感染も怖いけど…新型コロナ対策で不倫をやめた男たちの本音

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-03 07:26
投稿日:2020-03-07 06:00
 新型コロナウイルスへの警戒から、浮気をやめた男性も出てきているようです。「そもそもウイルスへの警戒ムードではなくとも、不倫なんてやめるべき」という話はさておき、対策のために、キッパリ不倫相手と縁を切った男性も存在するのです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男性たちの実態に迫ります。

1:対策をしていない女性には、感染が怖くて会いたくない!

せめて手の消毒くらいはしてほしい(写真:iStock)
せめて手の消毒くらいはしてほしい (写真:iStock)

「飲み会で知り合った女性と不倫関係でしたが、新型コロナウイルスが怖くて、会おうという気持ちになれなくなりました。

 その子は接客業で、いろんな人と接しているんですが、最近LINEで話した限りだと『どうせかかるときはかかるから、手洗いとかもテキトー。マスクもしたりしなかったりかな(笑)』と書かれていたので、ゾッとしました。

 ここまで騒ぎになっているのに対策しない感覚にもついていけないし、そんな子から不倫でウイルスうつされたら最悪じゃないですか。これを機に別れます」(38歳男性/マスコミ)

  ◇  ◇  ◇

 きちんと対策をしていても不安が募る人も多いなか、雑な対策しかしていないと知れば、恐怖心が増してしかるべきでしょうね……。

2:万が一の際に「濃厚接触者」のリストに名前を出せない

濃厚接触者として名前を言わなければならない…(写真:iStock)
濃厚接触者として名前を言わなければならない… (写真:iStock)

「足掛け3年くらいダラダラと関係が続いていた女性がいたんですけど、新型コロナウイルスにかかったときのことを考えて、今回はすっぱり別れました。

 と言うのも、万が一感染したら“濃厚接触者”としてその人の名前を出すことになりますよね。それで家庭に浮気がバレるのはイヤだし、そこまでリスクを負ってまで付き合いたいわけじゃないし……。

 別れ話をしたら、薄情だって泣かれましたけど、こんなことでもなければ別れるきっかけがなかったかもしれないので、これで良かったと思っています」(42歳男性/経営)

  ◇  ◇  ◇

 ウイルスは目に見えないので、どこで感染するかわからないのが怖いところ。浮気相手が濃厚接触者となれば、家庭にも浮気がバレますよね。

3:エッチする気分が失せてしまい…

正直萎える…(写真:iStock)
正直萎える… (写真:iStock)

「この前、不倫相手の家に行って会ったんですけど、やれ手洗いがどうのこうの、除菌シートがどうのこうのってうるさく言われて、とても関係する気分になれず、そのまま帰ってきました。

 まぁ浮気なんてしている僕がいけないんですけど、世の中の雰囲気が暗いし、不倫相手に会って元気をもらいたいなって思ったのに、その子もそんな風にヒステリックになっていたので、なんだか逆にゲンナリしちゃって。

 こんな言い方をするのは悪いけど、不倫って、そういうことをする関係じゃないですか。今の警戒ムードはしばらく続きそうだし、不倫なんてしている場合でもなさそうなので、その後、LINEで別れました」(36歳男性/経営)

  ◇  ◇  ◇

 ウイルスへの恐怖心から、ややヒステリックになっている人も出てきています。警戒ムードが高まっている今、不倫をしている自分の過ちにやっと気づく男性も少なくないかもしれません。

まとめ

 有事をきっかけに、やっと自分の過ちを正そうと決意する不倫男性が出てきているのも現実な模様。しかし、新型コロナウイルス対策はさまざまな方面に影響を及ぼしていますし、1日も早く収束を願うばかりです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ