不妊治療の話は聞くけれど…卵子凍結が日本で広まらない理由

西史織 卵子凍結コンシェルジュ
更新日:2019-12-15 06:00
投稿日:2019-12-15 06:00
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。不妊治療の話題がたびたび上がるようになりましたが、卵子凍結は一向に広まっていません。その背景には、一部の医師からの消極的な意見があるからです。今回はその理由を解説していきたいと思います。

卵子凍結が晩婚化を加速する?

医師会は健康な女性の卵子凍結に消極的(写真:iStock)
医師会は健康な女性の卵子凍結に消極的 (写真:iStock)

【10_卵子凍結】

 将来のために、健康な女性が卵子凍結を行うことについて、医師会の中で賛成派と反対派に意見が分かれているんです。その理由は、主に3点あります。「晩婚化の懸念」と「身体的負担やリスク」「凍結卵子の妊娠率」の問題です。

 まず、晩婚化についてお話します。

 医師の間では、卵子凍結をすることで結婚を先送りにする「晩婚化が加速するのではないか」という意見があります。ですが、実際に晩婚化が加速するかどうかは定かではありません。

 アメリカでは卵子凍結をした女性を対象としたアンケートで、凍結を選択した理由に「パートナーがいないから」と答えた方が8割にのぼります。

 このアンケート結果が示しているのは、「凍結をしたから結婚を先送りにしよう」ではなく、「結婚したくても相手がいないから若いうちに卵子を凍結しておこう」という自分が希望する将来を計画的に見すえたポジティブな意志です。単純に卵子凍結が、晩婚化を後押ししているという理由にはならないと私は思います。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...
FILM
 子どもって、これをやったらダメだっていうことをわかっていても、あえてイタズラして親の気を引こうとすることありますよね。...
FILM
 今年は夏バテせず、運動不足のコロナ太りも相まって、体重は記録更新中。  そしてもうすぐ、天高く馬肥ゆる秋(てんた...