コロナ禍のオンライン飲み会がつらい…上手な断り方・NG例

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-05-20 11:42
投稿日:2020-04-24 06:00
 コロナ自粛中の今、オンライン飲み会が流行っていますね。私の知り合いの間でも毎日のようにオンライン飲み会が行われていますが、中には、「オンライン飲みがつらい」という声もちらほら。「コロナで外出できないから家で飲む」という合理的な方法なのに、なぜそんな声があがってしまうのでしょう? その理由や、もしもの時の上手な断り方をお伝えします。

コロナ禍のオンライン飲み会がつらい…そう感じる4つの理由

外で飲めないなら家で飲めばいいんだけど…(写真:iStock)
外で飲めないなら家で飲めばいいんだけど… (写真:iStock)

 コロナ自粛の乗り越え方はさまざま。その中で流行っているオンライン飲み会ですが、「楽しくて仕方ない!」と毎晩のようにしている人もいる反面、つらく感じている人もいるよう。まずは、そう感じてしまう4つの理由を見てみましょう。

1. 時間の調整がしやすいからこそ断りづらい

 オンライン飲み会というと、少人数で行うのが一般的。普通の飲み会と同じく参加人数を揃えないことには成立しないため、当然スケジュールを合わせるところから始まります。

 普段であれば、「その日は別の予定が……」と断ったり、途中から参加するという選択肢も持てますが、コロナ自粛中の今は時間の調整がしやすいからこそ断りづらいと負担に思う方は多いようです。

2. プライベートな雰囲気を晒すようで嫌

 電話と違ってオンライン飲み会は、お互いの顔を見ながら行うもの。そのため、必然的にスマホや
パソコンのカメラなどを使って、自分の周りの環境ごと映すことになります。

 流行りのバーチャルの背景などでカバーできても、自宅や自室は自分にとっての大切なプライベートな空間。その雰囲気を晒すことに、抵抗がある方も多いでしょう。

3. ずっと見られているようで気が抜けない

 直接会って飲んでいると、相手がこっちを見ていないタイミングを察することができて、ふっと気を抜くことができるもの。

 しかし、オンライン飲み会では、相手がいつ視線を外すか、気を抜いているのかを察することが難しいです。フレームアウトをすれば良いですが、ずっと見られているようで気が抜けないというつらさを感じる人もいるようです。

4. 終わらせるタイミングが分からない

 外で飲んでいたら「終電」という時間の区切りが来てくれますが、オンライン飲み会の場合には終わらせるタイミングが分からず、そのままだらだらと飲み続けてしまう方も多いよう。「もう終わりたい」と思いながら自室で飲み続けるのは、なかなかつらいものがあります。

 ある程度、時間の区切りを設けていても、ほかの人の会話が盛り上がっていたりすると「そろそろお開きに……」と言い出せないこともあるでしょう。ましてや、少しでもコロナから離れたいのに、オンライン飲み会でまでコロナ論争が勃発してしまったらぐったりしてしまいます。

上手に断ったつもりが……実はNGな断り方

画面裏ではこんな状態なのかも(写真:iStock)
画面裏ではこんな状態なのかも (写真:iStock)

 オンライン飲み会の断り方をリサーチしてみたところ、みなさん言い訳を駆使して上手にお断りを入れていました。でも、実はそれってNGでしょう!と思えるものもあったので、ご紹介したいと思います。

「部屋が散らかっている」

「部屋が散らかっている」「見せられるような空間じゃないから嫌」という理由でオンライン飲みを断る人がいますが、今やバーチャル背景やエフェクトは当たり前の時代。

「背景変えれば大丈夫だよ!」と言われたらおしまいなので、避けた方が良いでしょう。

「wifi環境がない」

 wifi環境がないことを言い訳にしてオンライン飲み会を断る方もいるようですが、この時代にwifi環境がない家なんてそうそうなさそうです。

 ましてや、コロナによるリモートワーク中だと知られている場合には「どうやって仕事してるの?」と思われてしまうため、完全にアウトでしょう。「wifi通信が遅い」はアリかもしれませんが、毎回同じ理由で断るのはリスクが高そうです。

「別のオンライン飲み会がある」

 場合によっては、オンライン飲み会が重なることもあるでしょう。でも、その都合の悪さをどうにかできるのが「オンライン飲み会」のメリットでもあるんです。「じゃあ、その日は避けようか?いつがいい?」と聞かれたら、打つ手がありません。

コロナ禍のオンライン飲み会を上手に断るには?上手な断り方

時間を決めてちょっとだけ参加(写真:iStock)
時間を決めてちょっとだけ参加 (写真:iStock)

 適当に断ると地雷を踏んでしまう「オンライン飲み会」。では、角が立たない上手な断り方とは?考えてみました。

素直に「苦手」と伝える

 なんだかんだいって、素直に「苦手」だと伝えるのが一番の最善策ではないでしょうか? 曖昧に断ったところで次のお誘いが来るかもしれませんし、毎回誘ってくれる相手に対して失礼になってしまう可能性もあります。

 思い切って、「コロナ自粛が明けてから、直接飲みましょう!」と言ってみたり、「やってみたけど、オンラインに馴染めなくて」など、正直にお断りを入れた方が良いかもしれません。

家族を理由にする

 同居の家族がいる場合には、「一人になれない」「騒がしくて落ち着いて飲める環境がない」と、家族を理由にしてしまうのもありでしょう。実際のところ、周りに夫や子ども、親がいる環境でのオンライン飲み会参加は困難を極めますから、分かってもらえるはず。

 とはいえ、相手が独身の方であったり、一人暮らしの方の場合には注意が必要です。「家族を理由」にするのは、独り身の人にとっては有無を言わさない破壊力となりますから。

 なかなか人に会えないコロナ自粛中だからこその「オンライン飲み会」です。少なからず、相手があなたと飲みたいと思ってくれていることを忘れてはいけません。今後のお付き合いもあるため、相手がどんな気持ちで誘ってくれているのかを想像しましょう。

ちょっとだけ参加して退出する

 どうしても断りきれなかった場合には、ちょっとだけ参加して退出するのも良いですね。その際には、「やらなければならないことがあるので、◯時には抜けます」など、事前に伝えておくのが良いでしょう。

「電波が悪くてつながりにくいから」という理由で退出をする方もいるようですが、「だったら、なぜまたつながないの?」と思われてしまいます。

コロナ自粛が終わった後のお付き合いを考えることも大切

またみんなで飲める日を待ってる!(写真:iStock)
またみんなで飲める日を待ってる! (写真:iStock)

 実は私、オンライン飲み会に参加したことがありません。大抵夕方過ぎから始まる飲み会時間は、幼稚園休園中の息子のお風呂、ご飯、寝かしつけ時間。さらに、参加したとしても、暴れ回る怪獣を横にリラックスして飲めるはずもなく、迷惑をかけて疲弊することが目に見えているからです。

 こんな今思うのは、外での飲み会というのは相手と会って話せる嬉しさはもちろん、日常からふっと離れられたり、居酒屋の雰囲気を楽しむことも醍醐味だったんだな、と。

 私のように「オンラインよりも会って飲みたい!」と思う方は、コロナ自粛が明けて堂々と外で飲める日を妄想しながら、黙々とひとり晩酌を楽しみましょう。早く、みんなで乾杯ができる日が来ますように!

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...