夫婦だっていつまでもドキドキしたい!夫にときめくコツは

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-02-05 15:43
投稿日:2020-02-05 06:00
「夫婦になってもいつまでも夫にドキドキしたい!」「いつまでも女性扱いされていたい!」外では夫の文句を言っていても、女性の本音は違うものです。今回は、いつまでも夫婦間のときめきを忘れないコツをご紹介しますので是非参考にしてみてください!

世の既婚女性たちの本音とは?

いつまでも夫にドキドキしていたい♡(写真:iStock)
いつまでも夫にドキドキしていたい♡ (写真:iStock)

 もともと大好きで結婚したはずなのに、結婚して数年経つと生活が「マンネリ化」してしまい、全てが当たり前になってしまいます。そのため、昔はあんなにドキドキやキュンキュンした相手だったのに、気が付けば不満ばかり感じている人も多いのではないでしょうか?

 夫婦の「マンネリ化」の多くは結婚3~5年位に始まることが多いですが、子どものいる夫婦の方がいない夫婦に比べて、ドキドキを感じなくなるのが早いと言われています。

 子どもが生まれる前は名前で呼び合っていた夫婦も、出産後には「パパ」「ママ」と呼び合うようになり、異性としてよりも家族としての認識の方が強くなります。

 とは言っても、実際には半数以上の既婚女性が「いつまでもドキドキしたい」と思っているのが本音です。女性は何歳になっても女子扱いされたいし、ドキドキしたい生き物なのです。

 そのためには、今の「マンネリ生活」から脱出することが必要不可欠です!続いては、マンネリ生活から抜け出してドキドキ生活を取り戻す方法をご紹介していきますので、詳しく見ていきましょう!

まずは自分を見つめ直そう!

まずは自分を見つめなおす(写真:iStock)
まずは自分を見つめなおす (写真:iStock)

 夫に対して「最近お腹が出てきた」、「髪の毛が薄くなった」、「日々だらしがない」などと不満ばかり言っていませんか?しかし、年齢を重ねるのはお互いのこと。相手のことばかり言って、自分自身はどうなのでしょうか。

「忙しいから……」と言って自分磨きをさぼってはいませんか?多くの既婚女性が、夫の前で本性をさらけ出し、女性としての自分を見失っている傾向があります。

 夫婦間のマンネリから脱出してドキドキを手に入れるためには、相手の悪い部分に不満を言う前に、自分自身を見つめ直すことがとても大事なポイントになります。

 決して面倒だと思わないでください!自分自身を見つめ直して自分磨きすることは、あなたにとってメリットしかないのです。自分の妻が若々しく綺麗で嫌だという男性はほとんどいませんし、自分にとっても自信に繋がります。

 まずは自分を見つめ直し、「自分磨き」からスタートさせましょう!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ