長い連載を書き終えて…心の傷と向き合う痛み、新しい出会い

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-03-26 06:04
投稿日:2020-03-26 06:00
心の傷と向き合うのは辛いこと(写真:iStock)
心の傷と向き合うのは辛いこと (写真:iStock)

 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間と労力が費やされるものです。そして、心の傷が上塗りされます。

 世間からの二次被害も予想されますが、たいていの傷は受けたときよりも治療中のほうが意識がはっきりしているもので、痛みを正確に覚え直します。そこにある自分の愚かさ、弱さ。さらに、逃げ場を塞いでいたGの周到な計算に改めて気づきます。

「あのときも嘘をついていたのか」「誰々のあの言動は、Gが自分に都合よくしていた私の話を、信じ込んでいたからか」

 そして起こるフラシュバック。フラッシュバックとは、まるで映画を何度も観返すような感覚です。観れば観るほど映像が鮮明になり、見逃していた風景の一部や相手の表情を発見します。そのときは見逃していた言動が、べつの場面の伏線であったことにどんどん気づき、おとなしく映像の中にいた自分を唾棄します。

 精神的な病を抱えている患者の中には、医師との問診で過去と向き合うことによって、フラッシュバックが加速し、症状が悪化する方も多くいます。

新たな被害者の女性に伝えたいこと

こちらから手を差し伸べることはできないけれど(写真:iStock)
こちらから手を差し伸べることはできないけれど (写真:iStock)

 泣き寝入りはごめんだ、との思いはあります。ただ一方で、今後どうするかを考えたときに、Gなどを念頭に置きながら生活し、過去の解決に向けてエネルギーを費やすよりも、いまの自分の人生を生きることに集中したい、との思いも抱いています。

 少なくとも今回のことで、私のために泣いてくれる人や、動いてくれる人の存在を知りました、そして、捨てるべきものを捨てられました。この出来事があった以前の自分よりも、誇りを持って生きている実感があります。泣いてはいないのだから、泣き寝入りではないのかもしれません。ちゃんと笑って起き上がっている気がします。

 気になるのは、この件でGを調査した関係者によると、現在、彼女によってまた新たな“被害者”が出ているとのこと。

 私がいま願うのは、その女性が、早めの段階で周囲にSOSを出すことです。私からその人に声をかけることは出来ません。私はもうGたちとは敵対関係になっているので、その女性の真意(このまま仕事を続けたいのか、我慢し抜く力があるのか、あるいはすぐに逃げ出したいのか)がわからない以上、こちらのフィールドに他人を誘うことは出来ません。

 ただ、中途半端なSOSには中途半端な反応しか返ってこず、ますます傷つくことになります。彼女がSOSを出したいのなら、どうか傷つきすぎないうちに、勇気を出して、はっきりと誰かに、「助けて」と言ってほしい。

 SOSが伝わらない相手もいます。でもそれは、伝わる相手ではなかっただけのこと。私は勇気を出して逃れた先で、自分と同じ亡命者と出会い、支え合うことも出来ました。

 もう我慢はしない。このシンプルな言葉を、つかんでもらいたいと思います。その言葉の手前で、私は待っています。

終わりに

同じような経験をした人たちと繋がることができた(写真:iStock)
同じような経験をした人たちと繋がることができた (写真:iStock)

 長い連載となりました。書きはじめた当初は、この件もそろそろネタに出来るほど過去のものになったかと思っていましたが、続けるうちに、やはりトラウマが蘇ることもありました。

 ですが、読んだ方から、自分も似たような経験をした、と、辛い気持ちを吐き出していただいたり、話しながら互いに笑い合ったりと、良い出会いを得られた連載でもありました。誰かが吐き出して、笑えるために、真剣に書いてきて良かったと思っています。

 続きを書くこともあるかもしれません。そのときはまた読んでいただければ嬉しいです。さて、ひとまずは通常運転に戻ります◎

ライフスタイル 新着一覧


カギは後輩にあり!あなたが良い先輩なのかを簡単に知る方法
「自分は先輩としてちゃんとやれているのか」と考えたことはありますか?私は後輩がいる時は常に気になっていたし、考えていまし...
防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...