“恋愛が面倒くさい”と思う女性に見られる5つの理由&改善策

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-18 06:26
投稿日:2020-03-18 06:00
「恋愛したいけど、なんだか面倒臭い……」そう思ってしまう女性は多いようです。でも、そんな気持ちを放っておくと、いつしか恋愛と無縁の生活になってしまうかも? そこで、恋愛が面倒くさいと思ってしまう理由や改善策をチェックしていきましょう!

恋愛が面倒くさいと思う女性に見られる5つの理由

もう恋愛はこりごり(写真:iStock)
もう恋愛はこりごり (写真:iStock)

 まずは、恋愛が面倒くさいと思う女性に見られる、5つの理由をチェックしていきましょう。

1. ひとりの時間が充実しすぎている

 ひとりの時間が充実しすぎているから、恋愛が面倒くさいと思う女性は多いでしょう。

 ひとりでいると全て自分のペースで動くことができるため、趣味に没頭したり、自由に行動することも気楽です。しかし、誰かと付き合うことになったら、少なからず相手に合わせることが必要となるでしょう。これが、ストレスとなってしまうケースも少なくありません。

 本来であれば、彼氏と時間を共有することに幸せを感じるはずが、自分の行動や時間に制限がかかってしまうという考えから、「付き合うこと自体、面倒!」と、感じてしまうのです。

2. 忙しくて恋愛をする暇がない

 日常に時間がなさすぎて、恋愛から遠のいてしまう女性もいます。仕事で覚えることが多い時や仕事にやりがいを感じている時は、恋愛なんてしている暇がないと思うのも仕方がないのかもしれません。

 しかし、こんな時はどんなに近くに素敵な男性がいても目に入らず、せっかくの出会いを見逃してしまうこともあります。プライベートに余裕を持てる環境を作ることも、大切でしょう。

3. 過去の恋愛でこりごり

 過去にトラウマを抱えるほどの恋愛をすると、なかなか次に進むのが難しいと感じてしまうでしょう。特に、男性に尽くしてしまう女性や頼られがちな女性は、「もう恋愛はこりごり」という気持ちになっているかもしれませんね。

 しかし、過去の辛い恋愛を塗り替えるのは、新しい恋愛ということもあります。傷を癒すためにも、前を向いて出会いを探すのも良いかもしれませんよ。

4. 恋愛に振り回されるのはもう嫌

 恋愛にハマりやすい女性は、私生活が恋愛に振り回されやすくなります。楽しい反面、彼氏の一挙手一投足に気持ちが浮き沈みする生活に、嫌気が差してしまうことも……。

 でも、こういった女性はどんなに恋愛を避けても気持ちが持っていかれやすいため、同じパターンで悪循環になってしまうこともあります。

5. 恋愛を理論的に捉えてしまう

 女性は恋愛を感情的に考えるとよく言われますが、全員がそうとは限りません。中には恋愛を理論的に捉えてしまい、たとえば「この人を好きになったらどうなるのか?」など冷静に考え、メリットが見出せないということもあります。

 恋愛は頭で考えるより、流れに任せてみることも必要です。気持ちに正直になってみると良いでしょう。

恋愛を面倒くさいと思う女性へ!3つのリハビリ方法!

美BODYで恋する自信を(写真:iStock)
美BODYで恋する自信を (写真:iStock)

 恋愛を面倒くさいと思う女性には、それぞれの理由がありますね。しかし、一歩踏み込まなければ、恋愛のチャンスはなかなか訪れません。恋愛をしたいという気持ちが少しでもあるのであれば、これからご紹介する3つのリハビリ方法を試してみてください。

1. 恋愛漫画や映画で恋愛欲を掻き立てよう!

 人の行動を見て、恋愛欲求が掻き立てられることもありますね。友達の恋愛話を聞いたりするのも良いですが、手軽にできるのが恋愛漫画や映画を見ること!

 読んだり見たりしているうちに主人公の感情に共感し、疑似恋愛をしながら恋愛欲を掻き立てることができます。

2. 異性がいる場所に足を運んでみよう!

 恋愛をするのであれば、当然、出会いがないと始まりません。まずは、異性がいる場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。話しが弾みやすいバーや立ち飲み屋など、仕事終わりに立ち寄るのも良いでしょう。

 深く考えすぎずに普段の行動パターンを変えてみるだけでも、異性と知り合うきっかけになります。

3. 自分磨きをして女子力UP!

 恋愛から遠のくと、ついつい身なりが疎かになってしまいがち。そんな女性は、自分磨きをすることをおすすめします。お肌のケアやファッションの見直し、理想の体型維持のためにジムに通ってみるのも良いでしょう。

 自分磨きをして女子力をUPさせることが自信につながり、恋愛したくなる気持ちが芽生える可能性もあります。まずは自分と向き合って、なりたい自分になることもおすすめです。

面倒くさいという気持ちを克服して新しい恋愛をしよう!

素敵な恋にめぐり合えますように(写真:iStock)
素敵な恋にめぐり合えますように (写真:iStock)

 恋愛が面倒くさいと思う理由には、さまざまなケースがあります。しかし、そこで立ち止まって時間が経ってしまうと、恋愛の仕方が分からなくなることもあります。

 今回ご紹介した5つの理由に思い当たる方は、リハビリ方法を試してみて、新しい恋愛に一歩前進してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ