都合のいい女にならない! 逆手にとって恋愛を楽しむには?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-07-14 06:00
投稿日:2019-07-14 06:00
 世の中的に「都合のいい女」の対義語は「本命の女」らしいのですが、でも、それって本当? と、疑問に思ってしまう私。本命だろうと都合がいい女はいるし、都合がいい女でもきちんと愛される女性はいるんです。

「都合のいい女 VS 本命の女」って本当に成り立つ?

都合のいい女っていけないの?(写真:iStock)
都合のいい女っていけないの? (写真:iStock)

 何かと比較される「都合のいい女 VS 本命の女」。要約すると、都合のいい女=遊ばれる女で、本命の女=大事にされる女、ということなのですが、でも、実はそう簡単な図式ではないと思います。

本命だろうと「都合がいい女」はいる

 お付き合いしていようとなかろうと、男性の都合に合わせて動いてしまう時、「私って、都合のいい女?」そんな風に悩んだことがある方は多いはず。

 でも、例えば、仕事が忙しい彼氏に彼女が予定を合わせて会う、お互いにお金がないからホテルを使わずに一人暮らしのどちらかので泊まる、など、これらの例は男性にとってある意味、都合がいいこととも取れますよね。

 要はそれに対して女性側がストレスを感じるか感じないか、つまり女性が納得しているかによって、都合がいいのかそうでないのかが決まると思うんです。

「都合がいい女=遊ばれる女」になるのはダメ

 でも、残念ながら、男性に弄ばれる「都合がいい女」は存在します。男性の都合に合わせて体だけを求められる、ドタキャンばかり、簡易的なデートしかしない、など、まさに「遊ばれる女」と呼ばれるような。これは女性側もストレスを感じるでしょうし、その男性を好きになればなるほど不毛な関係となってしまいます。だから、これはダメ。

 でも、この関係を「セフレ」と呼ぶ男性もいるはず。でも、逆に女性側も「セフレ」だと思っていれば、何の問題もないこと。要は、お互い割り切った関係であれば、都合よく付き合っていけるのです。

それ間違ってない?「都合のいい女」にならない方法の落とし穴

駆け引きよりも実際に会ってからが勝負(写真:iStock)
駆け引きよりも実際に会ってからが勝負 (写真:iStock)

 リサーチを重ねてみると、都合のいい女にならない方法がたくさん紹介されていました。でも、単純に鵜呑みにして良いのでしょうか?例を挙げて見ていきましょう。

すぐに体を許してはダメ

 すぐに体を許すのはダメ。これは、昔から言われる恋愛の鉄板の掟ですよね。男性が軽い女だと認定をしてしまうから、そんな理由が浮かび上がりますが、でも、もしも男性からのお誘いが「あなたを好きだから」という理由であればどうですか?

 思い切って誘った男性の気持ちを無下にしてしまい、相手を傷つけたりタイミングを失うことも考えられますね。また、3回目のデートまで待とうと、付き合うまで待とうと、彼とあなたの関係性によってはその後、都合のいい女になってしまうことは十分にあり得ること。あまりガードを固くするのも考えものだと思います。

連絡をマメにしてはダメ

 連絡をマメにしてはダメ。これも、都合のいい女にならないための方法らしいです。でも、LINEが主流の昨今、連絡をしたのに既読 or 未読スルーをされると、自分に興味がないんだな、と思われても仕方がありません。

 携帯電話というツールを使っての駆け引きなんかより、実際に会ってからが勝負。あまり考えずに気付いた時に返信をする、その方がいずれ本命の彼女となってからもストレスなくお付き合いできると思います。

愛される「都合のいい女」になるには?

この子と一緒にいると癒やされる(写真:iStock)
この子と一緒にいると癒やされる (写真:iStock)

 では、遊ばれる都合のいい女ではなく、愛される都合のいい女になるにはどうすれば良いでしょうか? まさに、女の見せ所!? 方法を見てみましょう。

手放したくない女になる

「都合のいい女」を作りたがる男性は、いわゆるモテる要素を持った遊び人の王様タイプが多いです。そういう男性が「手放したくない」と思える女性とは、あえて自ら「都合がいい女」になってあげられるほどの上手(うわて)な女、だと思います。基本的には大きな愛情で許し、包んであげる。押し付けがましさや駆け引きがないから、一緒にいて疲れさせない。でも、時には反発してワガママも言える。

 王様タイプの男性は「好き勝手しているのに、なぜかペースを握られている」そんな感覚に陥るでしょう。他の女性とは一味違う、価値がある、と思わせることができたら、男性は簡単には離れられなくなるはず。

都合のよさを癒しに変える

 呼んだらすぐに会いにきてくれる、ドタキャンも軽く受け流してくれる、体も満たしてくれる。これは、遊ばれる都合のいい女の特徴でもあります。でも、そこに真っ直ぐな愛情と癒しがあればどうでしょうか。彼女はいつも自分に合わせてくれるし、ドタキャンしても怒らず、ポジティブにニコニコ笑ってくれる。大切にしたいと思っても不思議ではないでしょう。

 結局のところ、好きな気持ちに勝るものはありません。最初は都合がいい女だと思っていたのに、一緒にいるうちに癒しを感じて愛したいと思うようになった。これぞ、都合がいい悪い関係ない「普通の恋愛」です。結果オーライと、言えるのではないでしょうか。

都合がいい女かそうでないかは、自分が決めること!

要は自分の気持ちが大切(写真:iStock)
要は自分の気持ちが大切 (写真:iStock)

「都合がいい女はダメ」と言われる理由。それは、「遊ばれる都合がいい女」と「愛される都合のいい女」が、紙一重のところにいるからでしょう。その違いは、そこに都合のいい女としての「信念」があるのかないのか。つまり、都合がいいかどうかは自分が決めればいいと思うんです。でも、だからといって遊ばれるだけの女はダメ。適当にされることほど女性として、悲しいことはありませんから。

「都合がいい女」としてどう立ち回ることができるか、それが結果的に「本命彼女」を大切にする一途な男性を産むのかも? そう思うんです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 あなたは「恋人とやけに距離感の近い異性の友達」について悩んだり、疑ったりしたことはありますか? 私はあります。  元...
深志美由紀 2020-06-07 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-07 04:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-06 06:28 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。あの人気俳優の竹内涼真さん(27)との熱愛が報じられていたビズリーチのCM女...
山崎世美子 2020-06-06 06:30 ラブ
FILM
「バツイチ」――。この言葉、結構重い響きですよね。他意はなくとも、バツイチって言われるとうっすらと傷ついてしまいます。 ...
七味さや 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、自分からアプローチしていいのかと悩んでしまう女性は多いでしょう。でも、男性は意外と女性からのアプロ...
恋バナ調査隊 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ