新型コロナ対策でボロが…!知りたくなかった彼氏の本性3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-03-17 06:00
投稿日:2020-03-17 06:00
 平時ではないときほど、身近な人の本性が垣間見えるもの。新型コロナウイルスへの対策で、彼氏との関係が悪化の一途を辿っている人もいます。女性たちが異常事態だからこそ見えてきたという、本当は知りたくなかった彼氏の本性を3選ご紹介します。

1:マスクを知人に売って小遣い稼ぎ

マスクの転売でお金儲けなんて…(写真:iStock)
マスクの転売でお金儲けなんて… (写真:iStock)

「彼氏は、もともとセコい性格だって薄々は感じていたんですけど……。今回、家に余っていたマスクを、法外な値段で知人たちに売り付けていたのを知り、かなり呆れました。

 オークションやフリマアプリへの出品ではなく、知り合いにLINEで『ウチにマスク大量にあるんで、1枚200円で譲ります!』ってメッセージしまくっていて。困っている友人を相手に、かなり強引に売りつけていた時期もあったみたい。

『お小遣いになったよ』って本人は満足げでしたけど、マスクの不正販売が社会問題になっているときに、平気で仲間に在庫を売りつける姿には、正直ガッカリでしたね……。

 まさか自分の身近にこんな人がいたなんて、ショックでした」(34歳女性/動物関連)

2:犯罪者にまさかの共感…?

「うつしてやるおじさん」にまさかの共感(写真:iStock)
「うつしてやるおじさん」にまさかの共感 (写真:iStock)

「新型コロナ陽性で『うつしてやる』って言いながら、パブに行った人のニュースがあったじゃないですか。

 そのニュースを彼氏とテレビで見ていたときに、彼が『俺ならやらないけど、気持ちはわかるよな~』と呟いたのを聞き『はっ?』ってなりました。こういうのを価値観の違いって言うんですかね……。

 知りたくなかった一面を知った気がして。急に気持ちも冷めてしまい、それ以来、彼には会っていません。

 “うつしてやるおじさん”がしたことって、犯罪ですよ、だって。共感するとか、おかしいじゃないですか」(32歳女性/飲食店勤務)

3:彼の異常な警戒心でストレスフルに

まるで防護服…(写真:iStock)
まるで防護服… (写真:iStock)

「感染症への警戒心は、強いほうが安心なのかもしれないけど、彼氏の対策は、かなりすごいです。

 この前、仕事帰りに食事に行こうって久しぶりに会ったんですが……、レインコート、レインハット、花粉用メガネ、マスクの完全装備で、わたしには1.5メートル以上近づかないように、怖い顔で指示。

 少しでも近づくと、怒鳴ってシッシと手で払われました。食事は、室内を避けようってことで、寒い中、オープンエアのレストランを探して、サッと食べて解散でしたね。

 気持ちはわかるし、やれることはやったほうがいいのもわかるんですが、デートなのに、どっと疲れてしまいました。

 緊迫感を持たなきゃいけないのはわかります。でも、彼氏の緊迫した様子を見て、かえって具合が悪くなってしまって……。まるで私が病原体みたいに扱われ、むしろ彼に会ったストレスで、微熱が下がらずかなり不安でした。しばらく彼には、会わないと思いますね」(38歳女性/メーカー)

まとめ

 異常事態が起きなければ、知らないままであったであろう彼の本性を知り、ストレスに感じている女性も。

 平時ではないときには、「良い」「悪い」は別として、いつもとは異なる行動をする人が増えるのも事実です。

 無用なストレスや、必要以上の不安をあおるような彼氏とは、少し距離を置いたほうがメンタルは安定するかもしれませんね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ