都合のいい女にならない! 逆手にとって恋愛を楽しむには?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-07-14 06:00
投稿日:2019-07-14 06:00
 世の中的に「都合のいい女」の対義語は「本命の女」らしいのですが、でも、それって本当? と、疑問に思ってしまう私。本命だろうと都合がいい女はいるし、都合がいい女でもきちんと愛される女性はいるんです。

「都合のいい女 VS 本命の女」って本当に成り立つ?

都合のいい女っていけないの?(写真:iStock)
都合のいい女っていけないの? (写真:iStock)

 何かと比較される「都合のいい女 VS 本命の女」。要約すると、都合のいい女=遊ばれる女で、本命の女=大事にされる女、ということなのですが、でも、実はそう簡単な図式ではないと思います。

本命だろうと「都合がいい女」はいる

 お付き合いしていようとなかろうと、男性の都合に合わせて動いてしまう時、「私って、都合のいい女?」そんな風に悩んだことがある方は多いはず。

 でも、例えば、仕事が忙しい彼氏に彼女が予定を合わせて会う、お互いにお金がないからホテルを使わずに一人暮らしのどちらかので泊まる、など、これらの例は男性にとってある意味、都合がいいこととも取れますよね。

 要はそれに対して女性側がストレスを感じるか感じないか、つまり女性が納得しているかによって、都合がいいのかそうでないのかが決まると思うんです。

「都合がいい女=遊ばれる女」になるのはダメ

 でも、残念ながら、男性に弄ばれる「都合がいい女」は存在します。男性の都合に合わせて体だけを求められる、ドタキャンばかり、簡易的なデートしかしない、など、まさに「遊ばれる女」と呼ばれるような。これは女性側もストレスを感じるでしょうし、その男性を好きになればなるほど不毛な関係となってしまいます。だから、これはダメ。

 でも、この関係を「セフレ」と呼ぶ男性もいるはず。でも、逆に女性側も「セフレ」だと思っていれば、何の問題もないこと。要は、お互い割り切った関係であれば、都合よく付き合っていけるのです。

それ間違ってない?「都合のいい女」にならない方法の落とし穴

駆け引きよりも実際に会ってからが勝負(写真:iStock)
駆け引きよりも実際に会ってからが勝負 (写真:iStock)

 リサーチを重ねてみると、都合のいい女にならない方法がたくさん紹介されていました。でも、単純に鵜呑みにして良いのでしょうか?例を挙げて見ていきましょう。

すぐに体を許してはダメ

 すぐに体を許すのはダメ。これは、昔から言われる恋愛の鉄板の掟ですよね。男性が軽い女だと認定をしてしまうから、そんな理由が浮かび上がりますが、でも、もしも男性からのお誘いが「あなたを好きだから」という理由であればどうですか?

 思い切って誘った男性の気持ちを無下にしてしまい、相手を傷つけたりタイミングを失うことも考えられますね。また、3回目のデートまで待とうと、付き合うまで待とうと、彼とあなたの関係性によってはその後、都合のいい女になってしまうことは十分にあり得ること。あまりガードを固くするのも考えものだと思います。

連絡をマメにしてはダメ

 連絡をマメにしてはダメ。これも、都合のいい女にならないための方法らしいです。でも、LINEが主流の昨今、連絡をしたのに既読 or 未読スルーをされると、自分に興味がないんだな、と思われても仕方がありません。

 携帯電話というツールを使っての駆け引きなんかより、実際に会ってからが勝負。あまり考えずに気付いた時に返信をする、その方がいずれ本命の彼女となってからもストレスなくお付き合いできると思います。

愛される「都合のいい女」になるには?

この子と一緒にいると癒やされる(写真:iStock)
この子と一緒にいると癒やされる (写真:iStock)

 では、遊ばれる都合のいい女ではなく、愛される都合のいい女になるにはどうすれば良いでしょうか? まさに、女の見せ所!? 方法を見てみましょう。

手放したくない女になる

「都合のいい女」を作りたがる男性は、いわゆるモテる要素を持った遊び人の王様タイプが多いです。そういう男性が「手放したくない」と思える女性とは、あえて自ら「都合がいい女」になってあげられるほどの上手(うわて)な女、だと思います。基本的には大きな愛情で許し、包んであげる。押し付けがましさや駆け引きがないから、一緒にいて疲れさせない。でも、時には反発してワガママも言える。

 王様タイプの男性は「好き勝手しているのに、なぜかペースを握られている」そんな感覚に陥るでしょう。他の女性とは一味違う、価値がある、と思わせることができたら、男性は簡単には離れられなくなるはず。

都合のよさを癒しに変える

 呼んだらすぐに会いにきてくれる、ドタキャンも軽く受け流してくれる、体も満たしてくれる。これは、遊ばれる都合のいい女の特徴でもあります。でも、そこに真っ直ぐな愛情と癒しがあればどうでしょうか。彼女はいつも自分に合わせてくれるし、ドタキャンしても怒らず、ポジティブにニコニコ笑ってくれる。大切にしたいと思っても不思議ではないでしょう。

 結局のところ、好きな気持ちに勝るものはありません。最初は都合がいい女だと思っていたのに、一緒にいるうちに癒しを感じて愛したいと思うようになった。これぞ、都合がいい悪い関係ない「普通の恋愛」です。結果オーライと、言えるのではないでしょうか。

都合がいい女かそうでないかは、自分が決めること!

要は自分の気持ちが大切(写真:iStock)
要は自分の気持ちが大切 (写真:iStock)

「都合がいい女はダメ」と言われる理由。それは、「遊ばれる都合がいい女」と「愛される都合のいい女」が、紙一重のところにいるからでしょう。その違いは、そこに都合のいい女としての「信念」があるのかないのか。つまり、都合がいいかどうかは自分が決めればいいと思うんです。でも、だからといって遊ばれるだけの女はダメ。適当にされることほど女性として、悲しいことはありませんから。

「都合がいい女」としてどう立ち回ることができるか、それが結果的に「本命彼女」を大切にする一途な男性を産むのかも? そう思うんです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ