もう我慢しない! 私の生活から彼女を消すために動き出した

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-03-18 06:00
投稿日:2020-03-18 06:00
我慢することが当たり前になっていた(写真:iStock)
我慢することが当たり前になっていた (写真:iStock)

 私がGにセクハラ、パワハラを受けている事実に、気づいてくれる人がいた。言えば、信じてくれる人がいた。このことは、ひとりで抱えるしかないと思い込んでいた私には衝撃でした。同時に目が覚めました。

 最初は「仕事のため」「自分の恥を晒さないため」との理由で我慢していたのが、そのうち、理由もなく我慢することが当たり前になっていました。自分を支える言い訳も見失うほどに消耗し、諦めきっていたのです。

 もう我慢はしない。

 こんな簡単な言葉を、なぜ見つけられなかったんだろう。そしていま、ようやくつかんだ。

 一刻も早く、私の生活から彼女を消すことにしました。まずは、職場の最高責任者である彼女の上司に、仕事を辞める旨を伝えました。同時に未払いの金銭の請求もしました。辞める理由は、Gへの不信感であるとだけ伝えました。

彼女の上司と金銭面で揉めることに

なかなかスムーズな回答がもらえない(写真:iStock)
なかなかスムーズな回答がもらえない (写真:iStock)

 ところが上司は、その返答をGに任せました。Gは、反旗を翻した私への怒りを含んだ文章で、金銭面はスムーズに解決する旨を伝えてきました。支払いのスケジュールと金額も、堂々とした文面で詳細に記していました。

 ところが改めて私から上司に確認したところ、

「いや、それは支払えない」

 私としては金銭的解決よりも、早くすっきりとしたかっただけですが、上司はさらに、

「彼女がそんなメールを送っていたなんて知らなかった」

 私の作品が不自然に抹消されている件についても、

「僕にはそこはわからない」

 もうここはぜんぶ吐き出してすっきりするしかない、と、Gからセクハラパワハラを受けていたことを伝えました。すると、

「僕は、現場を見たことがないからわからない。それで、お金の件ですが──」

 現場を見られては堪りませんが、こちらの神経を逆撫でする言葉を吐くほど、上司は金銭面で追い詰められているようでした。加えて、職場の業績が悪化する中(私のGへの邪推混じりの見方もありますが、若い女性スタッフが入ってもすぐに次々と辞めていく状況でもあり)、彼にとって頼りになる存在はGしかいませんでした。

結論はまだ出せていないけれど

すべてが終わったわけではない(写真:iStock)
すべてが終わったわけではない (写真:iStock)

 上司とGの結びつきの強さを、不倫関係だと噂する人間もいますが、私には追い詰められた人間が陥りやすい「依存」や「洗脳」が、ここでも起こっているように思えました。というのは勝手な想像ですが、少なくとも彼はいま、私が初めて会った頃のような正義感や心の余裕を失っているようでした。

私「私が御社での仕事を頑張りたかったのは、貴方の期待に応えたいとの思いも強かったからですが、改めて残念です。それではGさんの件は、弁護士に相談させていただきます」

上司「待ってください。このお金を支払えば、Gのことで法的手段は取らないということですか?」

私「違います。私は最後に、貴方と心と心で話せるかと期待していただけです。たとえ支払われても、それとこれとは話が別となりました。泥仕合を避けるため、いまから対応の準備を進めてくださってけっこうです」

 そういうわけでその後、弁護士や関係者と相談をはじめました。そして訴訟を起こすか否かの結論は、いまもまだ出してはいません。

 ちなみに金銭のほうは、上司との話し合いの後、契約書上では問題にならない、最低限のギャラだけは支払われました。私は契約書を逸脱したGのセクハラパワハラと、それによって損なわれた利益についての、せめてもの説明と謝罪を期待していたのですが、そこは民事で訴えるしかないのが現状です。

ライフスタイル 新着一覧


自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...