都合のいい女にならない! 逆手にとって恋愛を楽しむには?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-07-14 06:00
投稿日:2019-07-14 06:00
 世の中的に「都合のいい女」の対義語は「本命の女」らしいのですが、でも、それって本当? と、疑問に思ってしまう私。本命だろうと都合がいい女はいるし、都合がいい女でもきちんと愛される女性はいるんです。

「都合のいい女 VS 本命の女」って本当に成り立つ?

都合のいい女っていけないの?(写真:iStock)
都合のいい女っていけないの? (写真:iStock)

 何かと比較される「都合のいい女 VS 本命の女」。要約すると、都合のいい女=遊ばれる女で、本命の女=大事にされる女、ということなのですが、でも、実はそう簡単な図式ではないと思います。

本命だろうと「都合がいい女」はいる

 お付き合いしていようとなかろうと、男性の都合に合わせて動いてしまう時、「私って、都合のいい女?」そんな風に悩んだことがある方は多いはず。

 でも、例えば、仕事が忙しい彼氏に彼女が予定を合わせて会う、お互いにお金がないからホテルを使わずに一人暮らしのどちらかので泊まる、など、これらの例は男性にとってある意味、都合がいいこととも取れますよね。

 要はそれに対して女性側がストレスを感じるか感じないか、つまり女性が納得しているかによって、都合がいいのかそうでないのかが決まると思うんです。

「都合がいい女=遊ばれる女」になるのはダメ

 でも、残念ながら、男性に弄ばれる「都合がいい女」は存在します。男性の都合に合わせて体だけを求められる、ドタキャンばかり、簡易的なデートしかしない、など、まさに「遊ばれる女」と呼ばれるような。これは女性側もストレスを感じるでしょうし、その男性を好きになればなるほど不毛な関係となってしまいます。だから、これはダメ。

 でも、この関係を「セフレ」と呼ぶ男性もいるはず。でも、逆に女性側も「セフレ」だと思っていれば、何の問題もないこと。要は、お互い割り切った関係であれば、都合よく付き合っていけるのです。

それ間違ってない?「都合のいい女」にならない方法の落とし穴

駆け引きよりも実際に会ってからが勝負(写真:iStock)
駆け引きよりも実際に会ってからが勝負 (写真:iStock)

 リサーチを重ねてみると、都合のいい女にならない方法がたくさん紹介されていました。でも、単純に鵜呑みにして良いのでしょうか?例を挙げて見ていきましょう。

すぐに体を許してはダメ

 すぐに体を許すのはダメ。これは、昔から言われる恋愛の鉄板の掟ですよね。男性が軽い女だと認定をしてしまうから、そんな理由が浮かび上がりますが、でも、もしも男性からのお誘いが「あなたを好きだから」という理由であればどうですか?

 思い切って誘った男性の気持ちを無下にしてしまい、相手を傷つけたりタイミングを失うことも考えられますね。また、3回目のデートまで待とうと、付き合うまで待とうと、彼とあなたの関係性によってはその後、都合のいい女になってしまうことは十分にあり得ること。あまりガードを固くするのも考えものだと思います。

連絡をマメにしてはダメ

 連絡をマメにしてはダメ。これも、都合のいい女にならないための方法らしいです。でも、LINEが主流の昨今、連絡をしたのに既読 or 未読スルーをされると、自分に興味がないんだな、と思われても仕方がありません。

 携帯電話というツールを使っての駆け引きなんかより、実際に会ってからが勝負。あまり考えずに気付いた時に返信をする、その方がいずれ本命の彼女となってからもストレスなくお付き合いできると思います。

愛される「都合のいい女」になるには?

この子と一緒にいると癒やされる(写真:iStock)
この子と一緒にいると癒やされる (写真:iStock)

 では、遊ばれる都合のいい女ではなく、愛される都合のいい女になるにはどうすれば良いでしょうか? まさに、女の見せ所!? 方法を見てみましょう。

手放したくない女になる

「都合のいい女」を作りたがる男性は、いわゆるモテる要素を持った遊び人の王様タイプが多いです。そういう男性が「手放したくない」と思える女性とは、あえて自ら「都合がいい女」になってあげられるほどの上手(うわて)な女、だと思います。基本的には大きな愛情で許し、包んであげる。押し付けがましさや駆け引きがないから、一緒にいて疲れさせない。でも、時には反発してワガママも言える。

 王様タイプの男性は「好き勝手しているのに、なぜかペースを握られている」そんな感覚に陥るでしょう。他の女性とは一味違う、価値がある、と思わせることができたら、男性は簡単には離れられなくなるはず。

都合のよさを癒しに変える

 呼んだらすぐに会いにきてくれる、ドタキャンも軽く受け流してくれる、体も満たしてくれる。これは、遊ばれる都合のいい女の特徴でもあります。でも、そこに真っ直ぐな愛情と癒しがあればどうでしょうか。彼女はいつも自分に合わせてくれるし、ドタキャンしても怒らず、ポジティブにニコニコ笑ってくれる。大切にしたいと思っても不思議ではないでしょう。

 結局のところ、好きな気持ちに勝るものはありません。最初は都合がいい女だと思っていたのに、一緒にいるうちに癒しを感じて愛したいと思うようになった。これぞ、都合がいい悪い関係ない「普通の恋愛」です。結果オーライと、言えるのではないでしょうか。

都合がいい女かそうでないかは、自分が決めること!

要は自分の気持ちが大切(写真:iStock)
要は自分の気持ちが大切 (写真:iStock)

「都合がいい女はダメ」と言われる理由。それは、「遊ばれる都合がいい女」と「愛される都合のいい女」が、紙一重のところにいるからでしょう。その違いは、そこに都合のいい女としての「信念」があるのかないのか。つまり、都合がいいかどうかは自分が決めればいいと思うんです。でも、だからといって遊ばれるだけの女はダメ。適当にされることほど女性として、悲しいことはありませんから。

「都合がいい女」としてどう立ち回ることができるか、それが結果的に「本命彼女」を大切にする一途な男性を産むのかも? そう思うんです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ