ネガティブも否定しない…離婚で生まれた感情との付き合い方

七味さや 漫画家・イラストレーター
更新日:2020-05-08 06:00
投稿日:2020-05-08 06:00
 離婚の渦中にいると、怒りや憎しみといったネガティブな感情に悩まされたり、幸せな頃を思い出して悲しみにくれたり……複雑な感情が波のようにたくさん押し寄せてきます。そんな揺れ動く感情と、なんとかうまく付き合っていきたいですよね。
 この連載の主人公・リコちゃんも、感情が安定せず困っているようですが……?

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

どんな感情も否定しないで

 私の場合ですが、離婚協議中は1時間ごとに悲しみと怒りで嗚咽……かと思えば、その翌日には友人に吐き出すことで前向きになってみたり……。浮いたり沈んだりしながら、感情の起伏に振り回される日々を過ごしました。特にネガティブな感情を感じている時は、孤独でつらいものです。

 それでもまずは素直に、生まれた感情を受け止めてみましょう。感じたことをそのまま認めるのは、自分を大切にすることと一緒です。もしかしたら、他人から否定されることもあるかもしれませんが、どんなにネガティブになってもまずはその感情を受け止めてあげてくださいね。

 ちなみに私は、いつか漫画のネタにしようと思って、当時感じたことをせっせと書きためていました(笑)。今思えば、頭の中のことを紙に書き殴るだけでも、文字という形にすることで発散できていたのだと思います。創作活動をしない人でも、日記やブログに感じたことをメモしておくと、数年後に見返した時に「こんな時もあったな、こんなこと考えてたんだな」なんて思えて楽しいのでオススメですよ!

 悲しんだり怒ったり憎んだり……人間らしいじゃないですか。いろんな感情を爆発させながら、一緒に喪失から立ち直っていきましょうね。離婚サバイブ!

登場人物紹介

リコとノラ(漫画:七味さや)
リコとノラ (漫画:七味さや)

リコ
幸せな生活が一転、離婚してどん底なアラサー。特に男のこととなると、感情の起伏が激しくなるタイプ。占いを信じがちで、思い込みが強い。

ノラ
リコの高校時代からの友人。合理的かつ客観的。占いなど非科学的なことは信じないが、推し俳優への信仰は厚い。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ