オネエさんとのライブチャットを体験!パワーをもらいました

内藤みか 作家
更新日:2020-04-23 07:01
投稿日:2020-04-23 07:00
 ひとりでお部屋にこもっている時、誰かと話をして思い切り笑いたくなりますよね。そんな時、パワーをくれるのはオネエさんたち。夜の街を休業中の彼女たちとライブチャットできる、ステキなプランを試してきました!

休業中の夜の街のオネエさんを応援!

オンラインでパワーチャージ!(写真:iStock)
オンラインでパワーチャージ! (写真:iStock)

 コロナウイルスの影響で、大好きな居酒屋やバーやホストクラブが休業して哀しい思いをしている人、行き場のないさみしさやせつなさを味わっている人は大勢いると思います。それはオネエさんたちも同じ。休業要請エリアでは、彼女たちが働くお店も休業しているのです。

「自宅で過ごしているオネエさんたちを応援したい!」ということで、4月12日に素晴らしい企画が立ち上がりました。「Spicer~オネエの辛口相談室」です。この企画は、なんとライブチャットでオネエさんとマンツーマンでお話できちゃうというもの。普段なかなかお話する機会がないだけに、ひたすらワクワクしながら15分のお試しプランを体験してきました!

飲みたい!誰かと笑い合いたい!

ピンクさん
ピンクさん

 現れたのは、素敵なオネエのピンクさん!厚めに塗った赤い唇が魅惑的。ライブチャットの背景画面も、バーっぽくいい感じで猥雑です。「あ〜ら、誰が現れるかと思ったら美人さんね!」などと開口一番に言われ、「何言ってるんですか〜、オネエさんこそお綺麗よ!」と即座に返せば、気分は一気に夜の街でのハイテンション!そうよ、このやりとりに飢えていたのよ! 

 このライブチャットでは何を話しても自由ということですが、せっかく「辛口相談室」と銘打っているので、「私は女装男子が好みなんですけど、高嶺の花すぎてお付き合いしたことはないんです〜」と相談してみました。すると、「はかない夢のままにしておいたほうがいいわ」と言われ、確かにそうかも……と。

 ピンクさんは、以前はホストをしていたとのこと。当時の画像も見せていただきましたが、めちゃイケメン!売れっ子だったのに、“オネエこそが自分の道”だと気づいて、方向転換されたのだとか。とにかくお話が面白く、何度も爆笑していたら15分はあっという間!「もっとゆっくりしていってよ〜」という後を引く言葉で見送られながら、楽しく会話終了しました。こちらの料金、現在15分500円のキャンペーン中だそうです。

綺麗なニューハーフさんにうっとり♪

輝空さん
輝空さん

 もうひとり、今度は15分1500円というお高めの輝空(そら)さんにもライブチャットを申し込み。現れたのは、清楚でお綺麗なおかたで思わず「わあ……綺麗」「お綺麗です……」しか、しばらく言葉が出てきませんでした。そうしたら「ありがとうございます。ふふ、テンション上がっちゃう♪」と笑ってくれました。

 輝空さんはニューハーフさんだそうで、もう全部手術も終了されているのだとか!なんと、昨年度のミスインターナショナルクイーン(はるな愛さんが以前優勝された、ニューハーフ世界大会の日本予選)で、3位に入賞しているんです。そりゃあ、キラキラしているわけですよ。

 輝空さんはいろいろといじっていることも隠していないそうで、美容整形のことなど彼女がわかる範囲で体験談を教えてくれるそうです。そういうことはなかなか相談できる人もいないから、心強い味方になってもらえそう!とお話ししたものの、部屋着でノーメイクのままライブチャットしちゃった自分が恥ずかしくなり、「綺麗になりたい!」という気力が出てきました。

夜の街をオンラインで応援!

夜の街をお部屋で応援!(写真:iStock)
夜の街をお部屋で応援! (写真:iStock)

 このライブチャット企画、「コロナでどうなるかわからず、不安な方にも明るい気分になっていただけたらと思います。また、バーなどで働くオネエの方も、コロナの影響で休業になっている方が多いと思うので、そういった方を応援する目的でもお役に立てれば」(Spicer代表・Oさん)ということでスタートしたのだとか。実は今回のおふたかた、普段は飲むと1万円以上かかるお店で働いているかたがた。そんなオネエさんとマンツーマンでお話ししてもらえるなんて、オトク感しかありません。

 夜のお店があちこち休業しているため、家でお酒を飲みながらライブチャットするというスタイルのオンライン飲み会があちこちで開催されています。どうせならプロのオネエさんと飲むと、最高に楽しいかも!私も次回はパソコンの前にお酒を用意して、一緒に飲みながらビデオ通話に挑むつもり!ちなみに料金は現在キャンペーン中で、15分のお試しが500円でできちゃいます!通常料金は1500円だそうなので、今がチャンスかも!

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...