夫には理解不能…鬼嫁たちの“自分勝手すぎるランチ事情”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-07 06:00
投稿日:2020-02-07 06:00
 ウィークデーのランチは、夫婦別々の家庭も多いのが現実。そして、夫が見ていないのをいいことに(?)、日々の昼食のタイミングで鬼っぷりを発揮する妻もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちの自分勝手すぎるランチ事情をご紹介します。

1:ママ友と豪華ランチざんまい

旦那を尻目に贅沢ランチ三昧(写真:iStock)
旦那を尻目に贅沢ランチ三昧 (写真:iStock)

「妻は、子どもができてから専業主婦になったのですが、子どもが幼稚園に入ってからというもの、毎日のようにママ友との豪華ランチに散財していて、困っています。

 俺には、日々のランチ代は400円までの予算しかくれないくせに、自分は週に3回ほど2,000円以上のランチを食べていて、インスタを見ると、週一は高級ホテルのランチにも行っているみたい。

 俺にはお小遣いもなく、独身時代の貯金を切り崩しているのに、自分だけ平然と贅沢する神経がわかりません」(34歳男性/システム)

 ◇  ◇  ◇

「夫は見ていないはず」と、密かに贅沢している様子をSNSに投稿している女性もいるようです。しかしそんな実態を知ってしまえば、面白くない夫もいるでしょう。

2:宅配サービスでグータラライフ

レストランランチをポチッ♪(写真:iStock)
レストランランチをポチッ♪ (写真:iStock)

「最近、我が家がレストランの宅配サービス提供エリアになったんです。

 すると専業主婦の嫁は、どうやら毎日、このサービスでランチをデリバリーしている様子。家に帰ると、それらしきゴミがドサっとゴミ箱に入っています。

 僕のランチは、職場の食堂で食べるルールがあるのに、かなり不公平じゃないですか?

 共働きでお金があるとか、子育て中で時間がないとかならまだわかるんですが、嫁は『結婚したのに働くのなんて、まっぴらごめん』と勝手に専業主婦になり、毎日グータラ生活。掃除や洗濯もまったくやらないから、週末に僕がやっているし、それなのに、自分だけ毎日のランチが豪華なんて、許されないと思うんですが……」(40歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 理由もないのにグータラ生活を謳歌しつつ、ひとりだけ贅沢している妻には、納得できない夫も多いでしょうね。

3:偽のセレブライフを演出

「映える」写真が撮れればそれでいい(写真:iStock)
「映える」写真が撮れればそれでいい (写真:iStock)

「妻がインスタにハマり出してからというもの、昼食として作った料理の残りを、夕食に出してくるようになりました。たまになら構わないし、メニュー次第では温め直すくらいは、まだ許せるんですけど……。

 でも、自分が野菜嫌いのくせに、インスタでは健康的なランチを演じたいからって、山盛りのサラダや野菜料理を作って、自分は一切手をつけず、全部僕の夕食として食べさせようとするのは、納得できません。

 もったいないから、なるべく食べるようにしていますけど、演じるためだけにムダに食材費を使いまくる神経がイミフ。

 妻は近所でバイトをしていますが、バイト代をはるかに超えるお金を、インスタのためにつぎ込んでいます。嘘のセレブライフを演じるために、どんどん家計が圧迫されています……。

 僕がいないのをいいことに、ランチでは見栄を張りやすいみたいですが、何度話しても改善されず、むしろエスカレートしています」(37歳男性/金融)

 ◇  ◇  ◇

 SNSのためにセレブ生活を演じる女性は、まだまだいるのかもしれません。舞台裏を知っている夫としてはシラケるだけでしょうし、食品ロスも気になりますよね……。

まとめ

 日ごろから家計を気にして遠慮している妻ほど「ランチくらいは、好きにしたい!」と思うのも女性の心理ですよね。しかし鬼嫁となると、その度合いがハンパなく、納得できない夫が多い実態にあるのかも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ