なぜ恋人ができない? 非モテ女子脱却のためにすべきこと5つ

七海 ライター
更新日:2019-08-21 06:00
投稿日:2019-08-21 06:00
非モテ女子が見直すべきは…(写真:iStock)
非モテ女子が見直すべきは… (写真:iStock)

「恋愛なんて所詮はキラキラしてる女子の特権。地味で冴えない私にはそんな贅沢は起こらない……」

「自分はいわゆる女を捨てている『喪女』。男の人からかわいいと言われたことがない。でも、恋に興味がないわけじゃないし、可愛くなって人生で一度はモテてみたい」

 モテたい、可愛くなりたい、好きって言われたい……誰もが思っていますし、ツイッターでもため息混じりのツイートが散見されます。けれど、そもそもそれを口にしたり願うことすら「自分にはおこがましい」と思っている女性も。

 可愛くなりたい、モテたいという欲望を恥ずかしがったり、否定する必要するは全くありません。「可愛くなりたい」「誰かに見つけてほしい」そう願っている非モテ女子が見直して実行すべき5つのことをご紹介します。

1. 美容院に2カ月に一度は行く

時にはプロの手を借りてヘアケアを♪(写真:iStock)
時にはプロの手を借りてヘアケアを♪ (写真:iStock)

 あなたが最後に美容院に行ったのはいつですか? まさか半年以上経過してる……なんてことはありませんよね。

「イケメンやきれいな美容師さんにあれこれ話しかけられるのが苦痛だから、できれば行きたくないし、いつも適当に長さを揃えてもらうだけ。カット中は寝たふりをして過ごしている」

 なんてもったいない! 3000〜7000円払っているのに、ただお人形のように横たわっているだけじゃ、無料でカットモデルにでもなった方がましってものです。

 髪はプリン状態になっていませんか? 毛先は長さが整っていますか? 一度も染めたことがないその美しいバージンヘアも素敵ですが、茶髪やアッシュカラーの方が肌の色に合う可能性について考えたことはありますか?

 美容院に行って自分の輪郭に似合うカットにしてもらい、肌の色や目の色に合った髪色に染めてもらい、トリートメントで髪のツヤを取り戻す。1カ月に1回か2カ月に1回、定期的に通うだけでかなり印象は変わります。

 雰囲気美人の特徴は「髪の手入れが行き届いている」こと。顔の造形が与える印象をしのぐことさえあるんですから、髪にお金をかけてケアすることはとても大切です。

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ