なぜ恋人ができない? 非モテ女子脱却のためにすべきこと5つ

七海 ライター
更新日:2019-08-21 06:00
投稿日:2019-08-21 06:00
非モテ女子が見直すべきは…(写真:iStock)
非モテ女子が見直すべきは… (写真:iStock)

「恋愛なんて所詮はキラキラしてる女子の特権。地味で冴えない私にはそんな贅沢は起こらない……」

「自分はいわゆる女を捨てている『喪女』。男の人からかわいいと言われたことがない。でも、恋に興味がないわけじゃないし、可愛くなって人生で一度はモテてみたい」

 モテたい、可愛くなりたい、好きって言われたい……誰もが思っていますし、ツイッターでもため息混じりのツイートが散見されます。けれど、そもそもそれを口にしたり願うことすら「自分にはおこがましい」と思っている女性も。

 可愛くなりたい、モテたいという欲望を恥ずかしがったり、否定する必要するは全くありません。「可愛くなりたい」「誰かに見つけてほしい」そう願っている非モテ女子が見直して実行すべき5つのことをご紹介します。

1. 美容院に2カ月に一度は行く

時にはプロの手を借りてヘアケアを♪(写真:iStock)
時にはプロの手を借りてヘアケアを♪ (写真:iStock)

 あなたが最後に美容院に行ったのはいつですか? まさか半年以上経過してる……なんてことはありませんよね。

「イケメンやきれいな美容師さんにあれこれ話しかけられるのが苦痛だから、できれば行きたくないし、いつも適当に長さを揃えてもらうだけ。カット中は寝たふりをして過ごしている」

 なんてもったいない! 3000〜7000円払っているのに、ただお人形のように横たわっているだけじゃ、無料でカットモデルにでもなった方がましってものです。

 髪はプリン状態になっていませんか? 毛先は長さが整っていますか? 一度も染めたことがないその美しいバージンヘアも素敵ですが、茶髪やアッシュカラーの方が肌の色に合う可能性について考えたことはありますか?

 美容院に行って自分の輪郭に似合うカットにしてもらい、肌の色や目の色に合った髪色に染めてもらい、トリートメントで髪のツヤを取り戻す。1カ月に1回か2カ月に1回、定期的に通うだけでかなり印象は変わります。

 雰囲気美人の特徴は「髪の手入れが行き届いている」こと。顔の造形が与える印象をしのぐことさえあるんですから、髪にお金をかけてケアすることはとても大切です。

ラブ 新着一覧


FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ