長い連載を書き終えて…心の傷と向き合う痛み、新しい出会い

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-03-26 06:04
投稿日:2020-03-26 06:00
心の傷と向き合うのは辛いこと(写真:iStock)
心の傷と向き合うのは辛いこと (写真:iStock)

 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間と労力が費やされるものです。そして、心の傷が上塗りされます。

 世間からの二次被害も予想されますが、たいていの傷は受けたときよりも治療中のほうが意識がはっきりしているもので、痛みを正確に覚え直します。そこにある自分の愚かさ、弱さ。さらに、逃げ場を塞いでいたGの周到な計算に改めて気づきます。

「あのときも嘘をついていたのか」「誰々のあの言動は、Gが自分に都合よくしていた私の話を、信じ込んでいたからか」

 そして起こるフラシュバック。フラッシュバックとは、まるで映画を何度も観返すような感覚です。観れば観るほど映像が鮮明になり、見逃していた風景の一部や相手の表情を発見します。そのときは見逃していた言動が、べつの場面の伏線であったことにどんどん気づき、おとなしく映像の中にいた自分を唾棄します。

 精神的な病を抱えている患者の中には、医師との問診で過去と向き合うことによって、フラッシュバックが加速し、症状が悪化する方も多くいます。

新たな被害者の女性に伝えたいこと

こちらから手を差し伸べることはできないけれど(写真:iStock)
こちらから手を差し伸べることはできないけれど (写真:iStock)

 泣き寝入りはごめんだ、との思いはあります。ただ一方で、今後どうするかを考えたときに、Gなどを念頭に置きながら生活し、過去の解決に向けてエネルギーを費やすよりも、いまの自分の人生を生きることに集中したい、との思いも抱いています。

 少なくとも今回のことで、私のために泣いてくれる人や、動いてくれる人の存在を知りました、そして、捨てるべきものを捨てられました。この出来事があった以前の自分よりも、誇りを持って生きている実感があります。泣いてはいないのだから、泣き寝入りではないのかもしれません。ちゃんと笑って起き上がっている気がします。

 気になるのは、この件でGを調査した関係者によると、現在、彼女によってまた新たな“被害者”が出ているとのこと。

 私がいま願うのは、その女性が、早めの段階で周囲にSOSを出すことです。私からその人に声をかけることは出来ません。私はもうGたちとは敵対関係になっているので、その女性の真意(このまま仕事を続けたいのか、我慢し抜く力があるのか、あるいはすぐに逃げ出したいのか)がわからない以上、こちらのフィールドに他人を誘うことは出来ません。

 ただ、中途半端なSOSには中途半端な反応しか返ってこず、ますます傷つくことになります。彼女がSOSを出したいのなら、どうか傷つきすぎないうちに、勇気を出して、はっきりと誰かに、「助けて」と言ってほしい。

 SOSが伝わらない相手もいます。でもそれは、伝わる相手ではなかっただけのこと。私は勇気を出して逃れた先で、自分と同じ亡命者と出会い、支え合うことも出来ました。

 もう我慢はしない。このシンプルな言葉を、つかんでもらいたいと思います。その言葉の手前で、私は待っています。

終わりに

同じような経験をした人たちと繋がることができた(写真:iStock)
同じような経験をした人たちと繋がることができた (写真:iStock)

 長い連載となりました。書きはじめた当初は、この件もそろそろネタに出来るほど過去のものになったかと思っていましたが、続けるうちに、やはりトラウマが蘇ることもありました。

 ですが、読んだ方から、自分も似たような経験をした、と、辛い気持ちを吐き出していただいたり、話しながら互いに笑い合ったりと、良い出会いを得られた連載でもありました。誰かが吐き出して、笑えるために、真剣に書いてきて良かったと思っています。

 続きを書くこともあるかもしれません。そのときはまた読んでいただければ嬉しいです。さて、ひとまずは通常運転に戻ります◎

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ライブ配信は、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうごめく世界。今日も今日とて、多くのライバーやリスナーは、配信をめぐっ...
FILM
 日本のいくつかの猫島は、すっかり海外でも有名になりました。  私の住む東京からでも遠いなぁ……と思う島にも、はる...
FILM
「今年も無事に収穫が終わったよ~」  秋の収穫シーズンになると、ご来店くださったお客様から毎年こんな会話が聞こえて...
FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...