テレワークや学校休校で人妻たちが受けた意外な被害とは?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-03-18 06:28
投稿日:2020-03-14 06:00
 毎日のように世間を騒がせているコロナウイルス。さまざまなイベントの延期や中止、ディズニーリゾートなどの大型施設の休園。イレギュラーな日常の始まりに、意外な被害を受けているのが、とある秘密を抱える“人妻”たちなのです。

パパ活人妻は旦那がテレワークで商売あがったり

パパ活もしばらくお休み(写真:iStock)
パパ活もしばらくお休み (写真:iStock)

「結婚5年目ですが、子どもを持っていない私たち夫婦。私もまだまだ自分のためにお金を使っていきたい気持ちがあり、アプリを使ってのパパ活をしていました。

 夫は普段は仕事が忙しく、土日も飲みに出かけることが多いので、普段は週2ほど、自分のお小遣いのために活動していました。

 それが、コロナの影響で夫の在宅ワークが始まってからは、パパ活のためにおしゃれをして出かけるわけにも行かずで、息が詰まっています。

 それどころか、普段の自宅での自堕落な生活も見せるに見せづらく、普段以上にしっかり家事をする羽目になり、今月はエステもあまり高頻度では行けなくなりそうです……」(34歳・専業主婦)

  ◇  ◇  ◇

 秘密の副業をしている主婦たちが、テレワークの普及のおかげで、旦那への副業バレを恐れて小遣いを稼げなくなっているようです。

小中学校の休校で人妻系風俗がキャスト不足に

“濃厚接触”を恐れて業界全体も下り坂(写真:iStock)
“濃厚接触”を恐れて業界全体も下り坂 (写真:iStock)

「小学校の娘と息子が二人います。普段は学校に習い事で子どもたちは帰りが遅いので、昼間は人妻系の風俗店で働いているのですが……学校の急な休校で、子どもたちが家にいるため働きに出ることができず、仕方なくシフトに入っていた日もお休みさせていただいています。

 しかし、私と同じような理由で子持ちのキャストはみんな休みになってしまい、<人妻系なのに人妻がいない><今出勤しているキャストは実際には人妻じゃない可能性が高い>なんて風評被害もあり、お店側も困惑しているようです。

 コロナが終わっても、お客さんが戻ってこないのでは……と、ちょっと心配です」(35歳・パート業)

  ◇  ◇  ◇

 学校の休校から“人妻”を謳うお店も人手不足に。“濃厚接触”を恐れて業界全体が下がり調子になっているようです。SNSでも人妻系のお店の悲痛な叫びが多く発信されています。

イレギュラーなフレックス勤務で、愛人宅で不倫バレ

「早く帰る」という連絡に気がついていれば…(写真:iStock)
「早く帰る」という連絡に気がついていれば… (写真:iStock)

「IT業界で働いているため、自分の会社はいち早くテレワークを取り入れ始め、暇ができたのをいいことに、最近では不倫相手の女性とよく会っていました。

 不倫相手の女性の旦那さんは営業系の会社で、勤務形態も古く在宅ワークなどはないということで安心してベッドでイチャイチャしていたら、平日の昼間に旦那さんがご帰宅して、不倫がバレて修羅場に。

 急にフレックス勤務が可能になったということで、早く帰れることになったという連絡を、僕といたことで見逃してしまったという……なんとか示談で話が済みそうですが、相手の夫婦は離婚騒ぎのようで、申し訳ないことをしたなあという感じです」(31歳・SE)

  ◇  ◇  ◇

 新型コロナの影響の広がりと同時に、テレワークやフレックスなどのイレギュラーな勤務形態も浸透していっているイメージ。コロナ禍は、不倫バレという意外なところにも及んでいるのです。

副業や不倫…平日昼間の“秘め事”はしばらくお預け

平日昼間に夫がいるストレスは計り知れない(写真:iStock)
平日昼間に夫がいるストレスは計り知れない (写真:iStock)

 人妻たちが旦那に隠れて行う副業や不倫など、コロナ騒ぎが落ち着くまではリスクが高まっていると言えそう。

 旦那のいない平日のお昼は、人妻たちが羽を伸ばせる時間だったのに……。コロナウイルスはビジネスマンだけでなく、在宅の主婦たちにも大きな影響を与えているようです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


LINEで誤爆…爆笑から修羅場まですぐ削除したい内容9選
 連絡ツールとして多くの人が使っているLINEですが、2017年12月13日に送信取り消し機能が追加されました。でも、送...
自信のない人が“自己肯定感”を高めるために今すぐできること
 自分に自信がない人やHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の傾向にある人は、自己肯定感が低い人が少なくないかもしれ...
汚れた手足と可愛いお顔“にゃんたま”のギャップにきゅんです
 冷たい北風を避けて、陽だまりでコロンコロン♪のにゃんたま君。  外猫ならではの汚れた手足に甘えん坊な顔立ち。この...
金運UPにも効果大! 女性の守護神に捧げる“マーガレット”
 ある年の年末、猫店長「さぶ」率いるわがお花屋さんに一人の男性客からお花のご注文の電話がございました。  この男性...
iPhone&Amazonユーザー必見! 2021年に見直したいIT節約術
 ITと聞くと、特に女性は「難しそう……」と思ってしまう人が多いかもしれません。SNSを活用したお仕事をしている私もわか...
陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君…真っ直ぐな視線の先は
 きょうは、陽を浴びて輝く毛並み、目が離せないにゃんたま君に出逢いました。  立派なにゃんたまωを見せつける男気は...
2021-01-11 06:00 ライフスタイル
1月11日~1月17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おうち時間を豊かに!初心者に勧める芳香浴とアロマオイル
 再びおうち時間が増えてきた今、自宅での時間を豊かにするなら、アロマオイルを活用するのもおすすめです。日本でもなじみが深...
失敗は多いほど得? 失敗談を語れる人ほど価値が高まる理由
 突然ですが「失敗」と聞くとどんなことを思い浮かべますか? ただの言葉として受け止める人もいれば、すごく怖い体験を思い出...
尊さの極み…青空に映える楽園島のツートップ“にゃんたま”様
 きょうは、にゃんたまの楽園でチャトラのツートップωωにロックオン♪ 青空に映える見事なにゃんたまです。  手入れ...
春の訪れと幸運をもたらす…強くてたくましく美しい「水仙」
 ワタクシの実家の裏にある小高い丘の上に、近所から「天神さん」と呼ばれ、親しまれている神社がございます。  今では...
仕事に遅刻! 信頼を失わない言い訳&連絡時のビジネスマナー
 社会人でも、寝坊をして遅刻をしてしまった経験がある人も多いでしょう。でも、会社に勤めていると、遅刻した際に大人として正...
“にゃんたま”は神様の化身?幸せを呼ぶまあるい鈴カステラ
 あけましておめでとうございます。今年も「にゃんたま詣」でスタート!  神社で動物に出逢うのは、神様の歓迎サインと...
1月4日~1月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ご祝儀は新札しかNG? 土日の入手方法やアイロンでの作り方
 友人の結婚式が近づいて、美容院の予約やドレス、靴の手配まで完璧なのに「ご祝儀の新札がない!!」と焦った経験はありません...
来年は猫年じゃない? 干支に入れず恨み節の“にゃんたま君”
 昔、神様は元旦に動物たちにあいさつに来るよう言いました。12番まで先着順に、年の動物になれるという大イベントでした。 ...