新型コロナ対策でボロが…!知りたくなかった彼氏の本性3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-03-17 06:00
投稿日:2020-03-17 06:00
 平時ではないときほど、身近な人の本性が垣間見えるもの。新型コロナウイルスへの対策で、彼氏との関係が悪化の一途を辿っている人もいます。女性たちが異常事態だからこそ見えてきたという、本当は知りたくなかった彼氏の本性を3選ご紹介します。

1:マスクを知人に売って小遣い稼ぎ

「彼氏は、もともとセコい性格だって薄々は感じていたんですけど……。今回、家に余っていたマスクを、法外な値段で知人たちに売り付けていたのを知り、かなり呆れました。

 オークションやフリマアプリへの出品ではなく、知り合いにLINEで『ウチにマスク大量にあるんで、1枚200円で譲ります!』ってメッセージしまくっていて。困っている友人を相手に、かなり強引に売りつけていた時期もあったみたい。

『お小遣いになったよ』って本人は満足げでしたけど、マスクの不正販売が社会問題になっているときに、平気で仲間に在庫を売りつける姿には、正直ガッカリでしたね……。

 まさか自分の身近にこんな人がいたなんて、ショックでした」(34歳女性/動物関連)

2:犯罪者にまさかの共感…?

「新型コロナ陽性で『うつしてやる』って言いながら、パブに行った人のニュースがあったじゃないですか。

 そのニュースを彼氏とテレビで見ていたときに、彼が『俺ならやらないけど、気持ちはわかるよな~』と呟いたのを聞き『はっ?』ってなりました。こういうのを価値観の違いって言うんですかね……。

 知りたくなかった一面を知った気がして。急に気持ちも冷めてしまい、それ以来、彼には会っていません。

 “うつしてやるおじさん”がしたことって、犯罪ですよ、だって。共感するとか、おかしいじゃないですか」(32歳女性/飲食店勤務)

3:彼の異常な警戒心でストレスフルに

「感染症への警戒心は、強いほうが安心なのかもしれないけど、彼氏の対策は、かなりすごいです。

 この前、仕事帰りに食事に行こうって久しぶりに会ったんですが……、レインコート、レインハット、花粉用メガネ、マスクの完全装備で、わたしには1.5メートル以上近づかないように、怖い顔で指示。

 少しでも近づくと、怒鳴ってシッシと手で払われました。食事は、室内を避けようってことで、寒い中、オープンエアのレストランを探して、サッと食べて解散でしたね。

 気持ちはわかるし、やれることはやったほうがいいのもわかるんですが、デートなのに、どっと疲れてしまいました。

 緊迫感を持たなきゃいけないのはわかります。でも、彼氏の緊迫した様子を見て、かえって具合が悪くなってしまって……。まるで私が病原体みたいに扱われ、むしろ彼に会ったストレスで、微熱が下がらずかなり不安でした。しばらく彼には、会わないと思いますね」(38歳女性/メーカー)

まとめ

 異常事態が起きなければ、知らないままであったであろう彼の本性を知り、ストレスに感じている女性も。

 平時ではないときには、「良い」「悪い」は別として、いつもとは異なる行動をする人が増えるのも事実です。

 無用なストレスや、必要以上の不安をあおるような彼氏とは、少し距離を置いたほうがメンタルは安定するかもしれませんね……。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?