恋愛強者になるための最強の学問は“PDCA”と“統計学”である

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-11 13:49
投稿日:2019-04-07 06:00
 ビジネス書の世界では「PDCA」と「統計学」が大流行しています。PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(再行動)の略なのですが、つまりは仮説検証。日常会話でも「あー、PDCAが甘かったね」「それって統計的にはどうなの?」といった会話が増加中。
 そして、その波はついに恋愛市場にも到来しました。今回は、この2つの考えが恋愛にとってもいかに有効かについて解説させていただければと思います。

あなたの恋愛経験、必要サンプル数に達してますか?

恋愛を具体化して考えてみよう(写真:iStock)
恋愛を具体化して考えてみよう (写真:iStock)

 統計学には、統計を成立させるための「必要サンプル数」という考えがございます。つまり、なんらかの法則や傾向を分析するためには、必要最低限のサンプル数を満たしていなければ、非常に偏重した結果になってしまう可能性があるということです。

 恋愛においては、「男ってこうだよね」「こういう場合は浮気してるよね」みたいな「経験談」が蔓延しておりますが、はたしてどれくらい法則性があるのでしょうか?

 もし、あなたの必要サンプル数が数人程度の場合、これは「男」というところまで一般化して語るのは統計学的に無理があるものになってしまいます。

 統計的に意味があるレベルにするなら、数百人以上は最低でも男と関係を持たないといけないの?そんなの無理!というお声もごもっとも。

 そこで重要なのは、「母集団」という考え方。母集団を「男」にまで広げるか、「渋谷のIT企業に務める20代前半の意識高い社畜」にまで限定するかによって、あなたの経験サンプル数も有意な法則を導くことができるようになるのです。

 一般化ではなく、具体化して考える。この思考を身に着けることであなたの恋愛経験は、より深く男性を知ることにつながります。すなわち、統計学こそすべての恋愛の基本なのです。

恋愛では「PDCAを回すこと」が経験値に

PDCAってよく聞くけど…(写真:iStock)
PDCAってよく聞くけど… (写真:iStock)

 恋愛の基本は統計学ですが、恋愛の発展はPDCAなのです。

 恋愛でうまくいかなかった理由をちゃんと分析したことはありますか?またその分析に客観性はありますか?原因を深堀りできていますか?

 せっかくの恋愛経験。たとえそれが失恋であったとしても、単に悲しんで泣いて、すっきりして次の恋愛に向かうだけではもったいない。

 ダメだった恋愛にこそ、あなたが真実の愛の信頼関係にたどりつく道が隠されているのです。

 さて、恋愛におけるPDCAで一番重要なのはどの要素だと思いますか?

 それは、実は「P(計画)」 なのです。

なぜP(計画)が重要なのか

恋愛初期のフワフワを冷静に分析(写真:iStock)
恋愛初期のフワフワを冷静に分析 (写真:iStock)

 PDCAにおいてありがちなのが、「Check(検証)が甘いからうまくいかない」という考え方。しかし、これには落とし穴が。

 なぜなら、P(計画)がしっかりしていないとCheck(検証)に必要な十分なデータが取れないのです。仮説検証の言葉の通り、仮設が明確だからこそ、その仮説が当たっているか、外れているか、なぜ外れたのかが明確になります。

 計画段階の恋愛は「なんか好きかも……」といった具合に、フワフワした感情で進む傾向にあります。つまり、P(計画)の仮説がガバガバなケースが非常に多いのが恋愛の特徴です。

 このフワフワしたところを、冷静に仮説をつくるのがPDCAの第一関門。

・自分はなぜ相手のことが好きなのか
・相手が自分のことを好きになるとしたらどういうところか
・どうすればお互いの関係性は近くなるのか
・中長期的にみてお互い良い関係がつくれるのか

 少なくともこれらの観点で仮説をつくることで、その仮説が合っているかどうかを検証することがその後に可能になるのです。

具体的にPDCAを回してみよう

結婚に対してどう思ってるんだろう…(写真:iStock)
結婚に対してどう思ってるんだろう… (写真:iStock)

 それでは、実際の恋愛におけるPDCAの回し方の事例をご紹介しましょう。

結婚においてCheck(検証)すべきこと

 今回の事例では「結婚」に向けて「ダメ男」を見極めるPDCAについて具体例を解説いたします。

 結婚において、あなたがCheck(検証)しなければいけないことは何だと思いますか?

 いろいろとある中で最重要なのは、男性が結婚に対してポジティブに考えているかどうか。女性に求めている役割がどういったものか、というもの。

 これらがズレていた場合、ほぼ100%、良い結婚には発展しないためです。

 結婚に対するポジティブさや相手へ期待する役割を確認するには、

1. 家族との関係性
2. 自分に対する自信

 この2つの軸で見ればよいでしょう。

 家族との関係では、例えば「父親を尊敬している」「父親の家族に対する接し方に満足しており、自分もそうなりたい」といった発言をする男性は、結婚のイメージのロールモデルを持っているので、結婚に対してポジティブな傾向にあるでしょう。

時間と労力の無駄に終わる男性とは

 また、自分に自信がない男性は、基本的には結婚に向きません。そういう男性は、「過去の恋愛にトラウマがあるんだよね」「親の関係があんまり良くなくて」「今の仕事がまだ納得できるところまでいってない」といったことをよく言います。

 こうした男性は要注意!ズルズル付き合った揚げ句、いつまでたっても結婚できない事態も。

「彼のそんなトラウマもいつかは私が解消してあげる!」と思って、ずっと待っていても時間と労力の無駄ですので、とっとと損切りしてしまうのが良いでしょう。

 つまり、P(計画)とは、事前にどういう質問をしてどういう反応だった場合には、どう判断するか、という仮説をあらかじめ用意しておくことなのです!

見返すことができるデータはとにかく保存!

メッセージと一緒に感情も整理する(写真:iStock)
メッセージと一緒に感情も整理する (写真:iStock)

 LINEなどのコミュニケーションツールを使うようになって、彼氏などとのやり取りがデータに残るようになり、あとでいろいろと検証可能になりました。

 ただ、LINEにも欠点が。

 それは、データが機種変更で消えてしまったり、別れたときに勢いで消してしまったりするリスク。過去にさかのぼっていろいろと見返すのも面倒ですよね。

 したがって、重要なやり取りは、スクショしてGoogleDriveやEvernoteなどのクラウドメモにしっかり保存しておくことがおススメです。

 例えば、「うれしかったこと」や「ムカついたこと」、「不安に思ったこと」など、分類をつくっておき、それぞれメッセージを整理しておくだけでも、かなりのPDCAになるはずです。

まとめ

突っ走る恋はもう卒業(写真:iStock)
突っ走る恋はもう卒業 (写真:iStock)

 恋愛がなぜかうまくいかない。そういう方は、「なぜか」をそもそも全く考えてなくて、ノープランで突っ走ってしまっている可能性が。

 恋愛にもPDCAを導入・駆使して、次の恋をより良いものにしていきましょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM