愛に依存してしまうと精神的に追い詰められてしまうことも多く、疲れてしまいますよね。恋愛にドライな友人を見て、「あんな...
恋バナ調査隊 2021-09-14 06:00 ラブ