テレワークや学校休校で人妻たちが受けた意外な被害とは?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-03-18 06:28
投稿日:2020-03-14 06:00
 毎日のように世間を騒がせているコロナウイルス。さまざまなイベントの延期や中止、ディズニーリゾートなどの大型施設の休園。イレギュラーな日常の始まりに、意外な被害を受けているのが、とある秘密を抱える“人妻”たちなのです。

パパ活人妻は旦那がテレワークで商売あがったり

パパ活もしばらくお休み(写真:iStock)
パパ活もしばらくお休み (写真:iStock)

「結婚5年目ですが、子どもを持っていない私たち夫婦。私もまだまだ自分のためにお金を使っていきたい気持ちがあり、アプリを使ってのパパ活をしていました。

 夫は普段は仕事が忙しく、土日も飲みに出かけることが多いので、普段は週2ほど、自分のお小遣いのために活動していました。

 それが、コロナの影響で夫の在宅ワークが始まってからは、パパ活のためにおしゃれをして出かけるわけにも行かずで、息が詰まっています。

 それどころか、普段の自宅での自堕落な生活も見せるに見せづらく、普段以上にしっかり家事をする羽目になり、今月はエステもあまり高頻度では行けなくなりそうです……」(34歳・専業主婦)

  ◇  ◇  ◇

 秘密の副業をしている主婦たちが、テレワークの普及のおかげで、旦那への副業バレを恐れて小遣いを稼げなくなっているようです。

小中学校の休校で人妻系風俗がキャスト不足に

“濃厚接触”を恐れて業界全体も下り坂(写真:iStock)
“濃厚接触”を恐れて業界全体も下り坂 (写真:iStock)

「小学校の娘と息子が二人います。普段は学校に習い事で子どもたちは帰りが遅いので、昼間は人妻系の風俗店で働いているのですが……学校の急な休校で、子どもたちが家にいるため働きに出ることができず、仕方なくシフトに入っていた日もお休みさせていただいています。

 しかし、私と同じような理由で子持ちのキャストはみんな休みになってしまい、<人妻系なのに人妻がいない><今出勤しているキャストは実際には人妻じゃない可能性が高い>なんて風評被害もあり、お店側も困惑しているようです。

 コロナが終わっても、お客さんが戻ってこないのでは……と、ちょっと心配です」(35歳・パート業)

  ◇  ◇  ◇

 学校の休校から“人妻”を謳うお店も人手不足に。“濃厚接触”を恐れて業界全体が下がり調子になっているようです。SNSでも人妻系のお店の悲痛な叫びが多く発信されています。

イレギュラーなフレックス勤務で、愛人宅で不倫バレ

「早く帰る」という連絡に気がついていれば…(写真:iStock)
「早く帰る」という連絡に気がついていれば… (写真:iStock)

「IT業界で働いているため、自分の会社はいち早くテレワークを取り入れ始め、暇ができたのをいいことに、最近では不倫相手の女性とよく会っていました。

 不倫相手の女性の旦那さんは営業系の会社で、勤務形態も古く在宅ワークなどはないということで安心してベッドでイチャイチャしていたら、平日の昼間に旦那さんがご帰宅して、不倫がバレて修羅場に。

 急にフレックス勤務が可能になったということで、早く帰れることになったという連絡を、僕といたことで見逃してしまったという……なんとか示談で話が済みそうですが、相手の夫婦は離婚騒ぎのようで、申し訳ないことをしたなあという感じです」(31歳・SE)

  ◇  ◇  ◇

 新型コロナの影響の広がりと同時に、テレワークやフレックスなどのイレギュラーな勤務形態も浸透していっているイメージ。コロナ禍は、不倫バレという意外なところにも及んでいるのです。

副業や不倫…平日昼間の“秘め事”はしばらくお預け

平日昼間に夫がいるストレスは計り知れない(写真:iStock)
平日昼間に夫がいるストレスは計り知れない (写真:iStock)

 人妻たちが旦那に隠れて行う副業や不倫など、コロナ騒ぎが落ち着くまではリスクが高まっていると言えそう。

 旦那のいない平日のお昼は、人妻たちが羽を伸ばせる時間だったのに……。コロナウイルスはビジネスマンだけでなく、在宅の主婦たちにも大きな影響を与えているようです。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


惚れてまうやろー♡そのへんの男よりカッコいい同性にキュン
 今回は「同性にキュンとした話」を集めてみました。中には、女性同士で恋愛感情に似た好意が湧いた人もいるようですよ! どん...
女坂と男坂の違いって? 山道・寺社仏閣の参道どっちを選ぶと楽チンか
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
産休クッキー炎上 善意でも地雷的気遣いとは?心理学・マナー講師に聞く
「産休クッキー」がXのトレンドワード入りし、大炎上した件。発端は、4月15日に一般女性が投稿した《職場の人に配るクッキー...
彼優先しドタキャン⇒「まさみの親指」は勘弁…友達だから通じるルール
 気の合う友達や同じ趣味の友達とグループLINEでやりとりするのは楽しいですよね! 毎日やりとりを続けているうちに、グル...
ルポ:ギャラ飲み額はトップ級の30分1.35万円!看護師の夢と新たな野望
 経営者や著名人、人気のインフルエンサーも利用する「ギャラ飲み」なるサービスって知っていますか? 東京都内のみならず、全...
これが330円? 3COINSジェルネイルの凄さよ!物価高の今にありがたい
 3COINS(スリーコインズ)で「UV LEDネイルライト」が330円で買えると知り、おうちでジェルネイルデビューをし...
甘えっこ“たまたま”の「マズル、シッポ、にゃんたま」3点セット♪
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ハーブ育てるなら一択!虫よけ・若返りにローズマリー、ほっぽらかしで◎
 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋は、神奈川の片田舎にあります。4月とはいえ1日の寒暖差はすさまじく、朝晩はストーブ、日中...
不倫バレ。“妻の奈津と申します”に戦慄→“なに無視してんだよ”で眠れない
 あなたはこれまでに、緊張感がハンパないLINEのやりとりをした経験があるでしょうか?  今回は、不倫相手の妻や先...
「フェロモン診断」調香師が選ぶ GW旅行の疲れを癒すおすすめの香り
 もうすぐゴールデンウィーク、今年は旅行や帰省の予定を立てている人も多いのでは?  飛行機や電車での移動、長時間の...
新学期早々ピンチ! 子供の「学校に行きたくない」の最適解は?
 子供が「学校行きたくない」と言い出したら、親としてはとても不安になりますよね。理由は、いじめや人間関係、勉強の遅れや体...
黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...