“残念彼氏”に共通する6つの特徴&捕まりやすい女性のタイプ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-26 06:00
投稿日:2020-03-26 06:00
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ、“残念彼氏”に捕まっているのかもしれません。
 そこで今回は、そんな残念彼氏に共通する6つの特徴、そして残念な彼氏に捕まりやすい女性のタイプを併せてご紹介します。

付き合う前にチェック!残念彼氏に共通する6つの特徴

愚痴っぽい男性は喧嘩しても謝らない(写真:iStock)
愚痴っぽい男性は喧嘩しても謝らない (写真:iStock)

 “残念彼氏”には、共通した特徴があります。付き合った後に後悔しないためにも、ぜひ事前にしっかりとチェックしていきましょう。

1. ネガティブ思考で愚痴が多い

 愚痴の多い男性に、ガッカリした経験がある女性は多いはず。いつ会ってもなにかと愚痴ばかりだと、楽しさも半減してしまいますよね。

 このような愚痴の多い男性は、何に関しても「自分は悪くない」と思っている節があるため、喧嘩した時には一切謝らないことも。

 また、ネガティブ思考の男性も、“残念彼氏”の特徴。たまにこぼす愚痴に対して励ましの言葉をかけることは大切ですが、いつまでも言い逃れをしようとするタイプは、自分と向き合う時間を持たせることが必要かもしれません。

2. 行動を全て把握したがる!

 “残念彼氏”の中には、行動を全て把握したがる束縛タイプの男性もいます。どこで何をしているかを、毎日いちいち報告せざるを得なくなる可能性も。

 さらに、この手のタイプの男性は支配力が強いため、暴力的になるケースがあります。あまりにも束縛が激しい場合には、注意が必要です。

 適度な距離感を保つと、お互いにとって良い関係が作れるものです。あまりにもしつこい場合には、一度付き合い方を見直してみることが大切でしょう。

3. デート代をケチる

 金遣いの荒い人も困りますが、なんでもケチるタイプも、“残念彼氏”だと言えるでしょう。特に、2人の特別な時間でもあるデート代をやたらとケチる男性だとガッカリしてしまいますよね。

 男性には少し無理をしてでも、「見栄を張ってもらいたい」と思う女性は多いです。割り勘を強要されたり、割引クーポンのお店を利用するタイプの男性に嫌気がさしてしまう女性とは、価値観が合わない可能性があるでしょう。

4. マイペースすぎる

 マイペースすぎて約束の時間に現れなかったり、急な予定変更をするなど、女性を振り回すタイプの男性も“残念彼氏”の特徴でしょう。

 自分の時間を大事にすることは大切です。しかし、誰かと付き合う際には、お互いを尊重して、ある程度相手に合わせることが長続きの秘訣でもあります。

 なんでも自分中心に考えてしまうタイプの男性といては、あなたが疲れてしまいます。改善されないようであれば、次の恋に向かうのも一案ですよ。

5. 記念日などを覚えていない

 付き合った日やお互いの誕生日など、付き合うと特別な記念日ができます。やはり、特別な日には「一緒に過ごしたい」と考える女性も多いでしょう。

 しかし、その記念日を全く覚えていない残念な男性もいるのです。特に、そういった記念日やイベントを大切にしたいと思うタイプの女性にとって、記念日を忘れがちな男性とは根本的な考え方が合わない可能性も。チェックが必要です。

6. 優しさを履き違えている

 何をしても許してくれる男性や、「なんでも良い」と言ってくれる男性は一見優しく見えます。でも、本当にそうでしょうか?

 優しさというのは、時に厳しさも必要です。適度に指摘をしてくれたり、相手のことを考えての行動にこそ優しさが隠れているのです。

「なんでも良い」という優柔不断なタイプよりも、リードしてくれるタイプの男性の方がいい!と思う女性であれば、優しさを履き違えているタイプの“残念彼氏”とは合わないかもしれません。

残念な彼氏に捕まりやすい女性のタイプとは?

「放っておけない」と思ってしまう女性は要注意(写真:iStock)
「放っておけない」と思ってしまう女性は要注意 (写真:iStock)

 “残念彼氏”かも?と、うっすら思っていても、実はこの手のタイプに捕まりやすい女性もいるのです。そんな女性のタイプも、チェックしていきましょう。

1. 相手を放っておくことができないタイプ

 彼氏のことを「なんだか放っておけない」と思ってしまう母性本能が強い女性は、“残念彼氏”ができやすい傾向にあります。

「この人の良さが分かるのは、私だけ!」という考えは、逆に彼氏の甘えや慢心をさらに増長させてしまっている可能性もあるため、注意しましょう。

2. なんでも言うことを聞いてしまうタイプ

 なんでも言いなりになってしまうタイプも、“残念彼氏”に捕まりやすいタイプです。

 相手のために何かをしてあげたいと思うことは決して悪いことではありませんが、「彼女」ではなく、「お母さん」のようになってしまう場合もあります。彼氏のためにも、全て聞き入れることは避けましょう。

3. 彼氏に依存しやすいタイプ

 彼氏に依存しやすいタイプの女性も、注意が必要でしょう。依存心は、自分に自信がないことで起こることが多いと言われています。そのため、求められることに喜びを感じてしまいがち。

 特に束縛タイプの“残念彼氏”と付き合うと、「自分は必要とされている」と勘違いして都合の良い女性に見られることもあるため、気を付けましょう。

残念な彼氏とはおさらば!尊敬し合える相手を見つけよう!

もっといい恋ができるはず(写真:iStock)
もっといい恋ができるはず (写真:iStock)

 “残念彼氏”の特徴を見ると、どれも男性としての魅力に欠けるものがほとんどです。現在、そんな残念要素を持ち合わせた彼氏がいる方は、今の恋が決して最後の恋ではないことを心に留めておきましょう。

 尊敬し合えるパートナーは、きっとどこかにいるはず!新しい恋を探してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 飛び抜けて美人なわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。そんな女性は、感覚で男性の心を鷲掴みにする法則を身に...
恋バナ調査隊 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 元夫とは決定的な価値観の違いがあってうまくいかなかった。ならば今度は、その価値観が合致する人と付き合えば上手くいくんじ...
七味さや 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ