さげまん彼女になってない…? 彼の自信を奪う4つのNG行動

七海 ライター
更新日:2019-09-19 06:00
投稿日:2019-09-19 06:00
さげまん彼女になってない?(写真:iStock)
さげまん彼女になってない? (写真:iStock)

 さげまん、という言葉を聞いたことはありますか? 付き合ったり関係を持つと男性の運気を下げてしまう女性のことを俗に「さげまん」と言います。逆に、付き合ったり関わると運気が上がって幸せになる女性のことを「あげまん」といいます。

「『お前といるとうまくいかない』と言われてふられたことがある。人のせいにするな!と思ってたけど、もしかしてわたしに何か問題があったのかな?」

 もし、さげまん彼女である自覚があるのであれば、自分のふるまいを振り返ってみてください。

NG行動1. 他の男性を褒める

他の男性のことばかり褒めてない?(写真:iStock)
他の男性のことばかり褒めてない? (写真:iStock)

「前の彼氏は、デート代はもちろん旅行の交通費も宿泊費もぜ~んぶ出してくれた。女の人に財布を出させない男の人ってかっこいいよね」

「この前紹介してくれた男友達、すごくイケメンで学歴も良くて、かっこいいよね。ああいう人が彼氏だったら自慢できるだろうなあ」

 こんなことを彼氏に言っていませんか? 逆の立場だったら、かなりイラっとするし、苛立ちを通り越して悲しくなってしまいますよね。芸能人の男性をかっこいい!くらいだったらともかく、元彼や彼も知っている男性を褒めるのは彼氏の前では控えましょう。

 あなたにとっては何気ない会話かもしれませんが、彼は内心傷ついていることでしょう。ただでさえ、男にとって他の男性が褒められること自体、気持ちがいいことではないのに、ましてや恋人がそれをするのは、彼の心を気遣えていない証拠。彼の前では、「あなたが一番!」というスタンスを通すべきです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏にするなら、頼り甲斐のある年上男性が良い!」そう思う女性は多いでしょう。でも、実は年下彼氏には良さがたくさんあるん...
FILM
 独身の人や婚活している人は、どうしても結婚がゴールというイメージになりがちですが、実は結婚してからの方が終わりなき長い...
田中絵音 2019-11-19 06:00 ラブ
FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ