長い連載を書き終えて…心の傷と向き合う痛み、新しい出会い
もう我慢しない! 私の生活から彼女を消すために動き出した
「信じてくれる人もいる」壮絶セクハラの果てに見えた光明
寝たふりで誘いを拒否…それでも続くアプローチと嫌がらせ
周囲も違和感に気づき始め…知人を交えた飲み会の夜の出来事
女が部屋で見せてきたもの…私の心はもう限界を超えていた
自分を責めていたら…クリスマスイブに「5分だけいい?」
忘れた振りで「否認」を続ける私にストレスを溜めていく女
窓の開いた部屋…女はなぜ全裸で床を拭いていたのか?
「私の胸も…」汗ばむ体を重ねてきたアラフィフ女の欲情
それは男女間であれば法的にレイプと呼ばれる事件でした
いきなり唇にキスを…セクハラ女の怪進撃がヒートアップ
女にロックオンされた私…謝罪と懇願への油断が招く悲劇
密着され撫でられ…際限のないセクハラに私の体調は悪化
その女と出張へ…ケイタイに登録されていた私の生理周期
必要以上に身体を触られ…アラフィフ女に覚えた違和感