夫には理解不能…鬼嫁たちの“自分勝手すぎるランチ事情”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-07 06:00
投稿日:2020-02-07 06:00
 ウィークデーのランチは、夫婦別々の家庭も多いのが現実。そして、夫が見ていないのをいいことに(?)、日々の昼食のタイミングで鬼っぷりを発揮する妻もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちの自分勝手すぎるランチ事情をご紹介します。

1:ママ友と豪華ランチざんまい

旦那を尻目に贅沢ランチ三昧(写真:iStock)
旦那を尻目に贅沢ランチ三昧 (写真:iStock)

「妻は、子どもができてから専業主婦になったのですが、子どもが幼稚園に入ってからというもの、毎日のようにママ友との豪華ランチに散財していて、困っています。

 俺には、日々のランチ代は400円までの予算しかくれないくせに、自分は週に3回ほど2,000円以上のランチを食べていて、インスタを見ると、週一は高級ホテルのランチにも行っているみたい。

 俺にはお小遣いもなく、独身時代の貯金を切り崩しているのに、自分だけ平然と贅沢する神経がわかりません」(34歳男性/システム)

 ◇  ◇  ◇

「夫は見ていないはず」と、密かに贅沢している様子をSNSに投稿している女性もいるようです。しかしそんな実態を知ってしまえば、面白くない夫もいるでしょう。

2:宅配サービスでグータラライフ

レストランランチをポチッ♪(写真:iStock)
レストランランチをポチッ♪ (写真:iStock)

「最近、我が家がレストランの宅配サービス提供エリアになったんです。

 すると専業主婦の嫁は、どうやら毎日、このサービスでランチをデリバリーしている様子。家に帰ると、それらしきゴミがドサっとゴミ箱に入っています。

 僕のランチは、職場の食堂で食べるルールがあるのに、かなり不公平じゃないですか?

 共働きでお金があるとか、子育て中で時間がないとかならまだわかるんですが、嫁は『結婚したのに働くのなんて、まっぴらごめん』と勝手に専業主婦になり、毎日グータラ生活。掃除や洗濯もまったくやらないから、週末に僕がやっているし、それなのに、自分だけ毎日のランチが豪華なんて、許されないと思うんですが……」(40歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 理由もないのにグータラ生活を謳歌しつつ、ひとりだけ贅沢している妻には、納得できない夫も多いでしょうね。

3:偽のセレブライフを演出

「映える」写真が撮れればそれでいい(写真:iStock)
「映える」写真が撮れればそれでいい (写真:iStock)

「妻がインスタにハマり出してからというもの、昼食として作った料理の残りを、夕食に出してくるようになりました。たまになら構わないし、メニュー次第では温め直すくらいは、まだ許せるんですけど……。

 でも、自分が野菜嫌いのくせに、インスタでは健康的なランチを演じたいからって、山盛りのサラダや野菜料理を作って、自分は一切手をつけず、全部僕の夕食として食べさせようとするのは、納得できません。

 もったいないから、なるべく食べるようにしていますけど、演じるためだけにムダに食材費を使いまくる神経がイミフ。

 妻は近所でバイトをしていますが、バイト代をはるかに超えるお金を、インスタのためにつぎ込んでいます。嘘のセレブライフを演じるために、どんどん家計が圧迫されています……。

 僕がいないのをいいことに、ランチでは見栄を張りやすいみたいですが、何度話しても改善されず、むしろエスカレートしています」(37歳男性/金融)

 ◇  ◇  ◇

 SNSのためにセレブ生活を演じる女性は、まだまだいるのかもしれません。舞台裏を知っている夫としてはシラケるだけでしょうし、食品ロスも気になりますよね……。

まとめ

 日ごろから家計を気にして遠慮している妻ほど「ランチくらいは、好きにしたい!」と思うのも女性の心理ですよね。しかし鬼嫁となると、その度合いがハンパなく、納得できない夫が多い実態にあるのかも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「バツイチ」――。この言葉、結構重い響きですよね。他意はなくとも、バツイチって言われるとうっすらと傷ついてしまいます。 ...
七味さや 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、自分からアプローチしていいのかと悩んでしまう女性は多いでしょう。でも、男性は意外と女性からのアプロ...
恋バナ調査隊 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-31 06:29 ラブ
FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ