長い連載を書き終えて…心の傷と向き合う痛み、新しい出会い

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-03-26 06:04
投稿日:2020-03-26 06:00
心の傷と向き合うのは辛いこと(写真:iStock)
心の傷と向き合うのは辛いこと (写真:iStock)

 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間と労力が費やされるものです。そして、心の傷が上塗りされます。

 世間からの二次被害も予想されますが、たいていの傷は受けたときよりも治療中のほうが意識がはっきりしているもので、痛みを正確に覚え直します。そこにある自分の愚かさ、弱さ。さらに、逃げ場を塞いでいたGの周到な計算に改めて気づきます。

「あのときも嘘をついていたのか」「誰々のあの言動は、Gが自分に都合よくしていた私の話を、信じ込んでいたからか」

 そして起こるフラシュバック。フラッシュバックとは、まるで映画を何度も観返すような感覚です。観れば観るほど映像が鮮明になり、見逃していた風景の一部や相手の表情を発見します。そのときは見逃していた言動が、べつの場面の伏線であったことにどんどん気づき、おとなしく映像の中にいた自分を唾棄します。

 精神的な病を抱えている患者の中には、医師との問診で過去と向き合うことによって、フラッシュバックが加速し、症状が悪化する方も多くいます。

新たな被害者の女性に伝えたいこと

こちらから手を差し伸べることはできないけれど(写真:iStock)
こちらから手を差し伸べることはできないけれど (写真:iStock)

 泣き寝入りはごめんだ、との思いはあります。ただ一方で、今後どうするかを考えたときに、Gなどを念頭に置きながら生活し、過去の解決に向けてエネルギーを費やすよりも、いまの自分の人生を生きることに集中したい、との思いも抱いています。

 少なくとも今回のことで、私のために泣いてくれる人や、動いてくれる人の存在を知りました、そして、捨てるべきものを捨てられました。この出来事があった以前の自分よりも、誇りを持って生きている実感があります。泣いてはいないのだから、泣き寝入りではないのかもしれません。ちゃんと笑って起き上がっている気がします。

 気になるのは、この件でGを調査した関係者によると、現在、彼女によってまた新たな“被害者”が出ているとのこと。

 私がいま願うのは、その女性が、早めの段階で周囲にSOSを出すことです。私からその人に声をかけることは出来ません。私はもうGたちとは敵対関係になっているので、その女性の真意(このまま仕事を続けたいのか、我慢し抜く力があるのか、あるいはすぐに逃げ出したいのか)がわからない以上、こちらのフィールドに他人を誘うことは出来ません。

 ただ、中途半端なSOSには中途半端な反応しか返ってこず、ますます傷つくことになります。彼女がSOSを出したいのなら、どうか傷つきすぎないうちに、勇気を出して、はっきりと誰かに、「助けて」と言ってほしい。

 SOSが伝わらない相手もいます。でもそれは、伝わる相手ではなかっただけのこと。私は勇気を出して逃れた先で、自分と同じ亡命者と出会い、支え合うことも出来ました。

 もう我慢はしない。このシンプルな言葉を、つかんでもらいたいと思います。その言葉の手前で、私は待っています。

終わりに

同じような経験をした人たちと繋がることができた(写真:iStock)
同じような経験をした人たちと繋がることができた (写真:iStock)

 長い連載となりました。書きはじめた当初は、この件もそろそろネタに出来るほど過去のものになったかと思っていましたが、続けるうちに、やはりトラウマが蘇ることもありました。

 ですが、読んだ方から、自分も似たような経験をした、と、辛い気持ちを吐き出していただいたり、話しながら互いに笑い合ったりと、良い出会いを得られた連載でもありました。誰かが吐き出して、笑えるために、真剣に書いてきて良かったと思っています。

 続きを書くこともあるかもしれません。そのときはまた読んでいただければ嬉しいです。さて、ひとまずは通常運転に戻ります◎

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 女性ウケと男性ウケが違うのはわかるんですが、男性からモテたいと思ったとき、避けては通れない要素、それは「色気」。はぁ…...
FILM
 新学期、転校生と校門で目が合って、声を掛けようとしたらサッと行ってしまった…….  きょうは、そんなことを思い出...
FILM
 A氏からのメールには、写真の仕上がりを見せたいから事務所に来てほしい、と書いてありました。「新しい優紀が誕生したよ。俺...
FILM
 あなたは、“媚び”を上手に使っていますか?「媚びを売る」というと、異性の前でぶりっこをしたり、色目を使ったりと何かとマ...
FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 周りが新しいことにチャレンジし始めたり、環境が変わって進んでいると「本当に自分がこのままでいいのか」と、モヤモヤするこ...
FILM
 富士山の麓、朝霧高原を闊歩する「ふじお」。一見、強面のルックスですが、裏腹に女性にはめっぽう弱いのです。  富士...
FILM
 普段より家にいる時間が増え、ストレスを感じている人も散見されます。新型コロナのニュースや対策で疲弊しがちな今、在宅時間...
FILM
 ある日、ワタクシのお店に懇意にしていただいている大学教授がフラリと立ち寄ってくださいました。  ニコニコと人懐っ...
FILM
 マンションを買おうと決心したものの、新築がいいのか中古がいいのか、やっぱり借り続けた方がいいのかな、と悩む人も少なくな...
FILM
 きょうは富士山の麓、広大な縄張りを持つ「ふじお」。  私が猫だったら、抱かれたい男にゃんばーわん!  強く...