結婚に出産…働く女性は自分のライフプランを考えていますか

西史織 卵子凍結コンシェルジュ
更新日:2020-03-18 06:00
投稿日:2020-03-18 06:00
 突然ですが、皆さんは結婚・妊娠についての時期を決めていますか? 「いつ頃までには.....」と漠然と考えている女性は多いのではないでしょうか? 私自身も「32歳くらいで結婚して、将来子どもは2、3人は欲しいなぁ」とぼんやり、本当にぼんやり決めてしまっていました。

人生設計を考えたことはありますか?

子供が欲しいから結婚するのは違う気がする(写真:iStock)
子供が欲しいから結婚するのは違う気がする (写真:iStock)

【13_卵子凍結】

 けれど、自然妊娠には限界がある――。

 ヨーロッパの研究で、妊活開始年齢は「子供が2人欲しいなら、27歳までには妊活を始めた方が良い」というデータもあります。

 意外と早くない……?

 このデータを知った時、私は27歳でまだ結婚もしていません。

 パートナーはいましたが、「この人と結婚するのかな?」というような状態でした(笑)。

 子供が欲しいから結婚するのは違う気がするし、今すぐに子供が欲しいわけでもありません。

 仕事とのタイミングを考えてみても、働き盛りの今はキャリアに重きを置きたい時期。

 でも、“自然妊娠には限界がある”というリミットは現在の医療では動かしようのない現実であり、それにぶち当たりました。

仕事と結婚の両立って大変じゃないの?

結婚のその先の話(写真:iStock)
結婚のその先の話 (写真:iStock)

 それから、仕事と結婚を両立することって、実はものすごく大変なことなんじゃないかという気がしました。

 私にとって、恋愛をすることさえ、ある程度頑張らないといけません。

 仕事も納得いくようにこなし、恋愛を経てから結婚までして、そこからようやく子供の話になっていくわけですよね。

 少し想像しただけでも気の遠くなるような未来。

 仕事と結婚生活をちゃんと両立できる気がしませんでした。

 でも、ちょっと待てよ。

 そもそも妊娠って、自然じゃないといけないのでしょうか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


防波堤でほっこり"にゃんたま”君の視線の先には何がある?
 きょうは、お日様で温まった防波堤のコンクリートにぺったりお腹をつけ、ほっこりのにゃんたま君。  お饅頭みたいな平...
“母の日”にもらったカーネーション鉢を長持ちさせる6つの秘訣
 毎年母の日が過ぎて1週間ほど経ったころ、花屋には電話やご来店などでご相談にやってくる方がポツポツいらっしゃいます。「花...
スーパー&コンビニでGet!ご馳走ビール3選 2021.5.11(火)
 ビールが好きです。根っからのビール党です。「ビールはお腹がいっぱいになるから苦手」という意見がわかりません(笑)。むし...
敬遠されがち…思い込みが激しい人の5つの特徴&脱け出す方法
 何気ない人の言葉や行動に傷ついたり、落ち込んだりすることってありますよね。実は、そんな人の中には、思い込みが激しい人も...
やりたいことがわからない…自分の「好き」を見つけるには?
 好きなことで生きていく……なんて言葉がもてはやされる昨今。そんなこと言われても、好きなことなんてわからないよ!という人...
5月10日~5月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
フェチ心をくすぐる1枚! "にゃんたま”の毛繕いにドキドキ
 きょうは、毛繕い中に失礼します。視線はにゃんたま様の見事なωに一点集中。  ポロリ(こぼれ落ちる様)やチラリズム...
次に活かせばそれで良し!心をすり減らさない“反省のルール”
 仕事でのミスや人との会話でやらかしたことって、すぐに忘れられますか? 私は何回も反芻してしまい、どんどん凹むタイプです...
「猫の誤飲」疑惑!病院に行くべき?お家でできる確認法は?
 さて、わが家のおてんば猫・虹ちゃんですが、クローゼット閉じ込め以外にも何度も事件や事故を起こしています。  うち...
満月と東京スカイツリーの話 2021.5.9(日)
 4月27日の満月は、ピンクムーン(Pink Moon)でした。  アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶ...
母の日に読み返したい!お母さんの天然すぎて可愛いLINE5選
 連絡ツールとして年代問わず多くの人が使っているLINEアプリは、家族間の連絡にも重宝しますよね。買い物の連絡など、いろ...
真似したい! ストレスフリーな人の5つの特徴&目指す方法
 あなたの周りに、どんな時でも疲れを感じさせないストレスフリーな人はいますか? ストレス社会とも言われる時代ですが、意識...
おいしい晩ごはんが待ってるにゃ♪ 家路を急ぐ“にゃんたま”
 にゃんたま君の住む町は、夕方5時になると町の放送スピーカーからドヴォルザーク作曲「新世界より」第二楽章(邦題は「家路」...
モフモフが魅力!「フランネルフラワー」を長く楽しむ方法
 ワタクシがまだ、若かりしころ。習っていたお花の教室のお師匠さんは、控えめで物腰が柔らかい、とても美しく静かな女性でござ...
ダジャレが可愛い!鳩サブレーグッズの世界 2021.5.5(水祝)
 全国的かつ国民的銘菓といっても過言ではない鎌倉名物・豊島屋の「鳩サブレー」。我が家もおやつ貯蔵庫に常備しております。子...
ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、...