もう我慢しない! 私の生活から彼女を消すために動き出した

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-03-18 06:00
投稿日:2020-03-18 06:00
我慢することが当たり前になっていた(写真:iStock)
我慢することが当たり前になっていた (写真:iStock)

 私がGにセクハラ、パワハラを受けている事実に、気づいてくれる人がいた。言えば、信じてくれる人がいた。このことは、ひとりで抱えるしかないと思い込んでいた私には衝撃でした。同時に目が覚めました。

 最初は「仕事のため」「自分の恥を晒さないため」との理由で我慢していたのが、そのうち、理由もなく我慢することが当たり前になっていました。自分を支える言い訳も見失うほどに消耗し、諦めきっていたのです。

 もう我慢はしない。

 こんな簡単な言葉を、なぜ見つけられなかったんだろう。そしていま、ようやくつかんだ。

 一刻も早く、私の生活から彼女を消すことにしました。まずは、職場の最高責任者である彼女の上司に、仕事を辞める旨を伝えました。同時に未払いの金銭の請求もしました。辞める理由は、Gへの不信感であるとだけ伝えました。

彼女の上司と金銭面で揉めることに

なかなかスムーズな回答がもらえない(写真:iStock)
なかなかスムーズな回答がもらえない (写真:iStock)

 ところが上司は、その返答をGに任せました。Gは、反旗を翻した私への怒りを含んだ文章で、金銭面はスムーズに解決する旨を伝えてきました。支払いのスケジュールと金額も、堂々とした文面で詳細に記していました。

 ところが改めて私から上司に確認したところ、

「いや、それは支払えない」

 私としては金銭的解決よりも、早くすっきりとしたかっただけですが、上司はさらに、

「彼女がそんなメールを送っていたなんて知らなかった」

 私の作品が不自然に抹消されている件についても、

「僕にはそこはわからない」

 もうここはぜんぶ吐き出してすっきりするしかない、と、Gからセクハラパワハラを受けていたことを伝えました。すると、

「僕は、現場を見たことがないからわからない。それで、お金の件ですが──」

 現場を見られては堪りませんが、こちらの神経を逆撫でする言葉を吐くほど、上司は金銭面で追い詰められているようでした。加えて、職場の業績が悪化する中(私のGへの邪推混じりの見方もありますが、若い女性スタッフが入ってもすぐに次々と辞めていく状況でもあり)、彼にとって頼りになる存在はGしかいませんでした。

結論はまだ出せていないけれど

すべてが終わったわけではない(写真:iStock)
すべてが終わったわけではない (写真:iStock)

 上司とGの結びつきの強さを、不倫関係だと噂する人間もいますが、私には追い詰められた人間が陥りやすい「依存」や「洗脳」が、ここでも起こっているように思えました。というのは勝手な想像ですが、少なくとも彼はいま、私が初めて会った頃のような正義感や心の余裕を失っているようでした。

私「私が御社での仕事を頑張りたかったのは、貴方の期待に応えたいとの思いも強かったからですが、改めて残念です。それではGさんの件は、弁護士に相談させていただきます」

上司「待ってください。このお金を支払えば、Gのことで法的手段は取らないということですか?」

私「違います。私は最後に、貴方と心と心で話せるかと期待していただけです。たとえ支払われても、それとこれとは話が別となりました。泥仕合を避けるため、いまから対応の準備を進めてくださってけっこうです」

 そういうわけでその後、弁護士や関係者と相談をはじめました。そして訴訟を起こすか否かの結論は、いまもまだ出してはいません。

 ちなみに金銭のほうは、上司との話し合いの後、契約書上では問題にならない、最低限のギャラだけは支払われました。私は契約書を逸脱したGのセクハラパワハラと、それによって損なわれた利益についての、せめてもの説明と謝罪を期待していたのですが、そこは民事で訴えるしかないのが現状です。

ライフスタイル 新着一覧


“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...
5月3日~5月9日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...